This page:洗車コーティング実験室 TOP > ボディーコーティング > コーティング剤の研究と分析 > ボディーコーティング種類判別表

ボディーコーティング種類判別表


スポンサード リンク



ガラスコーティング、~系、~繊維系コーティングなど分かりにくい種類を判別する為の表

■ボディーコーティング判別表に関して


最近はインターネットショップやオークションが定着してきた為か業者専用だったはずの車用ボディーコーティング剤が一般用に出回り様々なショップでも取り扱うようになりました。

近年の日本で主流になってきており種類が判別しにくくユーザーを惑わせる原因となっている系統がいわゆるガラス系コーティングです。実際私もこのHPを運営していなければ理解が深まることは一生なかったでしょう。それくらい分かりにくく紛らわしい表現も多いです。

以下の表に硬化系ガラスコーティング(シラン・シロキサン・シラザン)とガラス系(珪素含有)、ガラス繊維系(セルロース珪素、他ポリマー重合)を分類し代表する製品を挙げさせていただきます。

ガラスコーティング種別表

コーティング剤の系統 代表製品 備考(解説)
ガラス硬化
コーティング
シラザン系 クォーツガラスコーティング
がっちり(?)
NEW ピカピカレイン(?)
CR-1(バイク用)
別名アクアミカ®系とも言います。シラザン系としていますが硬化主剤の成分となるのはパーヒドロポリシラザン(PHPS)以外には知りません。

常温硬化型で有機溶剤系の硬化触媒が必要であり、後は他の硬化型と同じ湿分硬化反応で被膜を形成します。
シロキサン系 Diaglanz FG9
エシュロンFE-1043
FG9に関してはアルコキシランと混合のオルガノポリシロキサン、FE1043に関しては主成分オルガノポリシロキサン。

他業務用ガラスコーティングに多く見られますがDIYで本格的に実用化して販売しているのはFG9くらいしか知りません。
シラン系 Diaglanz SG-1
ウィルソン グラスガード
零七式1号
G-hard
リアルクリスタル
Diaglanz SP-1
DIYのガラスコーティングのさきがけでIPAを溶剤とした製品が多い。実験でも加水だけで最も簡単に硬化塊が出来る系統です。

シラン化合物、アルコキシランと成分表記されていますが実際は~シランが成分となっているかは不明であり微妙に性質が異なるのかもしれません。

特にグラスガードはシラン系の中でも異質で硬化触媒として有機溶剤を用いています。
ハイブリッド系 Diaglanz HR-1
PG1 gold
硬化系を主体に非硬化系(硬化触媒とならないポリマー)をハイブリッドさせたコーティング剤で純硬化型に位置しない製品として分類しました。

私個人的にはボディー表面にSIO2の被膜が出来ることに魅力と必要性を感じませんので、むしろ硬化系の耐久性とポリマーなどの耐候性を併せ持つこの手のタイプに最も期待を寄せています
ガラス繊維珪素系 ナノガラス・ブラックレーベル
PG1 black
パワーGF ゴールドラベル
ピンクダイヤモンド
ブリスXブリス
クリスタルガード・ワン
プレストコート
定義は曖昧ですがセルロース繊維素、ガラス繊維の表記があり液性がセパレート(分離)型である事です。フッ素やレジンなどの他種ポリマーとのハイブリッドタイプももちろん該当します。

繊維系の中でも乾式施工で長期放置してイオン結合するようなPG1ブラックやハイブリッドナノガラスなどは3~5セパレートで成分が多段層になっているのが特徴です。
ガラス系コーティング ビューコートC
トライズ(TRIZ)
PG1シルバー
ファインクリスタル
珪素成分を主体としたコーティングで繊維系を謳っていても繊維素表記無しで、セルロースを含まず、液剤が分離しないタイプ。

ファインクリスタルは繊維系との表記を見かけたことがあるのですがこれは私の中では完全に珪素ポリマーであり「ガラス系」に分類しています。

当ページは書き途中です。


スポンサード リンク