ファインクリスタルの艶を比較検証


スポンサード リンク



実車に近い状態のテストパネルにファインクリスタルを施工した時の艶光沢をと比較

■ファインクリスタル施工後の艶の比較検証について


今回の実験はボディーコーティングの艶・比較実験の内容に基づいて実施します。簡単に説明しますとコンパウンドで適当に磨いたバフ目の残った状態(洗車傷などを模した)でパット見は艶があってキレイな状態に仕上げたテストパネルを使用します。

そのパネルを半分に区切ってファインクリスタルを重ね塗りで施工。2回施工後の艶と、未施工部分の艶をグロスチェッカーで測定比較、さらに区切る為のマスキングテープを剥がして目視で比較検証します。

ファインクリスタル艶・光沢の比較検証検証の様子

施工前のテストパネル それではファインクリスタルの比較検証を実施します。磨いた後のパネルの光沢度は107です。107と言う数値ですが磨き後としては結構荒く、直視観察すれば細かい傷などがなんとなく見えます。

ここにファインクリスタルを施工します。重ね塗りが条件なので1回施工後、翌日更にもう一度施工して仕上げます。
施工後の光沢度 施工方法は完全に湿式施工が推奨されていますが変化を分かりやすくする為に半湿式施工を2回行い重ね塗りをします。

その後光沢の変化をグロスチェッカーで確認しますが112→112と言うことで全くの変化無しです。やはりグロスチェッカーで数値が向上するくらいの艶は難しいか・・・。
施工部分・未施工部分の艶の比較 この実験最高値の光沢度を誇るパネルを使ったせいと言うのが大きいでしょうが施工部分と未施工部分の違いは非常に分かりにくくなってしまいました。

しかしながら画像では分かりにくいのですが、コレでもキチンと施工部分の艶は変化があり、「何かを施工した」と言う感じは感じることが出来ました。

ファインクリスタルの艶の総評

3枚目の画像で施工部分と未施工部分の艶の比較に置いて最も確認がしにくい=変化が少なかったコーティング剤になりますが、実際にはテストパネルの光沢度が高かったという不利も少なからず有りますし、その中でわずか出会っても視覚的変化を感じることが出来たのはやはりコーティング剤による「艶」の意味を感じました

ファインクリスタルに関してはこれまでの実験に置いて、良好な結果は残していませんが大きな特徴と言いますか、このコーティング剤の大前提に簡単に施工できて、尚且つ安いというコンセプトを感じています。

当実験結果に置いてもそうなのですが、逆にこれら以外を求めるユーザーには少々満足度の低いものとなってしまうかもしれません。マニア向けな製品ではなく本来のコーティング剤の「意味」としては薄いのかもしれませんがコーティングを試すのキッカケになる製品ではあるな、と感じています。

今回の実験では全てのコーティング剤に置いて軒並みグロスチェッカーでの数値変化が少ない、もしくは無い状態でしたので、そういった実車施工での艶に関しては高価な製品でも安価なファインクリスタルでも大した違いは無いという証明もする形と言う事になりました。

ただ視覚的な変化の部分が思いのほか大きく人間の感覚に作用することが分かったのも、この実験であり視覚的変化に関してはやはり価格相応の変化しか得られなかったという部分もまた真実なのか?と感じました。

今回の実験に関しては一定以上の艶を持つ(実車状態を模した)場合の塗装に施工した場合の比較検証結果です。コーティング剤の性能に置いて視覚的な部分も含めた「艶」を重視した実験でしたが、ファインクリスタルのコンセプトとはもとより掛け離れた検証になったのでは?と思います。

私が感じる製品コンセプトは簡単に撥水・簡単に施工・しかも安くて手軽な艶。視覚的艶に関しては私個人の感覚が大いに反映されており、ファインクリスタルは変化が少ないということになっていますが、あくまでも選ぶときの一因としてお考え下さい。以上ファインクリスタルの艶・光沢比較実験でした。

スポンサード リンク