新ポリラック耐イオンデポジット検証


スポンサード リンク



樹脂系コーティング、新ポリラックの耐イオンデポジット比較実験に関して

■新ポリラックの耐イオンデポジット検証の様子

実験中のパネル温度 以下の内容は耐イオンデポジット性能比較のリンク先に基づいて新ポリラック・カープロテクトの実験を開始いたします

霧吹きにて汲みたての水道水を加水する前に加熱した実験パネルの温度を測定しておきます。当実験のパネル温度は81.5℃です。
施工面・未施工面のデポジットの様子 霧吹きで噴霧していますのでどんな面でも必ず撥水のような状態になってしまいご覧のような無残な水垢の痕が付いてしまいます。これは実験のためなので故意です。

水の付き具合は噴霧によるムラもありますが意外とポリラックの撥水が強く出てしまいデポジットも結構強烈っぽい印象に。
未施工面水洗い後の様子 水洗い洗車を想定した水拭きを行いましたがやはり完全にデポジットは取れてはくれません。いい感じでLEDの光がイオンデポジットを浮き上がらせています。

未施工部分のイオンデポジットは、いつもと変わりない様子です。温度が若干高かった影響か、若干落ちが悪いような気がしなくも無いです。
施工面水洗い洗車後 こちらも水洗い後です。ぱっと見た感じでは未施工部分よりも酷く感じてしまいますが撥水してしまい綺麗な輪状になってしまい思いのほか目立つ感じになってしまいました。

水滴1個辺りの水量が多くなりがちな撥水被膜ですがポリラックは実車では結構流れも良く「疎水」~「親水」だと思いましたが施工環境が良すぎたのが仇となったのか・・・
施工面・水垢クリーナー使用後の様子 アルカリ系水垢クリーナーを試してみたところ、さすがはポリラック。あれだけハッキリと残っていたイオンデポジットがかなり除去できました。まだ被膜を感じますので何度か繰り返せば被膜と共に除去できそうな印象は持ちました。

きっちりと犠牲被膜的な役割はしてくれているようです。


ポリラック・カープロテクトの耐イオンデポジット比較実験総合評価

個人的に耐イオンデポジットに関する性能ではTOPクラスでは?と予想していましたが、付きにくさに関してはそうでもなく、落ちやすさに関しては予想以上でした。

実験パネルは乾式2度塗りで屋内保管していましたし、フラットパネルなので水も流れず、おまけに超高温ということで、特に熱の影響からかイオンデポジットは結構目立ってしまっていました。

通常雨が降ればある程度流れますが当実験はフラットパネルなので、熱で被膜に影響が出る、例えば溶解した場合などそのまま乾燥することになります。今回はそういった現象が起きた可能性があります

ただしアルカリ系水垢クリーナーを使った後の画像を見ていただくと分かるかと思いますが、クリーナー使用時の取れやすさに関しては、かなり良かったです。(水洗いでは残念ながら落ちは良く無かったです)

他の除去方法としては同社洗車の王国取り扱いの超微粒子研磨剤入りシャンプーを使用して物理的に削り落とすという手段があります。

ポリラック自体が超微粒子系の感覚がありますので、もしかするとポリラックを上から施工すればイオンデポジットがある程度除去できてしまったり・・・などとも考えましたが、実際に研磨剤入りのシャンプーよりは落ちなかったです。

ポリラックは重ねて、クリーナーを使わない洗車ばかりすると、被膜が軟性で厚みが出るせいなのか汚れを取り込む傾向も見られます。ワックスほどではないですが、少し似た感じになります。これを考えると超微粒子入りのシャンプーは適しているかもしれません。

ちなみに今回の実験はデポジットの認識力を高めるために今回の実験では色温度の高い5500K(ケルビン)相当の高照度LEDライトをほぼ水平(光入射角5度前後)照射して、パネルを正面にして確認しています。故意にデポジットが目立つ照射で分かりやすく浮き出させています。

よって、かなり付着しているように見えますが、水拭きしたあとは実際問題屋外の光では良く見ないと分からない程度にはなっています。

未施工面との比較など

未施工面に関しては水洗いで6割除去程度にとどまっています(画像3枚目確認)、施工面に関しては体感5割程度で未施工面よりも悪い感じが否めません。

しかしながら未施工面と比較して、クリーナー使用後は逆転しており80~85%の除去率で、何度か掛けることにより90%を超える除去率を出すことが出来そうです。これは被膜の賜物で未施工部分はクリーナーを使っても研磨剤を使わない限り一定以上は落ちません。

結果として水洗い後の見た目が未施工部分を下回ってしまったのは残念では有りますが、正直実験の特性による悪影響をもろに受けてしまったとも思います。

性能擁護してしまっては実験結果に公平性がなくなってしまうとは思いますが、実車使用時に特にデポジットに対する不満は有りませんでした。しかしながら、もしかすると真夏の瞬間的な通り雨の時には思わぬデポジットが出来てしまうかも?とも感じる結果でした。

当実験の結果についての性能に関しては環境(保管状態・天気・地域公害・汚染状態)によって大きく異なるため参考程度に考えてください。

以上が新ポリラック・カープロテクト の耐イオンデポジットに関する実験検証結果でした。


スポンサード リンク