ナノ黒の艶を比較検証


スポンサード リンク



実車に近い状態のテストパネルにナノ黒(略称)を施工した時の艶光沢を比較

■ハイブリッナノガラス・ブラックレーヴェルの艶を比較検証


今回の実験はボディーコーティングの艶・比較実験の内容に基づいて実施します。簡単に説明しますとコンパウンドで適当に磨いたバフ目の残った状態(洗車傷などを模した)でパット見は艶があってキレイな状態に仕上げたテストパネルを使用します。

そのパネルを半分に区切ってハイブリッドナノガラス・ブラックレーベルを重ね塗りで施工。2回施工後の艶と、未施工部分の艶をグロスチェッカーで測定比較、さらに区切る為のマスキングテープを剥がして目視で比較検証します。

ナノガラス・ブラックレーベルの艶・光沢の比較検証検証の様子

施工前、磨き後の艶 それではハイブリッドナノガラス・ブラックレーベルの比較検証を実施します。磨いた後のパネルの光沢度は102です。102と言う数値ですが、かなり磨きこんでも103~105くらいがこのパネルの光沢限界ですからピカピカです。(グロスチェッカー修理調整後)

しかしながら良く見ると傷や磨き目が残っており必ずしも「きれい」と言う状態でも有りません。グロスチェッカーはここまでは認識しません。
施工後の艶(数値) このパネルにナノ黒を2回施工します。施工方法は乾式施工で堅絞りのマイクロクロス+空拭きで仕上げています。一応一番艶が出るような施工方法を試みたつもりです。

結果は103で僅か1ですが光沢上昇がありました。しかしながら1という数値は測る場所などの誤差でいくらでも出る数値です。艶的な変化は見られるようなのですが。
施工面、未施工面の比較 境界線のマスキングテープを剥がしてみるとハッキリと施工境界線が確認でき、やはり数値では表せない領域である事が分かります。この差が光沢度1?の誤差範囲になってしまうのです。

光の当たり具合的に写真では確認しにくい環境の中、視覚的光沢差が確認できたと思います。

ハイブリッドナノガラス・ブラックレーヴェル(ナノ黒)の艶・光沢比較総評

今回のポイントはテストパネルの磨き込まれており元から光沢限界付近の数値から実験を始めました。光沢度の変化は1に留まりましたが、ほぼ同じ数値でコレだけの視覚的な差が出ると言うことを改めて思い知らされました。

耐感の強い製品としてはピンクダイヤモンドやブリスX、また旧ハイブリッドナノガラスも高い体感効果(艶)を出すことのできる製品です。

今回は条件が整った状態で実験をしたので、このような極端な結果が出たとも言えますが、光沢度(数値)=視覚的な艶は必ずしも一致せず「質感」というものがやはり各ユーザーの好み?や感じ方に繋がっているのではないでしょうか?

特にナノ黒はラップを張ったような艶感。と表現されるように膜厚感を感じることのできる(実際の厚さなんてたかが知れていますが)コーティング剤です。

ただし本質として、耐イオンデポジットにしてもそうですが、コストパフォーマンスや施工性、さらには販売メーカーのユーザー対応なんかも意外と大切な要因で、場合によっては嫌な思いをすることもありますので十分検証する必要があります。トータルバランスでのコーティング剤選びを心がけましょう。

いい艶=いいコーティング剤とは限らないということです。あくまでも選ぶときの一因としてお考え下さい。以上ハイブリッドナノガラス・ブラックレーベルの艶・光沢比較実験でした。


スポンサード リンク