PG1Brackの艶を比較検証


スポンサード リンク



実車に近い状態のテストパネルにPG1Brackを施工した時の艶光沢を比較

■西日本ケミカルPG1ブラックの艶を比較検証

今回の実験はボディーコーティングの艶・比較実験の内容に基づいて実施します。簡単に説明しますとコンパウンドで適当に磨いたバフ目の残った状態(洗車傷などを模した)でパット見は艶があってキレイな状態に仕上げたテストパネルを使用します。

そのパネルを半分に区切って重ね塗りで施工。2回施工後の艶と、未施工部分の艶をグロスチェッカーで測定比較、さらに区切る為のマスキングテープを剥がして目視で比較検証します。

西日本ケミカルPG1ブラックの艶・光沢の比較検証検証の様子

PG1Brack施工前、磨き後の艶 それではPG1ブラック の比較検証を実施します。磨いた後のパネルの光沢度は102です。102と言う数値ですが、かなり磨きこんでも103~105くらいがこのパネルの光沢限界ですからピカピカです。(グロスチェッカー修理調整後)

バフレックスの目などは完全に取りきれていませんし、完全に塗肌・鏡面というレベルとは異なります。
施工面の光沢度変化 このパネルに、PG1ブラックを2回施工します。施工方法は乾式施工で、空拭きで仕上げています。

結果は103ということで1ポイントの向上が見られました。1という数値は測定誤差も考え得る数値なのんで、完全に数値が上昇したと言いきることはできませんが、結果としては1上昇に変わりありません。
施工境界線での比較 流石乾式のガラス繊維系コーティングといった堂々たる艶感です。最高峰を語るだけの深い艶(濃い発色)が画像でも分かるかと思います。

たまたまパネル左に状態の悪い場所がありますが、見事にその小傷を艶で隠ぺいすると言う性能もついでに確認しました。


PG1ブラックの艶・光沢比較総評

今回のポイントはテストパネルの磨き込まれており元から光沢限界付近の数値から実験を始めました。光沢度の変化としては+1で数値的には測定誤差とも取れるものの、施工面・未施工面の境界線で分かる通り数値以上の視覚的な艶を確認できました。

繰り返し書きますが、光沢度(数値)に関して言えば、どのコーティング剤に関しても50歩100歩な感じはしています。ただ実際の視覚的なものは全くと言っていいほどコーティング剤によって異なり、特に乾式ガラス繊維の当実験PG1ブラック・ナノ黒・未公開のクリスタルガード・プロ等はかなり深く濃い艶感です。

ワックスの深みとガラス系のクリアな輝きをミックスした良いとこどりの艶ですが、極端なので好みの分かれるところは有るかと思います。

ただしボディーコーティングの本質として、耐イオンデポジットにしてもそうですが、コストパフォーマンスや施工性、さらには販売メーカーのユーザー対応なんかも意外と大切な要因で、場合によっては嫌な思いをすることもあります。

PG1ブラックに関しては、常々送料込みのコストパフォーマンスは若干悪い感じがあり、価値を理解した上でマニアが購入すると言う行為は販売サイト自体が謳っている通りかと思います。

いい艶=いいコーティング剤とは限らないということです。逆に艶が無い=悪いコート剤というわけでもないのです。あくまでも選ぶときの一因としてお考え下さい。以上PG1ブラックの艶・光沢比較実験でした


スポンサード リンク