This page:洗車コーティング実験室 TOP > 自動車コーティング剤比較実験 > ゴーグリ・エボプラス > ゴールドグリッター・エボリューションplus解説

ゴールドグリッター・エボリューションplus解説


スポンサード リンク



ゴーグリ、ゴールドグリッター・エボリューションplusの効果・成分当の解説など

■ゴールドグリッタ-PLUSについて


ゴールドグリッター エボリューション プラスは前作プラス表記無しから価格と製造販売元を変更してのリニューアルになりました。

一応うたい文句としては、さらに性能アップということでしたが、特に性能を噛み締めて使ったことがないので、使い勝手はそのままで価格が下がったと理解しています。

同様にスタンダードタイプのゴーグリもPLUS表記があり、リニューアル。こちらも価格改定されています。

ゴールドグリッターエボリューションPLUSの成分

マイクロエマルジョン、光沢撥水被膜形成ポリマー、となっています。成分から分かる通り、エマルジョン化している=水溶性ではないものを水溶性にしたと言うことが伺い知れます。通常は石油系の物を界面活性剤などの効果でエマルジョン化したものだと思われます。

エマルジョン=固有の効果性質ではないので、どのような石油製品を、どのような界面活性剤でエマルジョン化したのかが重要であり、ゴールドグリッターシリーズは全般的に使いやすく、良い製品に仕上がっています。

PH試験液で確認したところ液性は弱酸性のようです。

ゴールドグリッター(エボリューションPlus含む)の使用用途・範囲

かなりの使用用途の広さで塗装、アルミ、プラスティック、ガラス、ゴムモール、メッキパーツ、各種金属塗装された木製製品などプラスチック製品全般で、基本的に布のように染み込みが大きい製品以外は何でも施工できるようです。

ガラス繊維系でも汎用性は高いのですが、ゴールドグリッターはさらに汎用性が高くガラスウィンドウに施工しても油膜のように視認性が悪くなる感じはしません。しかしながら撥水コート剤としては不満が残るので、あくまで使うこともできると言う程度に考えて置いた方がよさそうです。

同様に汎用性が高くガラスにも対応する製品としてプレストコートがありますが、今考えてみれば、プレストコートはゴールドグリッターにケイ素系の艶特性を付加したような製品だな~と感じます。

ゴールドグリッター(エボリューションPlus含む)の効果(メーカー等の公称)

特に持続性を大きく謳った製品ではなく、ポリマーコーティングのメンテナンスや、洗車のついでに簡単にできることを売りにしている通り、元からベースコートとして考えていないようで~ヶ月耐久!~年耐久!というような怪しげな誇大広告製品ではありません。

施工当初は気持ちのいい撥水被膜で期間に比例してゆっくりと撥水被膜が落ちてくる感じで、~1か月程度が効果持続性の目安と考えていいと思います。

ただ、施工が簡単で薄め液で洗車時の水滴拭き取りを行うだけで施工出来てしまうので、洗車を1~2週間おきにする人ならば、特に大きな効果の衰えを感じることなく性能維持+メンテナンスを実行できると言う優れものです。

薄め液では汚れ落とし能力が極端に弱くなるので、油性の汚れを分解したい場合はスポットで原液使用してみましょう。

液性的に油性汚れや(ミラー・ドアハンドル下の)水垢は落ちますが、イオンデポジット(水分の乾燥痕)には効果が薄いので、イオンデポジットが蓄積してきたら別のメンテナンスも必要です。

ゴーグリPlusとゴーグリエボPlusの違い

とりあえず実験に関しては2つ分けずに行い、2種比較形式で画像等も簡略削減して実験結果を掲載します。名前も長いのでゴールドグリッターPlus=ゴーグリプラス。ゴールドグリッターエボリューションPlus=エボプラスとさせて頂きます。

2種の大きな違いは、未実験なので控えた感想を書きますが、ゴーグリプラスの方はエボプラスより石油系の匂いが強く、エボの方は柑橘系っぽい臭いがゴーグリより強いです。

恐らくベースは同じで、添加する何らかの成分で差別化しているのだと思いますが、汚れ落とし効果はゴーグリプラス、艶に関してはエボプラスの方がいいのでは?と思っています。(事実は分からず感覚ですが)

ゴーグリPlusとゴーグリエボPlusの基本的な施工方法

基本的に2つとも施工方法は同じですが、工夫した施工方法が出来るのも特徴です。スタンダードでは、洗車→水滴が残った状態でスプレーして液剤と一緒に水分を拭き取って施工完了という形です。

他には洗車時の拭き取り時に、ゴーグリ薄め液で絞ったクロスを使用して、超薄延ばしの簡易型施工を行う、などです。撥水特性維持に有効な方法です。

以上ゴールドグリッター エボリューション プラスゴールドグリッター プラスの解説でした。


スポンサード リンク