This page:洗車コーティング実験室 TOP > 自動車コーティング剤比較実験 > プレストコートの評価 > プレストコートの耐イオンデポジット検証

プレストコートの耐イオンデポジット検証


スポンサード リンク



ガラス繊維系コーティング、プレストコートの耐イオンデポジット比較実験に関して

■プレストコート耐イオンデポジット検証の様子

pre-cg-n1.jpg 以下の内容は耐イオンデポジット性能比較のリンク先に基づいてプレストコートの実験を開始いたします

霧吹きにて汲みたての水道水を加水する前に加熱した実験パネルの温度を測定しておきます。当実験のパネル温度は81.0℃です。
イオンデポジット比較画像 霧吹きで噴霧していますのでどんな面でも必ず撥水のような状態になってしまいご覧のような無残な水垢の痕が付いてしまいます。これは実験のためなので故意にこういった状態を作っています。

プレストコートはブリス、CG1のような代表的なガラス繊維系コーティングと比較して撥水が強いためこの辺りの影響がどう出るか。
未施工部分水洗い洗車後 水洗い洗車を想定した水拭きを行いましたがやはり完全にデポジットは取れてはくれません。ちょっと映りが甘かったようですが・・・。

丸いイオンデポジットの跡が確認できるかと思います。未施工部分のイオンデポジットは、いつもと変わりない様子です。除去率はやく6割程度です。
施工部分水洗い洗車後 こちらも水洗い後です。撥水被膜の割に未施工部分よりもデポジット除去率が高い買ったのが印象的です。

水滴1個辺りの水量が多くなりがちな撥水被膜なので、疎水・弱撥水被膜よりもやはり丸い跡が目立ってしまう感じがありますが除去率そのものは悪くない感じです。
アルカリクリーナー使用後 アルカリ系水垢クリーナーを試してみたところ、効果覿面とは言えませんがかなり目立たなくなりました。撥水性のせいで丸く目立ちますがかなり薄い印象です。

撥水は初期の物で、経過とともに水滴接触角度が落ちてくれば乾式のガラス繊維系と同じくらいの耐デポジット性能かもしれません。


プレストコートの耐イオンデポジット比較実験総合評価

ブリス・CG1とは若干異なった立ち位置のガラス繊維系コーティングであるプレストコートですが、耐イオンデポジット性能としては良好な感じなのですが、その初期撥水性の被膜が影響してか目立つ感じは否めませんでした。

やはりこれは撥水する被膜の永遠のテーマという感じで丸い跡が綺麗に残ることによって視覚的に認識しやすくなるというのは避けられません。同じレベルで残っていても特にガラス繊維系の乾式施工じに見られるような初期の撥水状態(大きくつぶれた崩れた水滴)はついても非常に認識しにくいという特性を持っています。

プレストコートの場合はクリーニング効果もありますので、その界面活性剤か石油系のクリーナーの影響からか初期には排水性の高い撥水状態になります。排水性が高いため状態としては良い撥水なのですが、当実験の環境は非常に悪い状態を想定しています。

一切水の掃けないフラットの状態で、なおかつスプレーの噴霧で水滴をできやすくして試験しています。これは最も悪い環境・状況をなるべく再現したいからです。この状態で試験するとやはり幾分目立つイオンデポジットは水洗い後でも残ります。

アルカリ系水垢クリーナーを使った後の除去率もそれほど大きなものではありませんが除去効果は確認できました。正直除去率だけで言えば85~90という感じでLEDを当てなければほとんど見えません。ただ見えた時に丸く綺麗なんので目立ちやすい印象です。

他の除去方法としては同社洗車の王国取り扱いの超微粒子研磨剤入りシャンプーを使用して物理的に削り落とすという手段があります。この場合は濃色の車では加圧に注意して使用しないと微細な傷が目だと可能性がありますがほぼ100%除去が可能です。

未施工面との比較など

未施工面に関しては水洗いで6割除去程度にとどまっています(画像3枚目確認)、施工面に関しては体感的には未施工部分と変わりませんが、実際のところ目立ちやすさを無視すれば70~75%の除去率です。

実はこの実験に関しては若干映りが甘かったようで結果が分かりにくくて申し訳ないです。結果の詳細はこのテキストで書いている通りなのでご了承ください。申し訳ありません。

ポリラックの実験でもそうでしたが初期で撥水性をもつ被膜に関しては未施工部分よりも悪い結果が出てしまう傾向にありましたがプレストコートに関しては撥水性にも関わらず未施工部分に劣ることはありませんでした。

考えてみれば耐イオンデポジットの試験は夏の最高温度状況下での通り雨→その後晴天という設定です。撥水性のコーティングの多くが持つ石油系性質による撥水ならば残留油分が溶解するのは容易な温度です。

そういった背景から悪い結果が出てしまい、クリーナー使用後の除去率が異常によかったりするのかもしれません。その点プレストコートは結果が異なったので残留している油分?クリーナーの影響は少ないのかな?とも思います。

ですからプレストコートの場合はクリーナーを使っても除去率の向上は75→85%と言った感じです。しかしながら未施工面と比較してもクリーナー使用後は明らかに薄く感じられます。

当実験の結果についての性能に関しては環境(保管状態・天気・地域公害・汚染状態)によって大きく異なるため参考程度に考えてください。

以上がプレストコートの耐イオンデポジットに関する実験検証結果でした。


スポンサード リンク