ピンクダイヤモンドの艶を比較


スポンサード リンク



実車に近い状態のテストパネルにピンクダイヤモンドを施工した時の艶光沢を比較

■ピンクダイヤモンド施工後の艶を比較検証


今回の実験はボディーコーティングの艶・比較実験の内容に基づいて実施します。簡単に説明しますとコンパウンドで適当に磨いたバフ目の残った状態(洗車傷などを模した)でパット見は艶があってキレイな状態に仕上げたテストパネルを使用します。

そのパネルを半分に区切ってピンクダイヤモンドを重ね塗りで施工。2回施工後の艶と、未施工部分の艶をグロスチェッカーで測定比較、さらに区切る為のマスキングテープを剥がして目視で比較検証します。

ピンクダイヤモンドの艶・光沢の比較検証検証の様子

施工前、磨き後の艶 それではピンクダイヤモンドの比較検証を実施します。磨いた後のパネルの光沢度は111です。111と言う数値ですが、かなり磨きこんでも112~114くらいがこのパネルの光沢限界ですからピカピカです。

しかしながら良く見ると傷や磨き目が残っており必ずも「きれい」と言う状態でも有りません。グロスチェッカーはここまでは認識しません。
ピンクダイヤモンド施工時の艶 このパネルにピンクダイヤモンドを2回施工します。施工方法は乾式施工で堅絞りのマイクロクロスで仕上げています。一応一番艶が出るような施工方法を試みたつもりです。

結果は111で全く変化なし。測定誤差も無く安定してどの位置で測定しても111と言う数値に変化は有りませんでした。移りこみは若干変わったような印象を受けますが・・・
施工部分・未施工部分の艶の比較 境界線のマスキングテープを剥がしてみるとハッキリと施工境界線が確認でき、やはり数値では表せない領域である事が分かります。

傷消し実験でも好結果でしたが、実車施工時の艶の満足感としても高い部類のコーティング剤になるのではないかと思いました。

ピンクダイヤモンドの艶・光沢比較総評

今回のポイントはテストパネルの磨き込まれており比較的艶のある状態のテストパネルが実験対象だったことです。にもかかわらず視認によりコレだけの艶の違いを確認できたことに驚きます。

残念ながらグロスチェッカーにとっての光沢変化にはならない(反射に関しては同様と言う解釈)のですが、3枚目の画像の施工境界線での比較に関しては明らかな艶の質の違いと言うものが感じられます。

条件こそ異なりますが視覚的に訴える体感効果の高さとしてはブリスXハイブリッドナノガラスに横並びと言う印象の高評価です。

ピンクダイヤモンドを発売している新日本交易さんにはGFゴールドやピンクダイヤモンドのDIYバージョンであるクリスタルファイブなどもあり大変興味があるのですが、これらとの性能差や弱点を補え合える性能を持ち合わせているのかなど気になるところではあります。

ピンクダイヤモンドに関してはイオンデポジットが付きやすいという疑惑もあるため十分に性能を吟味する必要がありますが、それは他のコーティング剤にも言える事で1つの性能に気をとられて選択すると良い事はありません。

耐イオンデポジットにしてもそうですが、コストパフォーマンスや施工性、さらには販売メーカーのユーザー対応なんかも意外と大切な要因で、場合によっては嫌な思いをすることもありますので十分検証する必要があります。トータルバランスでのコーティング剤選びを心がけましょう。

いい艶=いいコーティング剤とは限らないということです。あくまでも選ぶときの一因としてお考え下さい。以上ピンクダイヤモンドの艶・光沢比較実験でした。

スポンサード リンク