CG-1施工時の艶を比較


スポンサード リンク



テストパネルにクリスタルガードワンを施工した時の艶光沢を未施工部分と比較

■クリスタルガード・ワン(以下CG-1とする)施工後の艶を較検証


今回の実験はボディーコーティングの艶・比較実験の内容に基づいて実施します。簡単に説明しますとコンパウンドで適当に磨いたバフ目の残った状態(洗車傷などを模した)でパット見は艶があってキレイな状態に仕上げたテストパネルを使用します。

そのパネルを半分に区切ってCG1を重ね塗りで施工。2回施工後の艶と、未施工部分の艶をグロスチェッカーで測定比較、さらに区切る為のマスキングテープを剥がして目視で比較検証します。

CG1の艶・光沢の比較検証検証の様子

未施工時の光沢 それではCG-1の比較検証を実施します。磨いた後のパネルの光沢度は111です。111と言う数値ですが、かなり磨きこんでも112~114くらいがこのパネルの光沢限界ですからピカピカです。

しかしながら良く見ると傷や磨き目が残っており必ずも「きれい」と言う状態でも有りません。グロスチェッカーはここまでは認識しません。
重ね塗り施工後の光沢度 このパネルにCG-1を2回施工します。施工方法は半湿式で空拭き仕上げです。一応一番艶が出るような施工方法を試みたつもりです。

結果は111で全く変化なし。測定誤差の±スラで無い安定度でした。境界線で区切ってありますがテープがあるままだと違いは分かりません。
未施工部分、施工部分の比較 ところが境界線のマスキングテープを剥がしてみると・・・ナカナカ写真に写らないもののハッキリと施工境界線が認識できます。

グロスチェッカーレベルの光沢度ではほぼ限界付近の艶ですが、その状態から施工しても目視で施工部分が分かるくらいの変化はでているということです。

CG-1実車施工艶だし比較の総評

今回のポイントはテストパネルの磨き込まれており比較的艶のある状態のテストパネルが実験対象だったことです。グロスチェッカーでは111のまま数値に変化は無かったものの、施工境界線のマスキングテープを剥がしたところハッキリと施工部分が確認できました。

前実験ブリスXと比較すると画像的にも見劣りする部分は感じますが、コレは管理人の撮影技術によるものと。元のパネルの光沢度がCG-1の場合高かったので比較した場合に分かりにくかっただけかもしれません。

全くの同条件だったら勝るとも劣らない結果だったかもしれません。ブリスシリーズはとにかく濃色車の艶を際立たせるような深みのある艶を演出する為実験に有利だったかもしれませんが、当実験のCG1も元々高い光沢のパネルに更なる輝きを与えているように感じました。

何にしてもまたグロスチェッカーと目視の認識のギャップを感じる結果である事は言うまでも無く、今回の実験では施工前、施工後で完全に数値的には111で固定・変化なしの状態です。グロスチェッカーの定義的な光沢度では変化を与えるに至らなかったものの人の目に訴える性能は高いという結果でした。

今回の実験に関しては一定以上の艶を持つ(実車状態を模した)場合の塗装に施工した場合の比較検証結果です。コーティング剤の性能に置いて「艶」は重要ですが本来の目的のひとつである防汚性能、価値を考える為のコストパフォーマンス等も考慮してコーティング剤選びをすることをお奨めいたします。

いい艶=いいコーティング剤とは限らないということです。あくまでも選ぶときの一因としてお考え下さい。以上クリスタルガード・ワン(CG-1)の艶・光沢比較実験でした。

スポンサード リンク