SG-1の重ね塗り効果比較


スポンサード リンク



Diagranz SG-1の重ね塗りによる効果と光沢復元限界を実験により検証

■SG-1の塗り重ねによる光沢復元率の変化

施工前のパネル それではカーシャインSG-1の実験を開始いたしますが、当実験の目的、詳細な手法等は塗り重ね・光沢限界比較実験をご覧下さい。

まずバフレックスブラックを加圧使用して光沢度を限界付近の21まで落としました。(調整難で20ではなく21になりました)傷消し艶出し効果比較実験とほぼ同様ですがこれに塗り重ねていきます。
1回施工後のパネル光沢度 左の画像はSG-11回目の施工です。施工方法に関しては完全な乾式施工で放置時間は気温の関係もあり長めの20分に設定しました。

放置時間によって大幅に傷消し効果などが変化する硬化系だけに「放置時間の見極め」こそが結果に直結します。27ポイントアップです
SG-1塗り重ね後の光沢度 2回目の施工でも放置時間は20分と通常よりも随分長めに放置しています(実際の施工では自己責任で放置時間を決めてください)

結果は順調に8ポイント向上で重ね塗り効果をしっかりと発揮しています。シラン系硬化型のガラスコーティングは塗ってふき取るだけでは重ね塗りは出来ませんでしたが放置時間によって可能になるようです。
重ね塗り2回目 3回目の施工でも同様の条件で施工しましたが突然の傷消し性能ストップです。光沢度が上昇しなくなったことと被膜が重ねられなかったということがリンクするかは不明ですがこの辺が光沢復元限界となってしまうのでしょうか?

念のため同条件にてもう一度重ね塗りを試みてみたいと思います。
重ね塗り3回目 続いて4回目の施工の結果(3回の塗り重ね)ですが光沢に変化があり4ポイント向上しました。やはり若干の光沢復元の余地は残されているようです。

実験では残念ながら温度・湿度の管理をしておらず、硬化系はこれらが大きく被膜形成に関係する為もしかすると関係するのかもしれません。
重ね塗り4回目最終光沢度 5回目の施工の結果では-2ポイント。やはり光沢復元・光沢上昇に関しては限界付近のようなので、実験に関してはコレで終了です。塗り重ねの有効度は放置時間を長めに取って3回程度が目安かと思われます。

ただし硬化系コーティングの放置時間を余分に取る行為は、効果の代償としてリスクがある事を認識して自己責任にてお願い致します。

Diagranz SG-1の塗り重ね・光沢復元実験のまとめ

Dia Granz SG-1の1回目の施工時の光沢復元率は228%の上昇は27ポイントと言うことでこの結果だけ見ると放置時間を長めに取っている割には同型ガラスコーティング剤のG-hardリアルクリスタルの実験と比較しても大差ありません。

しかしながら異なってくるのはココからの重ね塗り実験の結果に関してです。シラン系硬化型ガラスコーティングに関しては通常の施工方法では重ね塗り実験の結果から塗り重ねが出来ないというのが私のこれまでの見解でした。

しかしながら硬化型のコーティング剤は放置時間のコントロールによりその傷消し効果が大きく異なることから実験の途中から参加したSG-1に関しては常に放置時間を長めに取る手法にて実験検証を行っております。

これでは同型他種であるリアルクリスタルやG-hardの実験結果と比較するときにフェアではなくなってしまいますが、私の見解としてはG-hardは若干硬化スピードが遅いですがリアルクリスタルに関してはほぼ硬化スピードも同様ですしSG-1と同等としてみています。

よってこの3つのシラン系のガラスコーティングは通常施工と長めの放置時間の効果を比較した実験でありその性質はほとんど同様であると考えていただき、後の選択はユーザーのお好みと言う感じで割り切っていただきたいと思います。

厳密に言うと異なるのですが要は同じコーティング剤を放置時間を変えて2通り実験した結果と捕らえていただいて結構です。(シラン系でもグラスガードは切り離して考えてください)

前置きが長くなりましたが実験結果に関しては放置時間コントロールによって3回くらいまでの塗り重ねに関しては有効であろうと言う結果が出ており、ギリギリのところでコントロールすればガラス繊維系にも勝るとも劣らない光沢復元効果がある事が判明しました。

厳しい見方ではナノ黒やPG1ブラック、トライズ(TRIZ)等の傷消し効果に優れたガラス繊維系やポリラックなどの樹脂系には遠く及ばない感じもありましたが耐久性を考慮すると、かなり高い性能といえそうです。

、また当実験結果とは切り離して費用対効果、耐イオンデポジット性能などコーティング剤としての他の性能も十分に検討して選ぶことをお奨めいたします。

これらの性能は施工後の初期性能ですので参考程度に考えてください。光沢復元率295%、光沢上昇41ポイント、以上Dia Granz SG-1の塗り重ね・光沢復元率比較実験です。

スポンサード リンク