ゴム部品のメンテナンス


スポンサード リンク



ガラスラン・ヘッドモールディング、ウェザーストリップなどゴム部品のメンテナンス

ゴム部品の洗車・艶だしメンテナンスに関して

近年のゴム素材の弱さ

近年のゴム部品は1990年代に使用されていたゴム部品とはかなり品質が落ちてきてしまっていることに気が付いているのはユーザーだけではなく整備士はもちろん、メーカー自体も認識していると思います。

単純に品質変化によるものと斬り捨てられないのが現状で、ただ単に単価を落としたために品質低下をしたのでは?と言う点とリサイクルやエコを意識し出してから使用されるゴム部品の材質があきらかに一新しました。

主に変形などの不具合が多くなってきたのは、環境対策ゴム材質になってからです。環境対策のはずがクレーム多発では笑えない現状ですが、おおむねそのように感じており、強度のみならず耐薬品性も大きく落ちているように感じます。

ゴムの保護に使うケミカル・油脂は樹脂パーツの数倍気を使う

全体を見渡した時に車がキレイに見えるポイントとして各ゴムパーツが黒光りしているとかなり印象が違います。ボディはピカピカなのに、ウェザーストリップやモールディングがくすんで見えると、余計に際立って汚く見えてしまいます。

ですがただ艶出しの為に溶剤を含む製品を使ってしまうと逆に劣化を早めたり、膨潤・変形をしたり、タイヤで言えばヒビ割れの早期化をしてしまったりする可能性があります。これは自動車内装に使用されている樹脂に置いてもそうですが、ゴムパーツは樹脂の数倍デリケートで影響が出やすいです。

上記でも解説したように近年のゴムの耐薬品・耐溶剤性能には少々がっかりです。さらに言わせてもらうと自動車メーカーによって、その中でも車種によって品質がさらに異なります。しかしながらユーザーサイドでは自分の車がどのくらい弱いか?というのは分りません。

ですからゴム製品を侵す性質のある石油系を含むあらゆる溶剤系に関しては保護剤としても勿論、洗浄などのクリーニングにも使用厳禁としたほうがいいと思います。

自動車に使用されるゴム部品の素材と耐性(参考)

自動車のウェザーストリップなどに使用される大半を占めるゴム部品は、CR(クロロプレンゴム)が使用されています。しかしながら各メーカーの品質が異なるのはコスト減のために工夫をしているか、リサイクル性向上のため異なった素材を使っているかの、いずれかだと思います。

CRが使われているというのは、あくまで適していて自動車用の内外装ゴム部品のベースになっているという観点からです。参考までに耐薬品・アルカリ・酸についての情報です。

耐紫外線・オゾンなどに関しては良。アルカリに関しては優。酸に関しては良。強酸や温度によって少し耐性が落ちる。耐ガソリン系溶剤に関しても良。

というようにCR自体の性質は非常に良好なのに、実際の自動車に関して見てみると本当に良好な性質が反映されているかというと微妙です。ですから当ページゴム部品のメンテナンスに関しては実車を見た判断を下し、一般的に使用されている素材の性質を若干無視した指南をしています。


ゴム部品のメンテナンス方法

ゴム素材のデリケートさを分かっていただいたところで、そのクリーニング方法と艶出し・保護方法に関して解説を進めていきたいと思います。

洗浄に関しては強い洗剤や溶剤が一切使えないので、お湯で絞ったクロスか、汚れがひどい場合は中性洗剤を薄めたものを使用します。ボディー用のカーシャンプーで濃縮カーシャンプーなどを持っていれば希釈した洗剤で絞って使ってください。

基本的には洗剤の洗浄分に頼らず、使用する水の温度を少し上げてやるなどの手法で汚れ落としを促進してやる方法が良いかと思います。絞れる温度を考えても50℃前後が適当かと思います。

ちなみに完全に外部に露出していて洗車と一緒に出来る部分に関してはそのまま洗車と一緒に洗ってしまって構いません。

使用する保護剤は樹脂パーツと同じくシリコン系主体の艶出し・保護剤が良いかと思います。クリーニング成分として石油系溶剤や界面活性剤は出来るだけ含まない製品が望ましく、突き詰めるとガラス繊維系が良かったりします。

樹脂メンテナンスと同じ説明になりますが、IPA溶剤の入った零三式シリーズ、※ナノガラスブラックは使えないことはありませんがお奨めではないです。界面活性剤入りのアクアクリスタルやPG1シルバーも非推奨、ゴールドグリッタープレストコートはエマルジョン化されていますが石油系の濃度が高めなので非推奨です。

こうやって考えると無難な線がブリスXクリスタルガード・ワンになります。リッチな人はクリスタルガード・プロという選択肢も有りです。プロに関してはやはりかなり良好な艶の部類です。※ナノ黒ゼウスになってから樹脂メンテナンスにも最適化しました。

(注)ブリスはPH試験で弱アルカリ性を確認していますが、素材に塗り込んで拭き取り(通常施工)を行った後に残るアルカリは僅かで素材自体は微弱なアルカリになりますが数日でアルカリの反応がほとんど消えます。


スポンサード リンク