水晶の口コミ・使用レビュー


スポンサード リンク



ブリリアント07コーティング水晶の口コミ・試用レビューに関して

■水晶(ブリリアント07コーティング)の概要(メーカー説明)


メーカー説明によると水晶特殊ナノシリコンを使用した、高保護性・高耐久性・高撥水性・広汎用性を兼ね備えた高級コーティング剤です。特に、撥水性が減衰した後も特殊ナノシリコンは塗装面に残り、1年以上の保護効果を持続します。

ということで撥水が1年続くわけでは無さそうですが、撥水性能、艶、輝き、手触りは量販店で販売されている従来品の比ではないというのが謳い文句のコーティング剤です

■管理人の水晶使用記


以下管理人の使用記になります。

臭い・液性などに関して

まず液剤の色は珍しく濃い目の黄色、臭いは皆さんが仰る通り酸っぱい・・・と言いますか「酢」の臭いがしました。まさか・・・と思ってPH属性を調べたところ思ったまま「酸性」である事が分かりました。

私の場合は整備士で皮膚が厚いので参考にはならないかもしれませんが手荒れなどは特になかったのでそれほど悪影響を与えるものは入っていないかと思います。

使用方法に関して

使用方法がコーティングと言う感じではなく10倍に希釈してシャンプーのように試用することが記載されていましたので、記載どおりの施工方法を実践しました。バケツにコーティング剤を入れて水を10倍量入れる→付属クロスで泡立てて使用。

水晶の施工感・使用感

コーティング剤と呼ぶには泡立ちがかなり良く感じました。通常のワックスインシャンプーは泡立ちも乏しくワックス効果も中途半端というイメージが有りましたので、この泡立ちは「想定外」でした。汚れ落とし効果も通常のカーシャンプーと同程度なので1工程でシャンプーとコーティングを行うことも「可能」ではあります。

ただし推奨はしません。

施工感はそのまんま、湿式のガラス(繊維系)と言う感じです。例えるならファインクリスタル が一番近いですね。一般的なシリコンポリマーと言う感じです。

施工後流水で十分に洗い流し、ブローを掛けたところほとんどの水滴が飛んでいきましたので撥水効果はまずまずだと思います。しかしながら特筆すべき「超撥水」ではなく強撥水ですね。撥水具合は強化剤 入りファインクリスタルや丸っとコートの方が高く感じられるくらいで、ぶた猫さんに頂いたサファイヤコートにも負けていると思います。

艶に関しては普通でファインクリスタルと酷似した感覚です。キレイな車に施工するとソコソコ輝く感じで悪くはありません。ガラス繊維系の艶に慣れているユーザーが満足できるレベルには達していないと思われます。

実験検証

本来なら販社様からの頂き物は実験を行わないポリシーですが「画像非公開」ということでの簡易実験を行ったところテストパネルでの傷消し効果等は零三式コーティング22型評価ファインクリスタル評価 とほぼ同様で効果は乏しかったです。

ただしコーティング剤の良し悪しと言うものは本来艶や撥水性能、傷消し性能だけで決定するのではなくボディーを保護する性能が高いか否かに掛かっていますので、今後の経過に注目したいとおもいます。

水晶のコストパフォーマンス(費用対効果)

コストパフォーマンスに関しては60mlが1回分だとすると300mlで1万円なので1回2000円程度・・・。好評ですが高額との意見が出ていたナノ黒が1回辺り1500弱、同様にクリスタルガード・プロ でも1500~2000円行かないくらい、ブリスXに至っては高く見積もっても600円強という事を考えると度を越えて高すぎるというのが本音です。

しかしながら使い方によっては3分の1程度くらいに使用量を減らせるのでは?と言う気がしますが・・・推奨外施工法にはなってしまいます。3分の1で計算するとやっと1回666円です。

あとは1年の耐久性があればその価値はあると思います。実際1年間同様の撥水が続いていれば効果持続が確認できますが、撥水を売りにしているコーティング剤の撥水がなくなったときに「表面保護」をどう解釈すればいいのかは難しいところです。1年間撥水が続けば大した製品だと思います。

あとは耐イオンデポジット性能などの面でkazuさんから実験結果レビューが挙がっているように気になる点がありますので、追って経過報告したいと思います。

※ガラスへの適応性

油膜除去を完全に行ってから施工しないとかなりムラなりますので注意が必要です。油膜が除去できればゴーグリやそのほかガラス対応のコーティング剤同様の効果が得られます。

私のポリシーではガラスにはガラス専用のコーティングを!と言う感じです。フッ素系の状態維持に勝るものは今のところないです。ただし一石二鳥的要素はありますので便利と言えば便利なのですが・・・。

メリットに感じる部分

メリットを感じる部分はその「汎用性」にあると思います。例えばシャンプー→コーティングの工程が面倒なユーザーには良いかもしれません。私は1工程で済ましてしまうことに抵抗がありますが、それはあくまでも私の感覚です。

一般的に洗車とコーティングが同時にできて、その性能を両立できていれば評価としては高いと思います。事実シャンプーの洗浄能力も通常のカーシャンプー程度有していますし、コーティングの撥水状態や艶に関しても量販店品と比較してズバ抜けて良いわけではありませんが良好です。

少なくともワックスインシャンプーと比較するとその差は大きいと思います。1年の保護能力を感じることは難しい部分もあると思いますが汎用性と性能のバランスはナカナカのモノかもしれません。

ただしマニア、拘りのあるユーザー向けではないのでネット上での評価は酷評が多くなってしまいそうな予感はします。TVショッピング、楽天市場などユーザー層によっては人気が出るかも・・・な製品だと思いました。

