がっちりの耐久性検証


スポンサード リンク



洗車の王国・がっちりコートの洗車回数における耐久性、持続性の検証

■界面活性剤+スポンジの摩擦におけるがっちりの耐久性

耐久性テストのパネル それではがっちりコーティングの耐久性検証実験を実施いたします。左の画像は塗り重ね効果比較実験を行った後の様子でがっちりは重ね塗りされています

この状態から洗車を模した洗浄を1回、3回、5回、100往復後にそれぞれ光沢度を測定し艶引けを確認し耐久性、持続性を検証いたします。
仮想洗車1回後の様子 成分から考えるとクリスタルシールドはリキッドワックスになるわけですが耐久性としては果たしていかがなものか?まず1回目洗浄を行います。洗浄にはボディークリン の100倍希釈を使用します。

結果は±0ポイント。硬化系だからという点もあるでしょうが、それ以前に艶が無いので下がるべき光沢度も存在しないというのが本音か。
仮想洗車3回後の様子 仮想3回洗車&拭き取り後の光沢度です。-1ポイントの減少が見られましたが、全く分かりません。誤差の範囲内ですし光沢が実際に減退したか否かは定かではないです。

元々硬化系コーティング全般として、当実験では全く光沢減退しない傾向にあるのでこの先の結果が予想できます。
仮想洗車5回後の様子 5回洗車後を想定した光沢度測定です。ここまで洗車回数に応じて3回目で1ポイント、今回の5回目1ポイントの計2ポイント減少です。

一応初期光沢減退と見ていいのかどうか・・・見た目は洗浄を行う前と全く変わらず、しかしながら何か掛かっているのは撥水で確認できます。
がっちり施工パネル仮想洗車100回後の様子 スポンジで100往復洗った後の光沢度の画像ではなく、撥水性質が分かる画像で終了します。光沢度は100往復後も変化なく27ポイントです。

見て頂くと分かるかと思いますが、なにも掛かってい無さそうな艶にもかかわらず、未施工面と比較すると御覧の通りの水掃けの違いです。右が施工部分です。

がっちりコーティングの耐久性、持続性検証の結果

まず最初に当テストパネルを使った実験は極めて特殊条件下である事を留意していただきたいと思います。1、バフレックスで3000番相当の傷が満遍なく入っていること。2、傷の入ったパネルに光沢復元限界まで塗り重ねてある事。

以上2点は通常の実車施工では有りえない状態なので数値化をするために分かりやすくしているだけです。実車で同等の結果が得られるかは検証しておりませんので参考程度にお考え下さい。

ク「がっちり」に関する検証結果はボディークリンを使ったスポンジ洗車計110往復とマイクロクロスによる拭き取り作業計6回を行った結果、光沢度-2ポイントで光沢維持率は93%でした。維持率は劇的に高いですが、初期の光沢自体が絶対的に無い状態だったので参考までに。

とはいえ、艶だけで耐久性が測定できないことを証明した実験結果だったとも言えます。その証拠として、5枚目の画像はグロスチェッカの数値ではなく、水を流水させた後の様子の画像です。

向って左は未施工部分で親水ですが、右側はこの艶の無い状態なのに異常なまでの撥水です。こんな艶が無くて撥水している被膜はある意味新鮮です。硬化反応後は油分に依存しない被膜特性である事が伺えます。

艶が出ていないという時点で疑念は有るかと思いますが、この後の実験で実車に即した光沢度からの施工で艶の変化を確認する実験を行います。ほとんどのコーティングはここでは数値的な光沢度アップはできませんが艶の質はコーティング剤によって様々です。

がっちりの場合は硬質で透明の薄膜である事が考えられ、このため傷消し性能などは実車でもほとんど得ることができないでしょう。しかしながら「耐久性」という面では艶だけで測れないもので、5枚目の画像のような被膜特性の維持期間を目安にするのも適切かと思います。

以上は当検証に置いてのみの結果であり、耐イオンデポジット、艶、傷消し性能などを考慮したうえで最終的にコーティング剤を選ぶときの1因にしていただければと思います。

光沢度-2ポイント、光沢維持率93%でした。以上がっちりコーティング界面活性剤とスポンジ摩擦に対する耐久性、持続性の検証結果です。


スポンサード リンク