Rクリスタル耐イオンデポジット


スポンサード リンク



シラン系ガラスコーティング、リアルクリスタルの耐イオンデポジット比較実験に関して

■リアルクリスタルの耐イオンデポジット検証の様子

実験前のパネル温度 以下の内容は耐イオンデポジット性能比較のリンク先に基づいてリアルクリスタルの実験をさせていただきます。

霧吹きにて汲みたての水道水を加水する前に加熱した実験パネルの温度を測定しておきます。当実験のパネル温度は81.5℃です。(同時実験G-hard等)
イオンデポジット固着の様子 霧吹きで噴霧していますのでどんな面でも必ず撥水のような状態になってしまいご覧のような水垢の痕が付いてしまいます。

酷い状態ですが心なしか施工面(右側)のほうが輪郭がハッキリしてデポジットのつきが激しい気もします。輪の大きさの違いはありますがG-hardと同じような状況です。
未施工面水洗い後 水洗い洗車を想定した水拭きを行いましたがやはり完全にデポジットは取れてはくれません。いい感じでLEDの光がイオンデポジットを浮き上がらせています。

未施工だと、このくらいは水道水放置乾燥で付いてしまうということです。しかしながらこれでも通常の屋外で確認した程度ではほとんど分からないレベルです。
施工面水洗い後の様子 こちらも水洗い後です。光の加減も有りますが未施工部よりも輪郭がハッキリとしており強力に固着してしまっています。

この実験開始までには十分な硬化安定期間があり、施工から1ヶ月以上屋内で保管しています。やはり落ちないデポジットが全面にびっしりです・・・。
アルカリクリーナー使用後 アルカリ系水垢クリーナーなら落ちるかと思い試してみましたが、これはまたG-hardと同様にほとんど変化が見られません。

やはりアルカリ+キレート系の水垢クリーナーでも被膜との相性?で効果が十分に発揮できないということも十分にあるようです。未施工面はこれでほとんど除去出来てしまうのです。
酸性系クリーナー使用後 常温硬化型のタイプは特例として酸性系のクリーナーを使ってみることにしました。

市販の硬化型コーティングの老舗「カーシャイン」のRE-20を使用させていただき放置時間はほとんど無しの10秒前後。塗って拭き取ったところご覧のとおりです。

まさに適材適所とはこのこと?目的によってケミカルを使い分けることの大切さを知りました。


リアルクリスタルの耐イオンデポジット比較実験総合評価

G-hardに関しては以前耐イオンデポジット実験を行ったのですが、その時の結果を同系リアルクリスタルと比較するための実験を未実施のまま今に至り、やっと現実のものとなりました。

同じ常温硬化型で硬化スピードや状態が酷似した両コーティング剤だけに結果はどう出るのか?と思っていましたがやはり結果的にはG-hard同様にイオンデポジットの状態は酷く、水洗いや、アルカリ・キレート系水垢クリーナーでも歯が立たない状態になってしまいました。

耐イオンデポジットの状態だけを考えると敬遠してしまうコーティング剤ですが、透過率が高い被膜ゆえのオリジナルカラーを損ねない硬質感のある艶と他の追従を許さない耐久性は他のコーティング剤にはありません。

特に耐久性に関してはカーワックスはもちろんですが、ガラス繊維系コーティングをも大きく引き離す性能だと思います。被膜は限りなく薄いものの耐鉄粉・物理摩擦にも通常のコーティングより高い性能が感じられます。

実際問題実験結果的には散々なものなのですが実際の使用ユーザーレビューでは意外や意外。なぜかデポジットに困っているという意見はあまり聞きません。水道水を放置乾燥させなければ、雨ではこういった現象はあまり起こりえないのかもしれません。

逆に洗車時には気をつけないと、ほぼ間違いなくこういった状態になってしまいますので、洗車時の拭き取りは乾燥前に手早く行い、高温時の水分には気をつけたいところです。

しかしながら最近では酸性系の使い勝手のいいクリーナーを見つけまして新たな可能性を見出していましたのでRE-20というシリカ系の汚れにめっぽう強い酸性クリーナーを使用してみました。

結果はと言うと見ての通り予想以上の結果で綺麗さっぱり取れました(6枚目の画像)。除去率は9割以上で使い方によっては100%除去も可能かと思います。この辺の反応もg-hardとほぼ同様です。

他の除去方法としては超微粒子研磨剤入りシャンプーを使用して物理的に削り落とすという手段がありますが、濃色車の場合は非推奨でギラツキが出ないとは言い切れません。また月に5回以上洗車の頻度がある場合は毎回使うには適していません。

ちなみに今回の実験はデポジットの認識力を高めるために今回の実験では色温度の高い5500K(ケルビン)相当の高照度LEDライトをほぼ水平(光入射角5度前後)照射して、パネルを正面にして確認しています。この確認方法がもっともイオンデポジットを認識できます。

今回のイオンデポジットに関しては若干の隆起があったため屋外自然光でも確認できる位の程度になってしまっていましたが、未施工面に関しては他の実験の時と同条件で大して目立たない状態でした。

どちらにしてもシラン系硬化型は水道水と反応しやすく、特にミネラル分が多い水質の井戸水などを使用した時に高温乾燥して出来てしまったイオンデポジットは、かなり強烈なのでメンテナンスできるケミカルがあるにしても十分に注意してください。

未施工面との比較など

未施工面に関しては水洗いで6割除去程度にとどまっています(画像3枚目確認)、しかしながら施工面に関しては未施工面より激しく取れにくい状態で3割程度の除去率という感じでしょうか?水垢落としを使った後も3割5分程度になったかな?と言う程度で変化に乏しかったです。

なぜ未施工面より悪くなってしまうの?と感じられるかと思いますが事実被膜の相性の問題からか、耐イオンデポジットに関する性能は「当実験内容で行うと」悪くなってしまいます。

考え方的にはガラスに付いた雨染み、塗装に付いた雨染み、同じクリーナーを使って除去するとしたらどちらが大変でしょうか?と考えたときに大抵のユーザーさんならガラスの雨染み(デポジット)は厄介だと認識しているです。

同じ環境なのに?なぜ固着状態が異なるのか?と言う部分で考えたとき「素材」の違いが有ります。このケースですとガラスと塗装の違いが有りますが、シラン系の硬化型はきわめてガラスに近い状態の被膜を作り上げるため「付くと厄介」な状態になってしまうのかもしれません。

当実験の結果についての性能に関しては環境(保管状態・天気・地域公害・汚染状態)によって大きく異なるため参考程度に考えてください。

以上リアルクリスタルの耐イオンデポジット検証の結果です。

スポンサード リンク