This page:洗車コーティング実験室 TOP > 自動車コーティング剤比較実験 > クリスタルシールドの評価 > クリスタルシールドの耐イオンデポジット検証

クリスタルシールドの耐イオンデポジット検証


スポンサード リンク



シュアラスタークリスタルシールドの耐イオンデポジット比較実験に関して

■クリスタルシールドの耐イオンデポジット検証の様子

パネル温度 以下の内容は耐イオンデポジット性能比較のリンク先に基づいてクリスタルシールド の実験をさせていただきます。

霧吹きにて汲みたての水道水を加水する前に加熱した実験パネルの温度を測定しておきます。当実験のパネル温度は81.0℃です。
クリスタルシールド未施工部分との比較 霧吹きで噴霧していますのでどんな面でも必ず撥水のような状態になってしまいご覧のような水垢の痕が付いてしまいます。

クリスタルシールドは撥水が売りの製品なので撥水はやはり強め。ということで水滴接触角度は大きく、乾いた後のデポジットはくっきり残りました。
未施工部分水洗い後 水洗い洗車を想定した水拭きを行いましたがやはり完全にデポジットは取れてはくれません。高照度のLEDで照射するとイオンデポジットが浮き出します。

未施工だと、このくらいは水道水放置乾燥で付いてしまうということです。恐るべし水道水です。しかしながら遠くから見た感じや、日中の屋外だとほとんど分かりません。
クリスタルシールド施工部分の水洗い後 こちらはクリスタルシールド施工部分を水洗い洗車を模した水拭きを行った後の様子です。

未施工部分よりも若干輪郭がはっきりしています。これは撥水性につき水滴一つ辺りの水量が多いため残留物も多く、デポジットもはっきりしてしまう典型パターンです。
施工部分アルカリクリーナー使用後 左の画像がアルカリ系水垢クリーナーを使用した後のパネルです。効果覿面だったようで、撥水被膜も若干落ちましたがデポジットも除去できました。

除去率は85%程度と言ったところ。光の加減でやはりはっきり見えてしまう部分も存在します。

時代がコーティング剤にシフトしてきたのを感じたのか、シュアラスターが満を持して登場したクリスタルシールドですが、位置付け的にはリキッドワックスなのかコーティング剤なのか微妙なところ。乾かして拭き取らなければならない点も考えるとやはりワックスか・・・。

ということで耐デポジット実験の結果ですが、例にもれず撥水被膜らしい結果となり、水洗いのみの場合は未施工部分よりもイオンデポジットが目立ってしまうという結果でした。

しかしながらワックスのような被膜が捨て膜となって上手く機能しているためか、アルカリ系のクリーナーを使用した後は、驚くほど除去が出来てしまいました。ただしやはり輪郭がハッキリしているデポジットが付いてしまっている影響で若干目立ってしまう部分も存在します。

やはり被膜の性質はワックスに近いような印象で、汚れの吸着がワックスよりも若干弱く、防汚性能に優れたワックスという感じも見受けられますので、メンテナンス方法としてはワックスと同じ方法でもいいのでは?という感じです。

要はデポジットや汚れ除去の度に被膜を入れ替えるために超微粒子研磨剤入りシャンプーを使う、または同社シュアラスターのスピリットを使っても相性的に問題はないのではないかと思います。

実のところ、この実験では撥水をするコーティング剤(特に水滴接触角度が大きいもの)に関しては例に漏れず、あまりいい結果が出ていないのですが、ワックスに近いということで捨て膜がどの程度機能するか?を検証する目論見もありました。

私の考えとして、もしかしたら油性で厚めの膜は防汚性能には不利でも、デポジットはうまく被膜で防御できるのでは?という理論があったからです。

しかしながらやはり水洗いで取れるようなデポジットではなく、クリーナーを使用しなければ落ちないという結果でした。ただクリーナーを使用すれば硬化系のコーティング被膜なんかよりは優位な状態であると感じました。

ちなみに今回の実験はデポジットの認識力を高めるために今回の実験では色温度の高い5500K(ケルビン)相当の高照度LEDライトをほぼ水平(光入射角5度前後)照射して、パネルを正面にして確認しています。故意にデポジットが目立つ照射で分かりやすく浮き出させています。

よって、かなり付着しているように見えますが、水拭きしたあとは実際問題屋外の光では良く見ないと分からない程度にはなっています。

未施工面との比較など

未施工面に関しては水洗いで6割除去程度にとどまっています(画像3枚目確認)、施工面に関しては体感5割程度の除去で未施工部分よりもひどく見えます。実際に白く残っている部分も多かったです。

ただクリーナー使用後には「コーティングの効果」を確認できるほどの差が出ており、丸く目立ちやすいデポジットにもかかわらず光の加減次第で少し見える程度まで除去出来ていました。未施工部分7割除去に対し、施工部分は8.5割除去と言った感じです。

当実験の結果についての性能に関しては環境(保管状態・天気・地域公害・汚染状態)によって大きく異なるため参考程度に考えてください。

以上シュアラスター・クリスタルシールドの耐イオンデポジット検証結果でした。


スポンサード リンク