This page:洗車コーティング実験室 TOP > 自動車コーティング剤比較実験 > ブリスの評価 > ブリスの耐イオンデポジット検証

ブリスの耐イオンデポジット検証


スポンサード リンク



ガラス繊維系コーティング、ブリスの耐イオンデポジット比較実験に関して

■ブリスの耐イオンデポジット検証の様子

b-bx-bn.jpg 以下の内容は耐イオンデポジット性能比較のリンク先に基づいて実験をさせていただきます。

霧吹きにて汲みたての水道水を加水する前に加熱した実験パネルの温度を測定しておきます。当実験のパネル温度は80.0℃です。
イオンデポジット付着の様子 霧吹きで噴霧していますのでどんな面でも必ず撥水のような状態になってしまいご覧のような水垢の痕が付いてしまいます。

右は施工部、左が未施工部分です。

この状態は洗車も何もしていない状態で乾燥させた後の素の状態です。この後水洗い洗車を想定した水拭きでの変化を確認します
水洗い後・未施工部 水洗い洗車を想定した水拭きを行いましたがやはり完全にデポジットは取れてはくれません。

しかしながら通常のライトでは見えにくいため色温度の高い高照度LEDを照射してデポジットが反射する角度殻撮影しました。

写真は未施工部分です。
ブリス施工部水洗い後 こちらのほうが分かり易く撮れました。写真が未熟で申し訳ありません。(今後徐々に上達する予定です)

施工部分でもこのレベルのデポジットが付着しますと水洗いだけでは落ちきれないようです。

「ブリス」の表記上側が未施工部分、下側が施工部分になっています。

水垢クリーナー使用後 では水垢落としを使ったらどうなるでしょうか?メンテナンスで使用する水垢クリーナーで落ちれば問題ないと思いますが・・・

←かなり落ちてくれました。肉眼では全く確認できませんので日中に太陽光でどんなに目を凝らしても見えないでしょう。しかしながら完全な除去にはいたってはいません。

ブリスの耐イオンデポジット比較実験総合評価

人気のガラス繊維系コーティングの初代と言うことで性能はどのくらいか?と言う点は気になっていましたが、やはりこの過酷な条件ではそれなりのイオンデポジット付着はあるようです。この状態で完全防御できれば理想のコーティング剤と言えますが到底無理そうです。

しかしながら水洗いだけでも通常の太陽光が当たる環境ではテストパネル色が黒と言う目立ちやすいカラーにも関わらず、全くわからない程度でしょう。夜の水銀灯ではじめて気が付くパターンです。

デポジットの認識力を高めるために今回の実験では色温度の高い5500K(ケルビン)相当の高照度LEDライトをほぼ水平(光入射角5度前後)照射して、パネルを正面から確認しています。この確認方法がもっともイオンデポジットを認識できます。

よってこの認識方法で確認できないイオンデポジットはどんな場面においてもユーザーの目に触れることはないと思います。ブリスに関しては水垢落としクリーナーを使用後のパネルでは約9割前後の除去状態でほとんど確認できなくなりました。

未施工面との比較など

未施工面に関しては水洗いで若干の差、水垢クリーナー使用段階でのLED確認では除去状態6割くらいでしたのでクリーナー使用時の差が大きく出ました。

よってブリスの耐イオンデポジットの評価としてはまずまず優秀ですが、通常の洗車では落としきれないデポジットが付着し、重ねがけ施工ユーザーは重ねがけすることによってさらに落ちにくくなってしまっている可能性を孕んでいる事も否定は出来ません。

定期的に水垢クリーナー(今回はカーシャイン製アルカリキレート系)や超微粒子研磨剤入りシャンプー (淡色車推奨)などでリセットしてあげることでデメリットを解消してあげましょう。

スポンサード リンク