HVナノガラスの耐イオンデポジット


スポンサード リンク



ガラス繊維系コーティング、ハイブリッドナノガラスの耐イオンデポジット比較実験に関して

■ハイブリッドナノガラスの耐イオンデポジット検証の様子

パネル温度測定 以下の内容は耐イオンデポジット性能比較のリンク先に基づいてハイブリッドナノガラス(現在絶版で次期モデルが出ています)の実験をさせていただきます。

霧吹きにて汲みたての水道水を加水する前に加熱した実験パネルの温度を測定しておきます。当実験のパネル温度は81.0℃です。
施工部分(右)未施工部分(左)の比較 霧吹きで噴霧していますのでどんな面でも必ず撥水のような状態になってしまいご覧のような水垢の痕が付いてしまいます。

ナノガラスの面は未施工面に比べて歪な水滴後になっているため若干目立ちにくいような見え方です

この状態は洗車も何もしていない状態で乾燥させた後の素の状態です。この後水洗い洗車を想定した水拭きでの変化を確認します
水洗い後の未施工部分 水洗い洗車を想定した水拭きを行いましたがやはり完全にデポジットは取れてはくれません。LEDがうまく照射されていない状態ですがそれでもデポジットは分かってしまいます。

これでも太陽光ではわからない程度でだいぶ落ちてはいます。夜間の水銀灯下では気が付いてしまうでしょう。
ナノガラス施工部分の様子 こちらは随分とLED照射がうまく行った形で撮影できましたがかなり除去率は高かったように思います。水洗いだけでも9割近くの除去率に思えます。

さすが乾式施工系のガラス繊維珪素系です。目を凝らせば若干いびつなデポジットらしきものは確認できますが元々の形が目立ちにくいためほとんど分かりません。

ハイブリッドナノガラスの耐イオンデポジット比較実験総合評価

今はハイブリッドナノガラス・ブラックレーベルへと進化しているコーティング剤で実験で使用しているものはすでに絶版です。基本は進化後のものとほとんど同じと言うか、このコーティング剤を元に進化させているはずなので後継のブラックレーベルが劣るということはないとは思いますが・・・

アルカリ系水垢クリーナー使用後の撮影も行おうとしましたが、確認が困難だったため(要は水洗いで結構落ちていた)ので今回は割愛させていただきます。

このデポジット耐性があれば特別強めのアルカリクリーナーや研磨剤入りのシャンプーを使わなくても良いのでは?と思われるかもしれませんが油断大敵です。初期性能ではこのような性能かもしれませんが繰り返しの雨、ボディー面の汚れ次第で、いつ、どんな形でデポジットが固着するか分かりません。

しかしながら幸いにしてナノガラスのラインナップにはコーティングコンディショナーと言う優れものがあります。クリーナーインコートでガラス繊維系全般に使えるものなので非常に重宝します。

使った感じではイオンデポジットや油性系の汚れなどの分解能力に優れておりクリーナーが主か?と思いきやガラス系コートを含んでいるためか艶も中々のものです。正直単体のコーティングとしても上々です。

ナノガラスのような乾式または半質式施工が推奨されているCG-PRO(クリスタルガード・プロ) などがありますが同社にメンテナンス用のウォッシュワンがあるものの、デポジット除去には向いていないため、ナノガラスコンディショナーを使うのも有りかな?と思いました。

話は戻りまして、耐デポジットは優秀な部類と判断することも出来るかと思いますが、コンディショナーを使わないにしても、リセットを兼ねた水垢クリーナー超微粒子研磨剤入りシャンプーを使用するという手は必要な手段になるでしょう。

ただ製品が高額であるため被膜除去はなるべく中長期的で半年から1年スパンくらいでのリセットが好ましいと思います

ちなみに今回の実験はデポジットの認識力を高めるために今回の実験では色温度の高い5500K(ケルビン)相当の高照度LEDライトをほぼ水平(光入射角5度前後)照射して、パネルを正面にして確認しています。この確認方法がもっともイオンデポジットを認識できます。

感覚的には夜の水銀灯下で初めて発見するルーフあたりのデポジットを想像してください。よってこの認識方法で確認できないイオンデポジットはどんな場面においてもユーザーの目に触れることはないと思います。

未施工面との比較など

未施工面に関しては水洗いで6割除去程度にとどまっています(画像3枚目確認)、しかしながらHVナノガラス施工面(4枚目の写真)では約9割除去できてしまっています。

といってもメンテナンスは必要不可欠でメンテナンス方法に関しても上記で言及しているとおりです。撥水の仕方も楕円になり乾燥するときに綺麗な輪になりにくいので乾燥したときの汚れ方自体が異なる点がやはり違いに結びついていると感じました。

また当パネルは重ね掛けして外の環境要因を一切無視した状態で、温度と水道水のみの条件しか悪条件として与えていません。地域によってはきわめて悪害となる酸性雨や大気中の浮遊粒子、紫外線の影響は与えられていませんのでご理解ください。

ハイブリッドナノガラスの場合は専用のコーティングコンディショナーでもイオンデポジットがかなり除去できますので強いクリーナーを掛けずにコーティングと共に日ごろからこまめにコンディショナーを掛けるのが最良だと思います。以上ハイブリッドナノガラス の耐イオンデポジット検証の結果です。

スポンサード リンク