CG-1の耐イオンデポジット検証


スポンサード リンク



ガラス繊維系コーティング、CG-1の耐イオンデポジット比較実験に関して

■CG-1の耐イオンデポジット検証の様子


実験中のパネル温度の測定 以下の内容は耐イオンデポジット性能比較のリンク先に基づいてクリスタルガード・ワンの実験をさせていただきます。

霧吹きにて汲みたての水道水を加水する前に加熱した実験パネルの温度を測定しておきます。当実験のパネル温度は81.0℃です。
イオンデポジット付着の様子 霧吹きで噴霧していますのでどんな面でも必ず撥水のような状態になってしまいご覧のような水垢の痕が付いてしまいます。

右はCG-1施工部、左が未施工部分です。

この状態は洗車も何もしていない状態で乾燥させた後の素の状態です。この後水洗い洗車を想定した水拭きでの変化を確認します
未施工部分・水洗い後 水洗い洗車を想定した水拭きを行いましたがやはり完全にデポジットは取れてはくれません。パネルは磨きが入ったばかりの状態なので疎水性です(本来の状態)

認識しやすい高照度LEDで照射しております。水分噴霧では細かめの水滴になっておりそのまま残っています。(これでも太陽光ではわからない程度)
CG-1施工部・水洗い後 未施工部分よりは水洗いだけでずいぶんと落ちてしまったような感じがあります。若干は残っていますがなかなか優秀なレベルで除去できているのではないでしょうか?

しかしながら薄くデポジットが確認できるかと思います。この程度では夜の洗車場の水銀灯でも中々気が付きにくいとは思います。
水垢クリーナー使用後の様子 定期的なリセットなどで使用するちょっと強めのアルカリ系水垢クリーナーで洗浄したところかなり目立たなくなりました。除去率は9割くらいでしょうか?

今回は洗浄して即洗い流しなので若干の放置時間のコントロール等でほぼ100%除去も可能かと思われます。

CG-1の耐イオンデポジット比較実験総合評価

ブリスと並んで人気の高いガラス繊維系コーティングと知られているCG-1ですが、初期性能に関してはそこそこ優秀な耐イオンデポジット性能を持っていると思われます。

ライバルのブリスよりイオンデポジットに関しては若干上かな?と思っていましたが今回の実験に関していえばXやNEOより僅かですが落ちにくかった印象があります。ただし初代ブリスよりは良好ですね。現在はCG-1もCG-PRO(クリスタルガード・プロ) に進化しており耐デポジット性能の向上も期待できますので比較していきたいと思います。

他の製品も同様の条件で実験しているのですが、この実験は一見過酷ですが性能を見ているのはコーティングの初期のみの性能と言うことになってしまいますので、継続して雨や感想が繰り返された場合においての結果は異なるかもしれません。

すなわち初期性能はまずまず優秀な部類と判断することも出来るかと思います。短期スパンでの施工を繰り返し半年ごとにリセットをかねた水垢クリーナー超微粒子研磨剤入りシャンプーを使用するという手は有効手段になるでしょう。

ちなみに今回の実験はデポジットの認識力を高めるために今回の実験では色温度の高い5500K(ケルビン)相当の高照度LEDライトをほぼ水平(光入射角5度前後)照射して、パネルを正面にして確認しています。この確認方法がもっともイオンデポジットを認識できます。

感覚的には夜の水銀灯下で初めて発見するルーフあたりのデポジットを想像してください。よってこの認識方法で確認できないイオンデポジットはどんな場面においてもユーザーの目に触れることはないと思います。

未施工面との比較など

未施工面に関しては水洗いで6割除去程度にとどまっています(画像3枚目確認)、しかしながらCG-1施工面(4枚目の写真)では8割弱除去できてしまっています。

比較と評価をまとめますと、あくまで初期性能ということになりますが耐イオンデポジットはソコソコ優秀な部類に入りますので短期スパンで施工して性能維持をする手もあります。ただし完全に除去できているかと言うと、そうではなさそうです。

とかくCG-1の場合皮膜を育てると言う謳い文句があるので重ね続けて除去系のメンテナンスを全く行わないユーザーさんもいらっしゃるとは思いますが、コーティングの皮膜はいくら育てても最終的に塗装を守る捨て膜なのでスッパリと除去することがダメージ蓄積を防止する策です。

また当パネルは重ね掛けして外の環境要因を一切無視した状態で、温度と水道水のみの条件しか悪条件として与えていません。地域によってはきわめて悪害となる酸性雨や大気中の浮遊粒子、紫外線の影響は与えられていませんのでご理解ください。

対応として適切なのは定期的に水垢クリーナー超微粒子研磨剤入りシャンプー(淡色車推奨)などでリセットしてあげることでデメリットを解消してあげるということでしょう。以上CG-1 の耐イオンデポジット検証の結果です。

スポンサード リンク