■kazuさんの水晶使用記


以下kazuさんの水晶使用記です

使用感、施工方法などに関する所感(ミラーでのテスト)

さて製品ですが、見た感じは洗車王国のファインクリスタルとそっくりな色具合で、匂いはちょっと酸っぱい香りがします。また説明書には何と水で10倍に希釈して使う様にとの記述が。原液が60mlでも利用の際は600mlになってしまう訳ですが、これで車1台分の量なのだそうです。

コーティングは、水洗い後、このコーティング剤をバケツなどで10倍に薄めて、付属のマイクロファイバーでコーティングするそうです。この後再度水洗いして拭き取って完成だそうです。

私にはとっても600mlもの量を使ってコーティングできそうも有りません。マイクロファイバータオルに付けてコーティングしてもせいぜい5-60ml位しか使わないのではないでしょか?

もう今日は夜なので洗車は週末になってしまうので、いつもやっている様にテスト用のミラーの上でどのようになるか試して見ました。最初は希釈せずに原液を1滴垂らしてミラーの上で塗り広げると、どうもシャンプーの様に泡が....。濃すぎたんでしょうか?

構わず塗り広げて拭き取ると最初は結構ムラになりますが、そのうちきれいになりました。皮膜感は余り無く、コーティングされたかどうかもちょっと良く分かりません。暫く立って水滴を1滴垂らしどの程度撥水するかと試したのですが、かなりべたっとした平たい水玉で、うたわれているような撥水性はほとんど感じませんでした。

ひょっとして拭き取った時にコーティング剤こと全部拭き取ってしまったの?という感じでした。ウインドガラスもOKと書いてありますが、やはり、ミラーと塗装面では違うのでしょうか?取りあえず第一印象はこんな所です。週末に実際のボディーで試してみます。

ミラーでの施工テスト結果

水晶1 昨日テスト用のミラーに「水晶」をコーティングしてその後イオンデポジットの付きを見るために施行したミラーに水を数滴垂らして1日放置しました。今日見てみるとかなりハデ目なイオンデポジットの後がくっきりと残っていました。

この後マイクロファイバーのウェスでかなり力を入れてふくとかなり取れますが、ミラーにはまだ結構うろこが残っています。説明書にはガラス面もOKと書いてありますが、ガラス面には余り適さないのではないでしょうか?

うーん、これだと実際のボディーに施行するのをちょっとためらってしまいますねー。
ブリリアントコーティング水晶2 昨日実際に施行してみました。とりあえず拭き取りの楽なトランクの部分施行です。

原液を説明どおり精製水で10倍に希釈してスプレーボトルに入れました。振ると洗剤の様に泡立ちます。水洗いの後にウェスにスプレーして3度程塗り重ねました。塗る時にはやはりあの酸っぱい匂いがします。

その後軽く水洗いして、拭き取りました。説明には「水洗いの時の撥水をお楽しみ下さい」と有りますが、撥水はほとんどしません、疎水した様にベターと水膜が付きました。

拭き取り後の少し暗かった事もあってか被膜感、透明感はほとんど感じませんでした。

乾燥後、デポジットを調べるために軽くシャワーで水を掛け一晩放置しました。気温は25度位なので朝はまだ9割方乾いた感じです。

朝トランクを見ると.....。やはり恐れていた様にイオンデポジットの後がすさまじい感じで広がってます。デポジットがこれ程付くコーティング剤も珍しいかもしれないです。

私の場合は、取りあえず試しという事で、スプレーボトルに希釈した液を入れてウェスで他のコーティング剤の様に半湿式の様な感じで施行したのですが、どうも写真を見ると普通のシャンプーの様に使うみたいですね。こんなにジャブジャブと使うコーティング剤は初めてです。シャンプーWAXみたいなものかも知れません。(それにしては価格が.....)

結局私の場合は施行後のウォータースポットがかなり気になったのと皮膜感がほとんど感じなかったので、リセットしてPG1シルバーでコーティングしなおしました。施行後雨が降ったのですが、PG1の場合はウォータースポットはほとんど気になりません。

■あかさかさんの使用記


以下は掲示板投稿者あかさかさんの使用記です

まず最初に悩んだのがシャンプー洗車してからブリリアントコーティングを使うか?  いきなり施行してしまうかです。悩んだ挙句、シャンプーも入っていそうな説明書きからいきなり使いました・・・

あまりシャンプー効果(泡立ち)はなく溶剤で車を拭く作業でした。 不思議な感じに包まれた作業(^^;)そして、すすぎで水をかけたのですが見事に撥水するようになりました!  撥水レベルはなかなかのレベルでプレクサスやシュアラスターのクリスタルコーティングと同等かな?

すすぎのあとセームタオルで拭き上げたのですが、艶は夜のため分かりずらかったので追って報告します。後で気付いたのですが施行する前に必ずカーシャンプーで洗った方がいいです。 いきなり施行してしまって表面に傷が多数ついてしまいました。

結局、傷取りに時間がかかり大変な作業になりました。コンパウンド使ったあとプレクサスで簡単コーティング(汗)プレクサスはやっぱり便利だな(笑)

艶ですがプレクサスの比較となりますが、プレクサスより艶はいいですね!ウルウルとした艶ですね。カルナバロウワックスの艶ににてるかな?  撥水、艶ともに文句なしですが、耐久性に関しては???です。

値段ですが10000円は高すぎるかと思います。そんなに原料費掛かっているのかな?  5000円が妥当な金額かと思います。  高ければいいって問題じゃないですよね。やはり目指す所は安くて性能がいいに限ると感じます。

スポンサード リンク