G-hardの総合評価と得点


スポンサード リンク



硬化系ガラスコーティング・G-hardの総合評価と得点の公開

■G-hardの評価得点と所感

以下管理人のお気に入り度も含めた、g-hard に対する10項目の評価点数と撥水特性を挙げさせていただきます。(実験結果とはいえ独断と偏見がありますので、あくまで参考程度にお考えください)

艶(視覚的艶感の大きさ) 6 薄膜かつ透明度の高い被膜なのでガラス繊維系コーティングや固形ワックスのような艶は出ませんが、独特の質感が出ます。好みが分かれるところでしょうが好きな人は好きなはずです。

実験に関するリンク:艶に関しての比較検証を参考にしてください。
耐久性 9 シラン系硬化型は限りなく薄膜ですが、モノマーならではの塗装浸透膜が存在する?のか耐久性はやたらと高いです。屋内保管の耐久性重視ならかなり使える部類だと思います。

実験に関するリンク:耐久性検証を参考にしてください
重ね塗り適応度 5 硬化系の被膜こそ重ね塗りが効果的?かと思ったのですが透明被膜だからか?定着不良か分りませんが光沢度向上につながるような有効性は目立ってありませんでした。

重ね塗り効果比較に重ね塗りの効果測定の結果があります。
初期耐イオン
デポジット性能
3 正直な感想として初期の耐イオンデポジット性能の悪さは隠せません。特に水道水放置乾燥は手に負えなくなるので十分に注意が必要です。酸性クリーナーが有効なので必須ですね。

関連項目は耐イオンデポジット検証を参考にしてください。
応用度・汎用性 5 IPAを多く含む溶剤ですし、IPA反応型のシラン硬化型は染み込む素材(ゴムや痛んだ樹脂・チョーキング塗装)などに厚塗りすると非常に割れやすいので汎用性は高くありません。しかしながら樹脂製品全般には使えないことはないです。

性質に関しては硬化(ガラス化)実験加水実験過熱実験をご覧ください。
施工性・
施工難易度
7 硬化系なので悪いと見せかけて、施工は簡単で短時間で仕上げることが可能です。ただし乾式オンリーなので拭き取り時の傷つきには注意。拭き取り忘れは結構厄介なのでリスクは、やはり付きまといます。
傷消し性能 6 元々コーティング剤の中では傷消し性能の高いガラス繊維系ですのでCG1も良好です。一昔前なら9をつけたいところですが、今となっては中の上という評価です。

G-hard傷消し性能で特定条件下での傷消し性能比較を行いました。
コスト
パフォーマンス
6.5 100mlで4500円ですから、施工回数を4回として1回あたり1100円ちょっとです。正直決して安くはないですが「硬化系」の耐久性を考えるとさほど悪くはないのか?判断に苦しみます。
メーカー対応
アフターメンテ用品
8 取扱店のアクアウィングさんは研磨関係の機器工具から揃えており、洗車の王国の品揃えには敵わないものの、玄人っぽい品揃えはナカナカの物で私もここのバフを購入したりします。

また掲示板での対応も非常に感じが良く、専門的な知識で完全にサポートしてくれる所に好感が持てます。ただ一つ残念なのが硬化被膜をメンテナンスする「酸のクリーナー」が無いことです。コレがあれば10にしたいところです。
管理人の
お気に入り度
6 取扱いがアクアウィングじゃなければ4くらいにしたいところですが、アクアウィングさんの店舗対応や品ぞろえに免じて6ということで。
撥水特性 弱撥水
~弱親水
持続
施工後初期は若干低撥水状態になりますが、流れが良い感じではないので水分滞留によるイオンデポジットに十分注意しましょう。

一定期間経過後、または数回洗車後には親水に近い状態になり、その状態をかなり長くキープします。しかしながらイオンデポジットの出来安さ(取れにくさ)は相変わらずです。
総合得点 61.5 硬化系の艶の出方などで傷消し性能が薄かったり、艶感もインパクトは有りません。重ね塗りも有効的ではないので実験結果としては悪い方向に出てしまったので点数的には良くないです。

しかしながら綺麗な塗装に施工するのが硬化系の最低条件ですし、実施工では独特の輝きが感じられますので艶感不足は補えると思います。

問題はイオンデポジットとメンテナンス方法に関してですね。

以上はあくまでも総合評価の得点ですので、=コーティング剤が高性能という特典ではありません。性能だけを抜き出したい場合は、気になる項目の評価だけを参考程度に考えていただければと思います。

以上ブリスのコーティング剤比較実験によって得られたg-hardの総合評価でした。


スポンサード リンク