耐イオンデポジット性能比較


スポンサード リンク



ボディーコーティングのイオンデポジット(ウォータースポット)の出来にくさを比較検証方法

■イオンデポジットやウォータースポットの耐性


コーティング剤に求める性能は?というアンケート結果からも分かるとおり自動車のボディーコーティングに求められる性能としては艶・輝きと言う大前提の性能に次いで、耐イオンデポジットや防汚性能が非常に重要視されていることが伺えます。

艶の出方にこそ意見が分かれるところではあると思いますが単純に艶の深みなどを求めるのならばカーワックスで十分事足りてしまうはずですが、それだけでは無い「何か」を求めるからこそユーザーはコーティング剤を求めるのだと思います。というのも私自身がそうだからです。

その「何か」の中でも非常に重要視されているのが耐イオンデポジット性能と言うわけで実験検証しないわけにはいきません。ということで各ボディーコーティングの耐イオンデポジット性能を検証してみたいと思います。以下実験方法です。

耐イオンデポジット性能検証方法に関しての詳細

まず実験対象として前の実験であるボディーコーティングの艶・比較実験で2回の施工を終えて被膜が安定したテストパネルを使用します。実車に近い状態でのパネルにコーティングを施し安定後と言う条件です。

イオンデポジットが一番強力に付着してしまう可能性がある場面はズバリ「洗車時」です。洗車時に乾いてしまった水道水のデポジットが実は一番厄介で短時間で付着したにもかかわらず研磨しないと完全に落ちないということもあります。

シルバーなどの淡色車では気が付かないことが非常に多く、軽度の場合は探しても発見するのが困難なくらいなのですが濃色車は淡色車を特殊光源で確認しても容易に見えないようなデポジットが簡単に目視出来てしまったりします。

余談が入りましたが、つまり実用上で考えられる一番強力なイオンデポジット付着原因にいかに対抗できるかが今回の実験の鍵になりますので、水道水(汲み立て)のカルキが飛んでいない状態のものを使用しパネルは70~80度に加熱しておきます。

更に満遍なく水滴化させて高温化で蒸発させ人工的に「最強クラスの」イオンデポジットをテストパネル上に作ります。水道水は各都道府県の水道局の上水道管理状態や地域の水質、季節による水道水の処理方法によって大きく異なりますが当方の水道水は良い方ではなく悪い方だと思います。

すなわち塩素量なども多いと思いますので実験としては過酷な状態に傾いた状態ではじめることになります。

イオンデポジットが付着したら水洗い・アルカリキレート複合シャンプーので落ち具合を見て「目視」判断で耐イオンデポジット性能を測定し、比較検証します。

実際の実験例

taidepo-1.jpg 具体的な実験方法の画像を添付しておきます。このようにハロゲンランプを3灯(合計1000W)使用してテストパネルを加熱します。

加熱時間は40分で位置を3ローテーションしますので計120分(2時間になります)
taidepo-1.jpg 温度管理は放射温度計にて行います。夏場のルーフ・ボンネットを想定したパネル温度は70~80度。

時間のカウントスタートは70度を超えてから行います。実際に70度を超えたパネルに加水すると湯気が出るほどです。

過酷な環境下を考えるとこの程度の実験にて検証を行うのが適当かと判断しました。



スポンサード リンク