This page:洗車コーティング実験室 TOP > 自動車コーティング剤比較実験 > カーラックの評価 > カーラックの耐イオンデポジット検証

カーラックの耐イオンデポジット検証


スポンサード リンク



樹脂系コーティング、カーラックの耐イオンデポジット比較実験に関して

■カーラックの耐イオンデポジット検証の様子

ポリラックシリーズのテストパネル温度 以下の内容は耐イオンデポジット性能比較のリンク先に基づいてカーラックの実験を開始いたします

霧吹きにて汲みたての水道水を加水する前に加熱した実験パネルの温度を測定しておきます。当実験のパネル温度は81.5℃です。
施工面・未施工面の比較 霧吹きで噴霧していますのでどんな面でも必ず撥水のような状態になってしまいご覧のような無残な水垢の痕が付いてしまいます。これは実験のためなので故意にこういった状態を作っています。

ポリラック同様に撥水が思いのほか強く、輪状の染みは比較的くっきり残ってしまった印象。
未施工面水洗い洗車後 水洗い洗車を想定した水拭きを行いましたがやはり完全にデポジットは取れてはくれません。いい感じでLEDの光がイオンデポジットを浮き上がらせています。

未施工部分のイオンデポジットは、いつもと変わりない様子です。温度が若干高かった影響か、若干落ちが悪いような気がしなくも無いです。
施工面水洗い洗車後 こちらも水洗い後です。やはり未施工部分よりも酷く感じてしまいます。ポリラックの実験で感じた印象はそのままカーラックにも反映されています。

水滴1個辺りの水量が多くなりがちな撥水被膜ですが、ポリラック同様カーラックも「疎水」~「親水」で、滞留はしにくいような被膜だった気がします。
施工面水垢クリーナー使用後 アルカリ系水垢クリーナーを試してみたところ、全実験のコーティング剤の中で一番効果覿面だった気がします。水洗い後の除去率は50%くらいだったのに対してクリーナー使用後は90%以上の除去率になっています。

まさに犠牲膜と言った感じで、恐らく被膜とともに消えてしまったと思われます。


カーラックの耐イオンデポジット比較実験総合評価

ポリラック・エアロプレーンと同時に実験したカーラックですが、ポリラック同様に水洗い後のイオンデポジットは未施工部分より激しいと言う結果になりました。

推測としては2度塗りして厚くなった被膜表面が高温と水分で溶け出したまま、滞留する状態になっているテストパネル上でそのまま蒸発した為、酷い状態になったものだと思われます。

ただしアルカリ系水垢クリーナーを使った後の画像を見ていただくと分かるかと思いますが、クリーナー使用時の取れやすさに関しては秀逸で、水洗い後からクリーナー使用後の変化は全コーティング中でも1番良かったのでは?と思っています。

他の除去方法としては同社洗車の王国取り扱いの超微粒子研磨剤入りシャンプーを使用して物理的に削り落とすという手段があります。

実験でも感じていますがカーラックの研磨性は、ただ単にコーティング剤のクリーニング効果というわけではなく、研磨剤、もしくは攪拌のために用いられているフッソ樹脂やシリカパウダーなどの微粒子物質が研磨効果を出しているものと思われます。

よって研磨系のものを事前に前処理として使用するのは定着効果などを高める良い手段ではないかと感じます。ただし、水垢クリーナーでこれだけの効果が出てしまっており、被膜のリセットもクリーナーである程度できるのでは?とも思いますのであえて研磨系を使用する必要は無いとも言えます。

気になった時には研磨剤の力を借り、それ以外では使わないと言うのがバランスの取れた1番のデポジット対策方法かもしれません。

ちなみに今回の実験はデポジットの認識力を高めるために今回の実験では色温度の高い5500K(ケルビン)相当の高照度LEDライトをほぼ水平(光入射角5度前後)照射して、パネルを正面にして確認しています。故意にデポジットが目立つ照射で分かりやすく浮き出させています。

よって、かなり付着しているように見えますが、水拭きしたあとは実際問題屋外の光では良く見ないと分からない程度にはなっています。

未施工面との比較など

未施工面に関しては水洗いで6割除去程度にとどまっています(画像3枚目確認)、施工面に関しては体感5割程度で未施工面よりも明らかに悪い感じでハッキリとデポジットが浮いてしまっている感じです(屋内光源)

しかしながら未施工面と比較して、クリーナー使用後は圧巻の90%~95%の除去率で屋内でも高照度の光源を使わないと確実に見えないレベルです。クリーナー使用時の落ち方、これは明らかに未施工面と比較して良好でした。

結果として水洗い後の見た目が未施工部分を下回ってしまったのは残念では有りますが、正直実験の特性による悪影響をもろに受けてしまったとも思います。これはポリラックシリーズに限ったことではなく撥水性質の高い製品全般ですが、ポリラックは性能が高いと思っていた分、余計にそう感じました。

実験状況としては真夏に走行後、キンキンに暑くなったボディーに一瞬の通り雨が・・・というシーンが思い浮かびますが、実際はソレよりも悲惨で実験に使っているのは汲み置きしてない水道水。雨は塵が混じりますが一応蒸留水なので、考え方によっては実験は凄く過酷です。

当実験の結果についての性能に関しては環境(保管状態・天気・地域公害・汚染状態)によって大きく異なるため参考程度に考えてください。

以上がカーラック(ナノテック)の耐イオンデポジットに関する実験検証結果でした。


スポンサード リンク