SG1の艶に関する検証実験


スポンサード リンク



実車に近い状態のテストパネルにSG-1を施工した時の艶光沢を比較

■カーシャインSG1の艶を比較検証

今回の実験はボディーコーティングの艶・比較実験の内容に基づいて実施します。簡単に説明しますとコンパウンドで適当に磨いたバフ目の残った状態(洗車傷などを模した)でパット見は艶があってキレイな状態に仕上げたテストパネルを使用します。

そのパネルを半分に区切って重ね塗りで施工。2回施工後の艶と、未施工部分の艶をグロスチェッカーで測定比較、さらに区切る為のマスキングテープを剥がして目視で比較検証します。

カーシャインSG1の艶・光沢の比較検証検証の様子

施工前、磨き後の艶 それではDiaglanz SG-1の比較検証を実施します。磨いた後のパネルの光沢度は102です。102と言う数値ですが、かなり磨きこんでも103~105くらいがこのパネルの光沢限界ですからピカピカです。(グロスチェッカー修理調整後)

しかしながら良く見ると傷や磨き目が残っており必ずしも「きれい」と言う状態でも有りません。グロスチェッカーはここまでは認識しません。
コーティング後の光沢度 このパネルにカーシャインSG1を2回施工します。施工方法は完全な乾式施工で

結果は101ということで、グロスチェッカー的な判断では光沢度は減退したのか?塗り重ね間隔は空けていますが、2回目施工してからの放置期間は設けていないため硬化安定が足りないのかもしれません。
コート前、コート後の視覚的な違い IPAがマスキングテープに染み込んでしまった影響もあってか若干マスキング跡が白くなりましたが、体感効果はナカナカ良いようです。

硬化系なので体感できにくいかな?と思ったのですが意外と視覚的にも分かる艶が出てくれました。放置時間のコントロールが、うまく働いたのでしょうか?

カーシャイン Diagrantz SG1 の艶・光沢比較総評

今回のポイントはテストパネルの磨き込まれており元から光沢限界付近の数値から実験を始めました。光沢度の変化としては-2になってしまったものの、未施工部分との違いは比較的大きく感じられ、艶があるように見えました。

気になるのは施工後に、グロスチェッカー的な数値においては光沢が減退していると表示してしまっている点です。ただ2ポイント程度なので判断が付きにくい範囲ではありますが・・・。

もしかすると塗り重ね間隔は空けているのですが、2回目(重ね塗り)後の測定が最終値として2枚目の画像になっているわけですが、比較的直後に測定しているため安定(硬化反応収束)していないがために起きる現象かもしれません。

グロスチェッカー的には以上のような結果でしたが、体感的には硬化系とは思えない感じの質感になりました。硬化系コーティングは施工時放置時間によって、ずいぶん効果の出方が違うことが分かっていますが、今回も放置時間が上手く影響したのかもしれません。

ただしボディーコーティングの本質として、耐イオンデポジットにしてもそうですが、コストパフォーマンスや施工性、さらには販売メーカーのユーザー対応なんかも意外と大切な要因で、場合によっては嫌な思いをすることもあります。(カーシャインさんは対応の評判がいいですね)

いい艶=いいコーティング剤とは限らないということです。あくまでも選ぶときの一因としてお考え下さい。以上Diaglanz SG-1の艶・光沢比較実験でした。


スポンサード リンク