This page:洗車コーティング実験室 TOP > 自動車コーティング剤比較実験 > PG1silverの評価 > PG1シルバー耐イオンデポジット検証

PG1シルバー耐イオンデポジット検証


スポンサード リンク



ガラス系簡易コーティング剤PG-1シルバーの耐イオンデポジット比較実験に関して

■PG-1シルバーの耐イオンデポジット検証の様子

実験パネルの温度 以下の内容は耐イオンデポジット性能比較のリンク先に基づいてPG-1シルバーの実験をさせていただきます。

霧吹きにて汲みたての水道水を加水する前に加熱した実験パネルの温度を測定しておきます。当実験のパネル温度は81.5℃です。(同時実験G-hard等)
イオンデポジットの様子(右側が施工面) 霧吹きで噴霧していますのでどんな面でも必ず撥水のような状態になってしまいます。

右側が施工面ですが撥水が若干強いためハッキリとした輪郭でご覧のような水垢の痕が付いてしまいます。このような輪郭や大きさなどは耐性とは別物なので特に気にしなくてもいいと思います。
水洗い後の未施工面 水洗い洗車を想定した水拭きを行いました。他の実験と同様、未施工面に関しましては、やはり水洗い程度では完全に取れてはくれません。

未施工だと、このくらいは水道水放置乾燥で付いてしまうということです。しかしながらこれでも通常の屋外で確認した程度ではほとんど分からないレベルです。(白やシルバーならなおさら)
施工面のイオンデポジット付着具合(水洗い後) こちらも水洗い後です。上の2枚目の写真から考えますと比較的小さなデポジットで粒のようになっていた部分は取れていますが輪染み部分はハッキリ残ってしまいました。

印象としてはイオンデポジットには耐性があるように思っていましたので意外です。(ちょっと強めに擦ったらマイクロクロスで傷が入っているのが写ってしまいました)
アルカリ水垢クリーナー使用後の状態 アルカリ系水垢クリーナーを使ったらさすがに除去率は9割以上?といった感じですが、若干擦りが強かったようでアンフェアだったかもしれません。

といってもLED照射下では加圧して擦った場合などは、4,5枚目のように傷が写真に反映されてしまいますのでどの位擦ったのかは一目で分かります。ということでご容赦を。


PG-1シルバーの耐イオンデポジット比較実験総合評価

PG1-シルバーの実験結果に関しては若干私がマイクロクロスで強く擦りすぎてしまった面もありましたので結果がアンフェアなものになってしまったかもしれませんが、文面と画像にてしっかり露出させていますので、その分を加味して評価していただければ幸いです。

なぜこのような結果になったかといいますと、言い訳のようになってしまいますが元々PG-1シルバーに関しては耐イオンデポジットに強い印象があったからです。結果としてはかなり良かったブリスXよりも実用体感では良いのでは?と感じていました。

と言う先入観から実験中に思ったより落ちなかったため「こんなはずは無いよな?」と言う思いから加圧して拭いてしまったという感じです。実験は水道水の高温焼付けだったため撥水性能がそこそこ強いPG-1シルバーの場合は悪条件だったのかもしれません。

とはいっても結果は結果です。実用上このような場面が無いとは言い切れず、もっと過酷な条件も存在するでしょう。条件によっては上の実験結果のように普通の洗車では落ちきれずにアルカリ・キレート系水垢クリーナーを使う必要があるということです。

普通の雨程度でしたら耐久性が弱く使い捨て被膜的なPG-1は問題ないかもしれませんが、夏場の洗車時の乾燥などには十分に注意した方がいいと思います。

他の除去方法としては超微粒子研磨剤入りシャンプーを使用して物理的に削り落とすという手段がありますが、濃色車の場合は非推奨でギラツキが出ないとは言い切れません。

手軽で便利で確実と言う感じはありますので被膜リセット時、淡色(白・シルバーなど)の使用に適しているかと思います。クレーター化しない限りは大抵は上記リンクのシャンプーで除去できますが加圧して使用しないように気をつけましょう。

ちなみに今回の実験はデポジットの認識力を高めるために今回の実験では色温度の高い5500K(ケルビン)相当の高照度LEDライトをほぼ水平(光入射角5度前後)照射して、パネルを正面にして確認しています。この確認方法がもっともイオンデポジットを認識できると思います

実使用上の耐デポジットは強いと言う印象のPG-1シルバーも当実験では思ったよりも渋い結果でしたので、真夏の洗車で、特に井戸水を使う場合なんかには十分に注意した方が良いかと思います。(渋い結果といってもクリーナーでの除去率はかなり高いものがあり、コート剤としての被膜効果は十分だと感じました)

未施工面との比較など

未施工面に関しては水洗いで6割除去程度にとどまっています(画像3枚目確認)、施工面に関しても同程度?と思うかもしれませんが撥水であったが為にそのように見えているだけで実際の「除去率」は未施工面よりも高かったです。

水滴の数が多くなってしまったので細かいものは除去できたのですが、中くらいの輪染みの除去率が悪かったです。クリーナーを使ったときの除去率も差が出まして、このテストパネルでは未施工部分8割程度除去、施工面は約9割程度除去できました。

当実験の結果についての性能に関しては環境(保管状態・天気・地域公害・汚染状態)によって大きく異なるため参考程度に考えてください。

以上PG-1シルバーの耐イオンデポジット検証の結果です。

スポンサード リンク