PG1BRACKの耐久性検証


スポンサード リンク



西日本ケミカルPG1ブラックの洗車回数における耐久性、持続性の検証

■界面活性剤+スポンジの摩擦におけるPG1brackの耐久性

PGbrack重ね塗り後のテストパネル それではPG1ブラックの耐久性検証実験を実施いたします。左の画像は塗り重ね効果比較実験を行った後の様子で、PG1ブラックは重ね塗りされています。

この状態から洗車を模した洗浄を1回、3回、5回、100往復後にそれぞれ光沢度を測定し艶引けを確認し耐久性、持続性を検証いたします。
模擬洗車1回後の光沢 まず1回目洗浄を行います。洗浄にはボディークリンの100倍希釈を使用するのはいつも通りです。

ナノ黒同様乾式のガラス繊維系らしい高い初期光沢を持っていますが、洗車後の初期減退は僅かに-1ポイントに留まり、耐久性の高さも証明しました。
模擬洗車3回後の光沢 仮想3回洗車&拭き取り後の光沢度です。前回は-1で今回は-2ということで通算-3ポイントになります。

この数値を考えてもまだ、光沢維持性能は高いと感じられます。このパネルも放置期間がコーティングの密着度を上げたのでしょうか?
模擬洗車5回後の光沢 5回洗車後を想定した光沢度測定です。またしても僅かマイナス1ポイント。視覚的には初期から比べて若干減退が確認できます。

しかしながらガラス繊維系にしてはずいぶんと高耐久です。乾式放置型施工の被膜密着度はやはり手間相応という事なのでしょうか?
100往復洗浄後の光沢減退 スポンジで100往復洗った後の光沢度の画像です。最後に-2ポイントしましたが60台をキープしたまま実験終了です。

通常の洗車ではコレ以上の光沢減退をさせることはかなりの手間でしょう。耐久性は同種コーティングの中ではまずまずでしょう。


PG1ブラックの耐久性、持続性検証の結果

まず最初に当テストパネルを使った実験は極めて特殊条件下である事を留意していただきたいと思います。1、バフレックスで3000番相当の傷が満遍なく入っていること。2、傷の入ったパネルに光沢復元限界まで塗り重ねてある事。

以上2点は通常の実車施工では有りえない状態なので数値化をするために分かりやすくしているだけです。実車で同等の結果が得られるかは検証しておりませんので参考程度にお考え下さい。

PG1ブラック関する検証結果はボディークリンを使ったスポンジ洗車計110往復とマイクロクロスによる拭き取り作業計6回を行った結果、光沢度-6ポイントで光沢維持率は91%でした。

シラン系などの完全な硬化型ガラスコーティングと比較してみると、若干劣るものの、90%を超える維持性能を見せた硬化系以外のコーティングはおそらくPG1ブラックだけなのでは?光沢自体も60台をキープしたまま実験を終えました。

同乾式施工のガラス繊維系であるナノ黒も89%の維持性能、さらには68の光沢度で実験を終えていることなどから、乾式ガラス繊維系の耐久性と艶はやはり他の製品を上回っている部分は感じます(その分コストも上回っている・・・)

以上は当検証に置いてのみの結果であり、耐イオンデポジット、艶、傷消し性能などを考慮したうえで最終的にコーティング剤を選ぶときの1因にしていただければと思います。PG1ブラックの場合は施工が多少面倒ですし、決して簡易とは言えず1回あたりのコストも非常に高いことを考慮する必要があると思います。

光沢度-6ポイント、光沢維持率91%でした。以上PG1ブラックの面活性剤とスポンジ摩擦に対する耐久性、持続性の検証結果です。


スポンサード リンク