TRIZ(トライズ)の艶を検証


スポンサード リンク



実車に近い状態のテストパネルにTRIZを施工した時の艶光沢を比較

■TRIZ(トライズ)の艶を比較検証

今回の実験はボディーコーティングの艶・比較実験の内容に基づいて実施します。簡単に説明しますとコンパウンドで適当に磨いたバフ目の残った状態(洗車傷などを模した)でパット見は艶があってキレイな状態に仕上げたテストパネルを使用します。

そのパネルを半分に区切って重ね塗りで施工。2回施工後の艶と、未施工部分の艶をグロスチェッカーで測定比較、さらに区切る為のマスキングテープを剥がして目視で比較検証します。

TRIZ(トライズ)の艶・光沢の比較検証検証の様子

施工前、磨き後の艶 それではTRIZ(トライズ)の比較検証を実施します。磨いた後のパネルの光沢度は102です。102と言う数値ですが、かなり磨きこんでも103~105くらいがこのパネルの光沢限界ですからピカピカです。(グロスチェッカー修理調整後)

しかしながら良く見ると傷や磨き目が残っており必ずしも「きれい」と言う状態でも有りません。グロスチェッカーはここまでは認識しません。
施工後の光沢度 このパネルにTRIZ(トライズ)を2回施工します。施工方法は半湿式施工で仕上げています。一応一番艶が出るような施工方法を試みたつもりです。

結果は101と、なぜか光沢は1ポイント減少。艶比較実験では結構多く見られた1ポイント光沢減退です。これは誤差なのか?グロスチェッカー的に本当に-1なのかは分かりません。
施工後、未施工部分との比較 境界線のマスキングテープを剥がしてみると、糊の影響でマスキング跡が白く見えるものの、右は深く発色しているのが分かるかと思います。

明るめの時に撮影したにも関わらず比較的良く左右差が確認できたと思います。体感的には良いと思います。

SOFT99 TRIZ(トライズ)の艶・光沢比較総評

今回のポイントはテストパネルの磨き込まれており元から光沢限界付近の数値から実験を始めました。光沢度の変化としては-1になってしまったものの、3枚目を見ていただけば分る通り、施工後は深みのある発色になっていることが伺えます。

重ね塗り効果比較実験では、塗装が荒れた面でずいぶんと光沢復元能力を発揮しましたが、実車施工でもいい感じの艶は感じられます。ただ荒れた面でなければ樹脂成分の傷埋め効果が薄いせいか、思ったほどの体感効果(視覚的艶感)は有りませんでした。

まあ、非常に体感効果的な艶感を訴える、ナノ黒、ブリスX、ピンクダイヤモンド、には負けますが、ナカナカどうして簡単で斑になりにくい割には艶もよし、という感じです。

ただし本質として、耐イオンデポジットにしてもそうですが、コストパフォーマンスや施工性、さらには販売メーカーのユーザー対応なんかも意外と大切な要因で、場合によっては嫌な思いをすることもあります。

TRIZに関しては絶対的なコストパフォーマンスとして、ネットで購入しなくてもカー用品店などでも購入できる強みもありますので、その点(送料込)を考慮した上でコスト比較をしたほうが明確になるかもしれません。

ということで、コストなども大切ですが、トータルバランスでのコーティング剤選びを心がけましょう。

いい艶=いいコーティング剤とは限らないということです。あくまでも選ぶときの一因としてお考え下さい。以上TRIZ(トライズ)の艶・光沢比較実験でした。


スポンサード リンク