PG1シルバー施工時の艶を比較


スポンサード リンク



実車に近い状態のテストパネルにPG1シルバーを施工した時の艶光沢を未施工部分と比較

■PG1シルバー施工後の艶を較検証


今回の実験はボディーコーティングの艶・比較実験の内容に基づいて実施します。簡単に説明しますとコンパウンドで適当に磨いたバフ目の残った状態(洗車傷などを模した)でパッと見は艶があってキレイな状態に仕上げたテストパネルを使用します。

そのパネルを半分に区切ってPG1シルバーを重ね塗りで施工。2回施工後の艶と、未施工部分の艶をグロスチェッカーで測定比較、さらに区切る為のマスキングテープを剥がして目視で比較検証します。

PG1シルバーの艶・光沢の比較検証検証の様子

施工前の光沢 それではPG1シルバーの比較検証を実施します。磨いた後のパネルの光沢度は110です。実験パネルの光沢限界が磨き込んでも112~114が限界である為限界値に近い光沢度です。

しかしながら良く見ると傷や磨き目が残っており必ずしも「きれい」と言う状態でも有りません。グロスチェッカーはここまでは認識出来ない言うことです。
コーティング施工後の艶 このパネルにPG1シルバーを2回施工します。施工方法は半湿式に近い形で塗りこんで拭き取りという作業を行いました(本来の施工方法とは異なりますが効果を出しやすいように)

結果は110で全く変化なし。手触りはやはりスベスベ感が出て変化が見られましたので定着してはいるようです。
コーティング施工部、未施工部の比較 塗り重ね実験や傷消し実験では高い性能とはいえない結果でしたがこの実験ではガラス繊維系などと大差と言う感じの差を感じませんでした。

右が施工後・左は未施工です。パネルの初期光沢も少々高めの110でしたしマスキングテープで区切った施工境界線も確認できます。コストパフォーマンスを考えれば高性能といえるでしょう。

PG1シルバーの艶・光沢比較総評

今回のテストパネル光沢度は110と言うことで今回の実験のパネルの中では中の上と言うことで平均より少し高めの光沢度を有するパネルだったわけですが3枚目の画像では若干確認はしにくいものの目視で施工境界線が確認できました。

PG1シルバーは500mlで3000円以下というガラス系ポリマーでは非常にコストパフォーマンスに優れたコーティング剤ですが他のコーティング剤と同様に当実験に関しては一定の結果を残すことが出来ました。

視覚的な艶としては多少ガラス繊維系などと比較すると見劣りする部分も有りますが結果的に光沢度の変化が無いという部分では共通ですし、後は艶の見え方、艶の感じ方の個人差による感覚なので艶が劣るというわけではありませんので参考までに。

ただし傷消し効果比較実験や塗り重ね実験からも分かるように塗り重ねなどによる膜厚が稼ぎにくいようですのでこういったある程度整った塗装面で有利に性能を発揮する性質はあるようです。

PG1シルバーは施工に関しても(今回は異なった施工で実験していますが)洗車後に水分が残ったまま吹き付けてそのまま拭き取るという極めて簡単で工程が少ない施工方法ですが、それでも当実験に置いては他の高価なポリマーに大差なく高い性能を発揮できていると思います。

今回の実験に関しては一定以上の艶を持つ(実車状態を模した)場合の塗装に施工した場合の比較検証結果です。コーティング剤の性能に置いて「艶」は重要ですが、本来の目的のひとつである防汚性能、耐久性なども考慮してコーティング剤選びをすることをお奨めいたします。

いい艶=いいコーティング剤とは限らないということです。あくまでも選ぶときの一因としてお考え下さい。以上PG1シルバーの艶・光沢比較実験でした。

スポンサード リンク