This page:洗車コーティング実験室 TOP > 自動車コーティング剤比較実験 > ファインクリスタル評価 > ファインクリスタルの耐イオンデポジット

ファインクリスタルの耐イオンデポジット


スポンサード リンク



ガラス製コーティング・ファインクリスタルの耐イオンデポジット比較実験に関して

■ファインクリスタルの耐イオンデポジット検証の様子

実験パネルの温度 以下の内容は耐イオンデポジット性能比較のリンク先に基づいてファインクリスタルの実験をさせていただきます。

霧吹きにて汲みたての水道水を加水する前に加熱した実験パネルの温度を測定しておきます。当実験のパネル温度は79.0℃です。
施工面・未施工面の比較 霧吹きで噴霧していますのでどんな面でも必ず撥水のような状態になってしまいご覧のような水垢の痕が付いてしまいます。

水の付き具合は噴霧によるムラもありますがなぜか撥水が強いはずのファインクリスタルのほうが水滴が大きくなる傾向が!?
未施工部水洗い洗車後の様子 水洗い洗車を想定した水拭きを行いましたがやはり完全にデポジットは取れてはくれません。いい感じでLEDの光がイオンデポジットを浮き上がらせています。

いつも通りですが未施工だと、このくらいは水道水放置乾燥で付いてしまうということです。しかしながらこれでも通常の屋外で確認した程度ではほとんど分からないレベルです。
施工面水洗い後の様子 こちらも水洗い後です。未施工部分と殆ど変わりないですが若干落ちが悪かった印象を受けます。特に屋外での見え方はファインのほうが目立ちました。

水滴1個辺りの水量が多くなりがちな撥水被膜の宿命ですが、この実験ではフラットなパネルで実験しますので、それが悪い方向に働いているのでしょう。零三式の実験でも同様でした。
施工面、水垢クリーナー使用後の様子 アルカリ系水垢クリーナーを試してみたところ、若干形跡は残ったもののソコソコ除去は出来ているようです、除去率は8割くらいと言ったところです。

未施工部分と僅差ではありますが一応施工部分との差は感じられましたので、「何らかのコーティング効果」はあると判断できます。

ファインクリスタルの耐イオンデポジット比較実験総合評価

当実験内容がシビアなせいもありますが、傷消し、重ね塗り実験ではあまり結果を残せていませんでしたが、この耐イオンデポジットの実験に関しましては、僅かながら未施工面よりもイオンデポジットが落としやすいという結果が出ました。

通常の水洗い洗車を模した拭き取りでは、特に未施工面と差は感じなかったのですが、若干ファインクリスタルのイオンデポジットが屋外で目立ったな~という感じはしました。ただ明らかにという感じではなく、撥水性質にしてはマシな方だと思います。

アルカリ系水垢クリーナー使用時では、やはり差が出まして施工面のほうが落ちが良く目立たなくなりました。零三式22型の結果と似たような感じですが、零三式22型のほうが落ちは良かったです。

他の除去方法としては同社洗車の王国取り扱いの超微粒子研磨剤入りシャンプーを使用して物理的に削り落とすという手段があります。

ボディーカラーによって研磨粒子を調整してくれる超親切クリーナーですが、研磨剤入りには変わりないのでソリッドブラックなどは使用を控えるか、加圧をしないで使用しましょう。

元々ファインクリスタルはコスト面から考えると、比較している他のコーティング剤とは比べ物にならないほど安価な製品であり、実車施工時の艶出し・撥水効果に着目すればそんなに悪いコーティング剤ではないです。

ただ当サイトの実験はなるべく悪い環境で試験をしていると言う背景があり、結果が出ないと言う状態に陥っていますが、是非「色メガネ」で見ることなく評価比較をしてほしいと思います。


ちなみに今回の実験はデポジットの認識力を高めるために今回の実験では色温度の高い5500K(ケルビン)相当の高照度LEDライトをほぼ水平(光入射角5度前後)照射して、パネルを正面にして確認しています。故意にデポジットが目立つ照射で分かりやすく浮き出させています。

よって、かなり付着しているように見えますが、水拭きしたあとは実際問題屋外の光では良く見ないと分からない程度にはなっています。

未施工面との比較など

未施工面に関しては水洗いで6割除去程度にとどまっています(画像3枚目確認)、施工面に関しても同様に6割程度で未施工面と施工面の水拭き後の状態変化の差が(屋外を除いて)殆ど無かったのが印象的です。

撥水被膜にしては思ったより悪くなく、水拭き後の状態は零三式22型の結果に似た感じになりました。いずれにしても撥水の被膜を持つコーティング剤とこの実験は相性が悪いようで水滴はつぶれていたほうが、比例していい結果を生むようです。

実車でも必ずこの結果が反映されるとは思いませんが、近い結果になるのではないかと思います。クリーナーを使ったときのデポジットの落ち方も未施工面よりも良く、有効性が確認できました。

販売店のほうでも耐久性は売りにしていませんが、クリーナーを使うと撥水はかなり落ちます。安価で施工も簡単なことから、この辺はデメリットではなく「短期使い捨て被膜」と考えて使用したほうがよさそうです。

当実験の結果についての性能に関しては環境(保管状態・天気・地域公害・汚染状態)によって大きく異なるため参考程度に考えてください。

以上ファインクリスタルの耐イオンデポジットに関する実験検証結果でした。

スポンサード リンク