ポリラック施工後の艶を比較


スポンサード リンク



実車に近い状態のテストパネルにポリラックを施工した時の艶光沢を未施工部分と比較

■ポリラック施工後の艶を較検証


今回の実験はボディーコーティングの艶・比較実験の内容に基づいて実施します。簡単に説明しますとコンパウンドで適当に磨いたバフ目の残った状態(洗車傷などを模した)でパッと見は艶があってキレイな状態に仕上げたテストパネルを使用します。

そのパネルを半分に区切ってポリラックを重ね塗りで施工。2回施工後の艶と、未施工部分の艶をグロスチェッカーで測定比較、さらに区切る為のマスキングテープを剥がして目視で比較検証します。

ポリラックの艶・光沢の比較検証検証の様子

施工前の様子 それではポリラックの比較検証を実施します。磨いた後のパネルの光沢度は110です。実験パネルの光沢限界が磨き込んでも112~114が限界である為限界値に近い光沢度です。

映り込み等はいい感じですが良く見ると傷や磨き目が残っており必ずしも「きれい」と言う状態でも有りません。グロスチェッカーはここまでは認識出来ない言うことです。
ポリラック施工後の艶 このパネルにポリラックを2回施工します。ポリラックは乾式施工推奨で放置乾燥時間を30分程度必要としますのでマニュアル通りに施工します。

カーラック結果は110で全く変化なし。未施工状態はキュッと言う感じが有りますがポリラックを施工するとかなりスベスベ感が高まります。
施工部、未施工部の艶の比較 塗り重ね実験では樹脂系の微研磨性能+樹脂による傷埋め性能によってかなり好結果を残しましたが当実験では特筆すべく性能ではありませんでした。

とは言え110のテストパネルに対してマスキングテープの境界線ではっきり施工部分の変化が確認できる「被膜感」はさすがという感じです。

ポリラックの艶・光沢比較総評

今回のテストパネル光沢度は110という事でテストパネル最高値112より若干低いパネルを使用しましたが、まずまずキレイなパネルです。にも関わらず3枚目の画像では施工部分の差がハッキリと確認できるかと思います。

同種カーラックの画像より認識しやすいと思いますが実際は、私の未熟な写真の撮り方に起因するもので大差は無いと思います。ポリラックの方が特別艶出しに優れているということも無いでしょう。

ガラス系、繊維系などが中心の比較コンテンツになっており、コストパフォーマンスの比較などに名前が挙がらないので目立ちませんが実はポリラックの費用対効果という部分はかなり優れているのかな?と思います。

国産、輸入などどれが本物でどれが偽者か?などという問題もあったりしますが、私が使っているポリラックは輸入のナノテックと言うモデルで、コレが本物かどうかを証明する手段はありませんが実験結果を見る限りでは全般的にいいものだと思っています。

今回実験の艶にしても好結果、塗り重ね、傷消し隠蔽性能もよし、何気に1回の使用量も多くないので300mlタイプで10回~15回くらいは施工できてしまいそうな気がします。簡易的な使い方が出来て本格的な性能ですし、特に弱点もないので使い勝手は良く最近は見直しています。

弱点は施工の特に拭き取りが面倒。ソリッドブラックには傷が入る可能性などありますが、まあ万能ゆえの一部に特化していない性能があるというだけです。

塗り重ね傷埋め性能が仇になっているのか当実験での個人的な艶感としてはガラス繊維系、硬化系のコーティング剤の劣ってしまう感じはありますが、コレは個人の主観と趣味の世界での判断ですので参考までに。

今回の実験に関しては一定以上の艶を持つ(実車状態を模した)場合の塗装に施工した場合の比較検証結果です。コーティング剤の性能に置いて「艶」は重要ですが、本来の目的のひとつである防汚性能、耐久性なども考慮してコーティング剤選びをすることをお奨めいたします。

いい艶=いいコーティング剤とは限らないということです。あくまでも選ぶときの一因としてお考え下さい。以上ポリラックの艶・光沢比較実験でした。

スポンサード リンク