This page:洗車コーティング実験室 TOP > 自動車コーティング剤比較実験 > ピンクダイヤモンドの評価 > ピンクダイヤモンドの耐イオンデポジット検証

ピンクダイヤモンドの耐イオンデポジット検証


スポンサード リンク



ピンクダイヤモンドの耐イオンデポジット検証の耐イオンデポジット比較実験に関して

■ピンクダイヤモンドの耐イオンデポジット検証の様子

テストパネル温度 以下の内容は耐イオンデポジット性能比較のリンク先に基づいてピンクダイヤモンド の実験をさせていただきます。

霧吹きにて汲みたての水道水を加水する前に加熱した実験パネルの温度を測定しておきます。当実験のパネル温度は81.0℃です。
施工部分・未施工部分比較 霧吹きで噴霧していますのでどんな面でも大抵は水滴が出来てしまいますが、乾式施工のガラス繊維系コーティングの初期はこんな感じ(パネル右側)に水滴が広がります。

実際にはデポジットは出来ているのですが丸くないので目立ちにくいという状態で、これは傷んでしまって親水化した塗装も同様です。実は付いています。
未施工部分水洗い洗車後 水洗い洗車を想定した水拭きを行いましたがやはり完全にデポジットは取れてはくれません。高照度のLEDで照射するとイオンデポジットが浮き出します。

未施工だと、このくらいは水道水放置乾燥で付いてしまうということです。除去率約60%。しかしながら遠くから見た感じや、日中の屋外だとほとんど分かりません。
施工部分水洗い洗車後 水滴が広がっていたので水洗い洗車を模した水拭きで簡単に取れるかと思いきや・・・御覧の通り残るには残ります。

しかしながら丸い水滴じゃないので一見付いていないようにも見えます。LEDのような白色光で角度を変えてみないと見えないでしょう。
クリーナー使用後 左の画像がアルカリ系水垢クリーナーを使用した後のパネルです。ピンクダイヤモンドの初期艶が凄かったので艶引けしましたが若干デポジットは残ったものの、ほとんど分かりません。

除去率は90%と言ったところですが、せっかく被膜特性が良かったので水洗いでもう少し落ちてほしかったという感じはします。

ピンクダイヤモンドの耐イオンデポジット比較実験総合評価

乾式・湿式両方の仕上げが可能なピンクダイヤモンドですが、当実験では乾式で出来るものは乾式で、湿式瀬古王の製品は半湿式で実験していますのでピンクダイヤモンドは乾式施工です。(しかしながら実施工ではピンクダイヤモンドの乾式施工は非常にムラになり易い)

二枚目の写真を見ると初期段階では水滴がかなりつぶれて拡散することが確認されていますが、乾式施工のガラス繊維系であるPG1ブラックやナノ黒などもほぼ同様の状態になります。

よって見ての通り目立ちやすいか目立ちにくいか?と言えば後者の方で丸くならないため目立ちにくいと言えます。しかしながら付くものはしっかり付いており、これを考えると撥水・親水というのは本当の意味でボディーを保護する機能と関係してくるか微妙です。

水洗いを模した水洗い洗車後では薄くなった感じはあるものの、LEDで照射するとやはりそこには、イオンデポジットの跡がしっかり刻まれています。ただレベル的には「非常に目立ちにくい」という印象です。目視感覚の除去率で言えば85%くらい落ちているように思います。

しかしながら丸い跡で複数残っていれば除去率70%と判断してしまうかもしれません。結局のところ除去率は目視の感覚で判断しているので、デポジットの形が大きく不規則な場合は「あまり付いていないように見える」と高めに判断してしまいます。

続いてアルカリ水垢クリーナー使用後の状況ですが、乾式で施工したピンクダイヤモンドの艶がひけてしまったように感じられますが、結構除去できました。不規則かつ、コレだけ落ちてしまえば特殊光源下でよく確認しない限り発見すら困難でしょう。


しかしながら私はこのガラス繊維系のデポジットの見えにくさに警鐘を鳴らしたいです。付くイオンデポジットの形がいびつで薄く見えにくいため、ついつい重ね塗りでデポジットを強固な方向に育ててしまう傾向にあるということです。

育っているのは被膜ではなく「イオンデポジット」の方では?ガラス繊維系コーティングの販売メーカー他販社の方でも重ね塗りを推奨している節があるので、このような事態が増えてきているのではないかとは思います。ワックスよりも頻度は低くて済みますが定期的な剥離を伴うメンテナンスは必須だと思います。

要はデポジットや汚れ除去の度に被膜を入れ替えるために超微粒子研磨剤入りシャンプーを使う、または研磨系が苦手ならアルカリ系水垢クリーナーなどを定期的に使用するなどの対応が好ましいということです。

未施工面との比較など

未施工面に関しては水洗いで6割除去程度にとどまっています(画像3枚目確認)、目立ちにくさで言えばかなり目立たないのですがデポジットの輪を観察すると決して薄いものではないので何とも言い難いです。キレイな丸だったら未施工部分よりも落ちにくいと判断するかもしれません。

ただクリーナー使用後には明らかに犠牲膜として働いていた様子で、デポジットも比較的きれいに落ちました。体感9割前後の除去率です。その後の付き具合も気になりますが、初期の犠牲膜としての機能は果たせていると思います。

当実験の結果についての性能に関しては環境(保管状態・天気・地域公害・汚染状態)や施工方法などによって大きく異なるため参考程度に考えてください。

以上ピンクダイヤモンドの耐イオンデポジット検証結果でした。


スポンサード リンク