カーシャインHR1の艶検証実験


スポンサード リンク



実車に近い状態のテストパネルにDiagrantz HR1を施工した時の艶光沢を比較

■Diagrantz HR1の艶を比較検証

今回の実験はボディーコーティングの艶・比較実験の内容に基づいて実施します。簡単に説明しますとコンパウンドで適当に磨いたバフ目の残った状態(洗車傷などを模した)でパット見は艶があってキレイな状態に仕上げたテストパネルを使用します。

そのパネルを半分に区切って重ね塗りで施工。2回施工後の艶と、未施工部分の艶をグロスチェッカーで測定比較、さらに区切る為のマスキングテープを剥がして目視で比較検証します。

カーシャイン Diagrantz HR1の艶・光沢の比較検証検証の様子

HR1施工前、磨き後の艶 それではカーシャインHR-1の比較検証を実施します。磨いた後のパネルの光沢度は102です。102と言う数値ですが、かなり磨きこんでも103~105くらいがこのパネルの光沢限界ですからピカピカです。(グロスチェッカー修理調整後)

しかしながら良く見ると傷や磨き目が残っており必ずしも「きれい」と言う状態でも有りません。グロスチェッカーはここまでは認識しません。
コート後の光沢度 このパネルにカーシャインHR1を2回施工します。施工方法は基本のとおりの半湿式施工です。乾式施工ができればいいのですが、乾式は施工性が悪すぎて実用外のような感じがしたので却下しました。

結果は103ということで、僅か1ポイントではありますが光沢上昇を確認しました。珍しく光沢上昇の数値です。
未コート部と施工部の視覚的な比較 画像では確認しにくいですが、僅かに右側の方が発色は濃い感じに見えます。ガラス繊維系のように極端な差ではありませんが、硬化系との中間な感じの質感・艶感です。

条件としては光が多く当たる環境で差が感じにくい(写真に写りにくかった)のですが、それでも境界線は確認できるかと思います。

カーシャイン Diagrantz HR1 の艶・光沢比較総評

今回のポイントはテストパネルの磨き込まれており元から光沢限界付近の数値から実験を始めました。光沢度の変化としては、僅か1ポイントではありますが+が出たと言うことで、誤差範囲とも取れますが一応のところ数値的な光沢上昇もあり、視覚的な光沢上昇もあると言う結果です。

傷消し効果比較実験や重ね塗り効果んの実験結果ではあまり良い結果が出なかったのですが、実施工に即した実験である当実験ではソコソコ良い感覚です。

艶の感じとしては、乾式施工のガラス繊維系やワックス系のような「深みのある艶」という感じではありませんが、硬化系のような主張の少ない透明感のある輝きという感じでもなく、その中間に当たるような艶です。

上手く表現できませんが、実施工でシッカリと光沢を感じることができ、なおかつ、嫌みのない艶とでも言いましょうか。オリジナルカラーを損なわず、なおかつコーティング剤の艶もしっかり主張しますよ~という感じです。

ただしボディーコーティングの本質として、耐イオンデポジットにしてもそうですが、コストパフォーマンスや施工性、さらには販売メーカーのユーザー対応なんかも意外と大切な要因で、場合によっては嫌な思いをすることもあります。

いい艶=いいコーティング剤とは限らないということです。あくまでも選ぶときの一因としてお考え下さい。以上カーシャインHR-1の艶・光沢比較実験でした。


スポンサード リンク