がっちりコートの艶を検証


スポンサード リンク



実車に近い状態のテストパネルに洗車の王国がっちりを施工した時の艶光沢を比較

■洗車の王国 「がっちり」の艶を比較検証

今回の実験はボディーコーティングの艶・比較実験の内容に基づいて実施します。簡単に説明しますとコンパウンドで適当に磨いたバフ目の残った状態(洗車傷などを模した)でパット見は艶があってキレイな状態に仕上げたテストパネルを使用します。

そのパネルを半分に区切って重ね塗りで施工。2回施工後の艶と、未施工部分の艶をグロスチェッカーで測定比較、さらに区切る為のマスキングテープを剥がして目視で比較検証します。

洗車の王国 「がっちり」の艶・光沢の比較検証検証の様子

がっちり施工前、磨き後の艶 それではがっちりコーティング の比較検証を実施します。磨いた後のパネルの光沢度は102です。102と言う数値ですが、かなり磨きこんでも103~105くらいがこのパネルの光沢限界ですからピカピカです。(グロスチェッカー修理調整後)

しかしながら良く見ると傷や磨き目が残っており必ずしも「きれい」と言う状態でも有りません。グロスチェッカーはここまでは認識しません。
施工後の光沢度 このパネルに、がっちりコートを2回施工します。施工方法は基本のとおりの半湿式施工です。乾式施工ができればいいのですが、乾式は施工性が悪すぎて実用外のような感じがしたので却下しました。

結果は102ということで、光沢変化せずと言う状態でした。
施工面・未施工面の光沢比較 画像でも全く施工した後の艶は分かりませんが実際も分かりません(汗)ただしコーティング自体はしっかり掛かっているようで、素晴らしい強撥水能力を発揮しています。

耐久性検証でも艶の出ないまま滑水能力を維持し続けていた実績があるので、艶は下地に依存し、特性をコート剤に依存する生粋のコーティング剤ということでしょう。


洗車の王国 「がっちりコーティング」の艶・光沢比較総評

今回のポイントはテストパネルの磨き込まれており元から光沢限界付近の数値から実験を始めました。光沢度の変化として+-0で視覚的な効果としても、今回に関してはグロスチェッカーの判断通り変化は特に見られませんでした。

傷消し効果比較実験でも、重ね塗り実験に関しても、光沢復元や傷消し能力、艶とは無縁な感じでしたが、今回の実車に模した施工での艶の検証においても特にこれと言った変化は見られませんでした。いうなれば若干引き締まったかな?という感じは有ります。

元々硬化系のフッ素表層被膜?で本格的に下地処理から実施して施工することを目的としているようなので、艶に関しては下地依存を基本的に意図して作られたコーティング剤なのかもしれません。

艶の体感的効果が少ないと言っても表面被膜特性のインパクトは強烈でかなりの強撥水、かつ排水性の良い滑水能力を持っています。業者系のコーティング剤でしたらG‘ZOXリアルガラスコートなんかがイメージ的に近いかもしれません。

ただしボディーコーティングの本質として、耐イオンデポジットにしてもそうですが、コストパフォーマンスや施工性、さらには販売メーカーのユーザー対応なんかも意外と大切な要因で、場合によっては嫌な思いをすることもあります。

硬化系に関してはイオンデポジットが懸念されますし、撥水被膜特性の場合は撥水が落ちてきたらどのようになってしまうのか?など不安材料は有ります。

いい艶=いいコーティング剤とは限らないということです。逆に艶が無い=悪いコート剤というわけでもないのです。あくまでも選ぶときの一因としてお考え下さい。以上がっちりコーティングの艶・光沢比較実験でした


スポンサード リンク