SP-1耐久性比較検証


スポンサード リンク



カーシャインDiagrantzSP-1の洗車回数における耐久性、持続性の検証

■界面活性剤+スポンジの摩擦におけるSP-1の耐久性

重ね塗り後のテストパネル それではカーシャインのDiaglanz SP1(カーシャイン)の耐久性検証実験を実施いたします。左の画像は塗り重ね効果比較実験を行った後の様子で、SP-1は重ね塗りされています。

この状態から洗車を模した洗浄を1回、3回、5回、100往復後にそれぞれ光沢度を測定し艶引けを確認し耐久性、持続性を検証いたします。
Sp1の1回洗車後の光沢度 まず1回目洗浄を行います。洗浄にはボディークリンの100倍希釈を使用するのはいつも通りです。

SP-1は硬化実験の結果からSG-1純粋な硬化塊が多く残るようなガラスコーティング剤ではない物の、一応硬化系です。結果は-2ポイント。
Sp1の3回洗車後の光沢度 仮想3回洗車&拭き取り後の光沢度です。ガラス繊維系などと比較すると若干でも硬化系に属するSP-1の方が有利かと思われていたため初回の-2ポイントは「あれ?」と思いました。

しかしながら、やはりと言った感じで今回は光沢減退なしの±0ポイントです。
Sp1の5回洗車後の光沢度 5回洗車後を想定した光沢度測定です。またしても光沢減退は無しでプラスマイナス0です。

初期に-2ポイントしていますが、この分のマイナスに関しては視覚的な光沢減退は見られません。流石はシラン系の硬化型をかすっているだけのことはあると言った性能です。
SP1ー100往復洗浄後の光沢減退測定 スポンジで100往復洗った後の光沢度の画像です。意外にも最後の最後で-5ポイントと大きく光沢を落としてしまいましたが何故だか不明です。

荒れた面という設定が逆に悪さしてしまったのか?摩擦には意外と弱かったのか定かではありませんが結果は結果です。視覚的光沢減退も若干感じられました。


カーシャイン SP-1の耐久性、持続性検証の結果

まず最初に当テストパネルを使った実験は極めて特殊条件下である事を留意していただきたいと思います。1、バフレックスで3000番相当の傷が満遍なく入っていること。2、傷の入ったパネルに光沢復元限界まで塗り重ねてある事。

以上2点は通常の実車施工では有りえない状態なので数値化をするために分かりやすくしているだけです。実車で同等の結果が得られるかは検証しておりませんので参考程度にお考え下さい。

Diaglanz SP1(カーシャイン)関する検証結果はボディークリンを使ったスポンジ洗車計110往復とマイクロクロスによる拭き取り作業計6回を行った結果、光沢度-7ポイントで光沢維持率は86%でした。

硬化系のガラスコーティングに関しては耐久性において、ワックスや石油系などのコーティング剤と比較して、かなりの優位性があるのですが、SP-1に関しては数値として高いものの圧倒的な優位という訳でもなさそうです。

この辺はやはり、SP-1が完全な硬化系ではないという証なのか、硬化実験では硬化物質は確認されたものの、同社SG-1と比較すると硬化塊になる分量は明らかに異なり、硬化成分入りポリマーという感じの位置付けなのでしょう。

悪条件下であり乾式施工のガラス繊維系にとって条件優位だったということもあるかもしれませんが、ナノ黒PG1ブラックが維持率90%以上を記録していることを考えると、仮にも硬化系が絡んだコーティング剤なのでちょっと残念というか意外な結果でした。

以上は当検証に置いてのみの結果であり、耐イオンデポジット、艶、傷消し性能などを考慮したうえで最終的にコーティング剤を選ぶときの1因にしていただければと思います。特に硬化系は施工リスクやイオンデポジットのメンテナンスの問題があります。

光沢度-7ポイント、光沢維持率86%でした。以上Diaglanz SP1(カーシャイン)の面活性剤とスポンジ摩擦に対する耐久性、持続性の検証結果です。


スポンサード リンク