ブリスNEO性能等の総合評価


スポンサード リンク



ガラス繊維系コーティング・ブリスNEOの総合評価と得点の公開

■ブリスNEOの評価得点と所感

以下管理人のお気に入り度も含めた、ブリスNEOに対する10項目の評価点数と撥水特性を挙げさせていただきます。(実験結果とはいえ独断と偏見がありますので、あくまで参考程度にお考えください)

艶(視覚的艶感の大きさ) 7 傷消し能力や重ね塗りの実験結果は出なかったものの実施工での艶はまずまずで、ブリスらしい艶?ながらも若干ライトな輝きで好み次第では良いのではないでしょうか?

実験に関するリンク:burisu neo施工後の艶の比較を参考にしてください。
耐久性 6 実施工ではブリスXよりも撥水特性持続期間(維持期間)というか状態変化が少なく感じられましたので、その分耐久しているのかもしれません。ただ実験では結果が出せませんでした。

実験に関するリンク:burisu neoの耐久性、持続性検証を参考にしてください
重ね塗り適応度 6 重ね塗りの有効性は確認できましたが、それによる大きな光沢アップなどは同シリーズ中では最も効果が薄いのでは?という実験結果になりましたが、適応しますし有効ではあります。

塗り重ね効果比較に重ね塗りの効果測定の結果があります。
初期耐イオン
デポジット性能
8 フッ素が表層で利いている間の初期耐デポジットは大きいが、ケイ素被膜単体になってくると目立ちにくいデポジットが比較的強固に付く。というのはガラス繊維系全般に見られます。

ただ耐デポジットの特性としてはシリーズ中でも悪くない印象で、実験でも高い効果を実証してくれました。

関連項目は耐イオンデポジット検証を参考にしてください。
応用度・汎用性 8 非溶剤系で艶に優れているので非常に汎用性が高く重宝します。ただ汎用品として色々な所に使うにはもったいないような気がしますが。(もっと安くていいものがあるような気がします)

性質に関する実験は過熱実験加水実験になります。
施工性・
施工難易度
7 極端に乾式に近い塗り方などでの施工方法では結構な違いが感じられますが、しっかり仕上げているユーザーさんならそれほどの違いは分からない?かもしれません。施工性は良好です。
傷消し性能 6 残念ながらガラス繊維系としてはふがいない能力です。その分施工性や耐デポジット性はシリーズNO1ですが・・・。なぜにXと変わらない感じなのに実験結果でここまで差が出てしまうのか。

ブリスNEO傷消し効果比較実験で特定条件下での傷消し性能比較を行いました。
コスト
パフォーマンス
6 コストパフォーマンスの基準に苦しむところですが、価格と容量、ブリスシリーズ他製品との対比を考えると・・・あまりいい評価はできないです。

中型車で施工方法によっては16回程度使えますから、1回約450円です。そんなに悪くない感じもしますが・・・同シリーズ比較だと悪いです。
メーカー対応
アフターメンテ用品
3 なぜブリスショップで販売していないのか不明かつ、TVショッピングなどでの単品売りは非常に頂けない感じがします。製造元は同じなのにどこに問い合わせていいのか今一釈然としません。
管理人の
お気に入り度
4 初代からXの印象が良かったので、悪い印象ですが、最初に出会ったのがNEOだったらそんなに酷評はしていないはず・・・です。悪いものではないですが、気に入ってはいません。
撥水特性 疎水
~弱親水
最初は水玉の大きな撥水のような状態で、水捌けは悪くないですが良くもないです。流水をかけるとスッと水を引く疎水です。NEOは特に引きは良い方です。

期間経過後は撥水は非常に弱く接触角度はかなり落ちて、目立つイオンデポジットは付きませんが目立たないものは付きます。
総合得点 61 耐イオンデポジット性、実施工での艶、施工性など良い要素も持っていますが、実験的にはあまり良い数値や結果は出ませんでしたし、私自身納得がいかない結果もありました。

悪いものではないですし、使って失敗した!という製品でもなく、使えば満足できる製品だとは思いますが、あえて一つ選ぶなら?となったときに選択肢には入りにくい感じです。

以上はあくまでも総合評価の得点ですので、=コーティング剤が高性能という特典ではありません。性能だけを抜き出したい場合は、気になる項目の評価だけを参考程度に考えていただければと思います。

以上ブリスのコーティング剤比較実験によって得られたブリスNEOの総合評価でした。(実験結果とはいえ独断と偏見がありますので、あくまで参考程度にお考えください)

■コーティング剤の総合評価に関して

自動車コーティング比較実験の各種比較実験の手法説明に挙げられている実験項目の結果と管理人自体のお気に入り度をプラスした総合評価を得点化したものです。1つが高性能なだけでは総合的に高い点数にはなりません。

DIY施工のコーティング剤に求められるものはPRO用とは異なります。「性能が良ければ全て良し」とはしないということです。


スポンサード リンク