ブリスNEO施工後の艶の比較


スポンサード リンク



実車に近い状態のテストパネルにブリスNEOを施工した時の艶光沢を未施工部分と比較

■ブリスNEO施工後の艶を比較検証


今回の実験はボディーコーティングの艶・比較実験の内容に基づいて実施します。簡単に説明しますとコンパウンドで適当に磨いたバフ目の残った状態(洗車傷などを模した)でパッと見は艶があってキレイな状態に仕上げたテストパネルを使用します。

そのパネルを半分に区切ってブリスNEOを重ね塗りで施工。2回施工後の艶と、未施工部分の艶をグロスチェッカーで測定比較、さらに区切る為のマスキングテープを剥がして目視で比較検証します。

ブリスNEOの艶・光沢の比較検証検証の様子

施工前の艶 それではブリスNEOの比較検証を実施します。磨いた後のパネルの光沢度は107です。この数値は全パネル平均より少し低めです。

映り込み等はいい感じですが良く見ると傷や磨き目が残っており必ずしも「きれい」と言う状態でも有りません。グロスチェッカーはここまでは認識出来ない言うことです。
ボディーコーティング後の艶 このパネルにブリスNEOを2回施工します。艶に有利な施工方法ということで共通して実験していますので半湿式施工にてブリスNEOを施工します。

結果としては107→107と言うことで±0で誤差も無しです。光沢度低めのパネルといえど光沢上昇としては数値では出ませんでした。
施工部分、未施工部分の艶の比較 傷消し実験や塗り重ね実験でブリスシリーズ最下位の結果に甘んじていましたが、実車に則した当実験では・・・!?何だかんだ言ってブリスXなどと同等程度の艶に感じてしまいます。

光沢復元などの要素を交えると色々複雑になってくるようです。施工性の向上度を+要素としてみて当実験結果を考慮すれば捨てたものではないなと思いました。

ブリスNEOの艶・光沢比較総評

今回のテストパネル光沢度は107と言うことで全テストパネルの最高値が112である事を考えると低い値のテストパネルでしたので正直この実験の3枚目の画像の目視による判断は有利だったと思います。もし112のパネルでしたらもっと視覚的な変化が少なかったかもしれないということは書いておきます。

実験には初代ブリス、2代目?のブリスXも参加していますが傷消し性能比較実験や、塗り重ね実験ではことごとく下位であるモデルのブリス及びXに遅れを取っていました。

そのかわりに施工性が向上したな・・・という事は感じておりましたがブリスXの時点で特別施工性に問題を感じていなかったために艶や傷消し性能に優れたブリスXを断然支持していましたが、実車施工してみればやはり差は感じないことはないですが目隠しされて、どっち!?と聞かれたら分からないレベルでしょう。

それでもコストパフォーマンス等の問題を考慮するとあえて割高なブリスNEOを購入しようとは思いませんが常に新しい物を試したいというユーザーさんは、特に傷消し性能が・・・という事を気にせずNEOを選んでも後悔することは無いと思います。むしろ施工性が良い方が初めての場合はいいかもしれません。

やはり個人的にガラス繊維系のなかでもブリスの艶は好きなので贔屓目の評価になりますが、NEOに関しては少し違うかな?と言う感じもします(前実験の先入観かもしれませんが)。この評価に関しては数値の変化がありませんので完全に個人的な主観に偏った評価になってしまいますが何かの参考になれば。

今回の実験に関しては一定以上の艶を持つ(実車状態を模した)場合の塗装に施工した場合の比較検証結果です。コーティング剤の性能に置いて「艶」は重要ですが、本来の目的のひとつである防汚性能、耐久性なども考慮してコーティング剤選びをすることをお奨めいたします。

特にブリスneoはガラス繊維系の中でも「施工性を」考えた製品だと思っていますのでその辺りも考慮する必要はありそうです。

いい艶=いいコーティング剤とは限らないということです。あくまでも選ぶときの一因としてお考え下さい。以上ブリスNEOの艶・光沢比較実験でした。

スポンサード リンク