SG-1の耐久性検証


スポンサード リンク



カーシャインDiaglantzSG-1の洗車回数における耐久性、持続性の検証

■界面活性剤+スポンジの摩擦におけるSG-1の耐久性

重ね塗り後のテストパネル それではSG-1の耐久性検証実験を実施いたします。左の画像は塗り重ね効果比較実験を行った後の様子で、SG-1は重ね塗りされています。

この状態から洗車を模した洗浄を1回、3回、5回、100往復後にそれぞれ光沢度を測定し艶引けを確認し耐久性、持続性を検証いたします。
模擬洗車1回目の光沢度 まず1回目洗浄を行います。洗浄にはボディークリンの100倍希釈を使用するのはいつも通りです。

流石に硬化系だけあってか、最初の光沢がさほど高くないせいもあってか全く光沢は減退しません。±0ポイントです。
模擬洗車3回目の光沢度 仮想3回洗車&拭き取り後の光沢度です。今回は僅かに-1ポイントです。測定誤差?の範囲の減退で視覚的には何も感じられません。

やはり一部のガラス繊維系や樹脂系コーティングよりも明らかに高い維持性能が感じられるのは同シラン系の製品と同じです。
模擬洗車5回目の光沢度 5回洗車後を想定した光沢度測定です。またしても僅かマイナス1ポイント。しかしながら視覚的には初期から比べても光沢減退は感じられません。

誤差ではなくやはり光沢は少しづつ減退しているのでしょうか?この光沢度域だと視覚的判断は難しくなってきます。
100往復洗浄後の光沢度 スポンジで100往復洗った後の光沢度の画像です。意外にも最後の最後で-2ポイント光沢減退してしまいましたが、視覚的な光沢減退はほとんど感じられないまま検証終了です。

元の光沢が46とそんなに高くなかったため減退を感じなかったというのもあるかと思いますが耐久性の高さは硬化系ならではです。


Diaglanz SG-1の耐久性、持続性検証の結果

まず最初に当テストパネルを使った実験は極めて特殊条件下である事を留意していただきたいと思います。1、バフレックスで3000番相当の傷が満遍なく入っていること。2、傷の入ったパネルに光沢復元限界まで塗り重ねてある事。

以上2点は通常の実車施工では有りえない状態なので数値化をするために分かりやすくしているだけです。実車で同等の結果が得られるかは検証しておりませんので参考程度にお考え下さい。

SG-1関する検証結果はボディークリンを使ったスポンジ洗車計110往復とマイクロクロスによる拭き取り作業計6回を行った結果、光沢度-4ポイントで光沢維持率は91%でした。

正直、硬化系の耐久性は通常のワックスやコーティング剤(ポリマー)と比較すると反則的に、ずば抜けて高いのですが、今回%的にはもっと行くと思ったのですが一応ギリギリ90%超えになりました。実車体感ではもう少し高くなります。

乾式施工のガラス繊維系であるナノ黒PG1ブラックもガラス繊維系で唯一90%を超えていますが、これはパネルに傷が付いていることや放置期間によって強固に結びついた結果だと思います。キレイな塗装の場合は耐久性においてSG-1の方がはるかに上です。

以上は当検証に置いてのみの結果であり、耐イオンデポジット、艶、傷消し性能などを考慮したうえで最終的にコーティング剤を選ぶときの1因にしていただければと思います。特に硬化系は施工リスクやイオンデポジットのメンテナンスの問題があります。

光沢度-4ポイント、光沢維持率91%でした。以上SG-1の面活性剤とスポンジ摩擦に対する耐久性、持続性の検証結果です。


スポンサード リンク