This page:洗車コーティング実験室 TOP > 自動車コーティング剤比較実験 > Diaglanz SP1の評価 > Diaglanz SP-1の耐イオンデポジット検証

Diaglanz SP-1の耐イオンデポジット検証


スポンサード リンク



シラン・ガラス系コーティング・Diaglanz SP-1比較実験に関して

■Diaglanz SP-1耐イオンデポジット検証の様子

実験パネルの温度 以下の内容は耐イオンデポジット性能比較のリンク先に基づいてカーシャインSP1の実験を開始いたします

霧吹きにて汲みたての水道水を加水する前に加熱した実験パネルの温度を測定しておきます。当実験のパネル温度は80.5℃です。
SP-1施工部分と未施工部分の比較 霧吹きで噴霧していますのでどんな面でも必ず撥水のような状態になってしまいご覧のような無残な水垢の痕が付いてしまいます。

余談ですが未施工部分もナノ黒の実験結果同様にマスキングテープに染み込んだコート剤が加水時に展着して影響を及ぼしています。
水洗い洗車後(未施工) 水洗い洗車を想定した水拭きを行いました。水滴接触角度が低い、親水に近い状態だったので比較的除去出来ているように見えますが、残り具合は結構多いです。

しかしながら、高照度光源を使ってこの程度なら、屋外太陽光下では全く分からないといっても過言ではないレベル。
水洗い洗車後(SP1施工) こちらも水洗い後です。未施工面に比べると輪郭のはっきりしたイオンデポジットが確認できます。

除去率としては50%程度と言った感じ水洗いでは歯が立たない状態になってしまうのは、硬化系成分を含むせいか?クリーナーなどの対応性が気になるところです。
アルカリ水垢クリーナー使用後(施工部分) アルカリ系水垢クリーナーを試してみたところ、比較的除去率は高かったように思います。若干硬化型の性質も兼ね備えていますから、どうかな?とは思いましたが水垢落としの効果は高いようです。

SP1に関しては硬化型と言うよりも、ガラス系コーティングと言ったほうが適切かもしれませんね。


SP1の耐イオンデポジット比較実験総合評価

シラン系硬化型の要素を若干含むガラス系コーティングのSP1ですが、結果としては、水洗いでのイオンデポジットの落ち具合は、よくないのですが、水垢クリーナーが有効なので、硬化型のように酸性クリーナを使用しないと全くイオンデポジットが除去できないという感じではありませんでした。

他の実験から考えると、艶や傷消し性能では硬化系より優れており、その分硬化系に比べて耐久性は劣るという、まさに中間的なポジションでしたが、当実験においても正にそんな様相の結果となりました。

この実験は初期性能を追った実験なので、持続的に使用するにあたって、水垢クリーナーでは効力が不十分になり、酸性クリーナを使用しなければならなくなる可能性が無いとは言えません。

比較対象となるコーティング剤が少ないのですが、同社製品でHR-1がありますが、HR1がSP1の進化型というような存在に思えます。SP1のメリットを残しつつ、弱点を改善している製品です

こういったコーティング剤のイオンデポジットに対するメンテナンス方法は、耐久性がソコソコ高いだけに色々考え方があるかと思います。

デポジットが付着したまま重ねてしまうと積層してクリーナーでは除去できなくなるので、除去率の高い酸性クリーナー、または微弱研磨系のクリーナーでリセットしてから塗り重ねるのが最良だと感じています。

ちなみに今回の実験はデポジットの認識力を高めるために今回の実験では色温度の高い5500K(ケルビン)相当の高照度LEDライトをほぼ水平(光入射角5度前後)照射して、パネルを正面にして確認しています。故意にデポジットが目立つ照射で分かりやすく浮き出させています。

未施工面との比較など

仮想水洗い洗車後の未施工部分除去率が約65~70%。施工部分に関しては50%。アルカリクリーナー使用後の除去率が未施工部分80~85%に対して施工部分80~85%程度。

ということでアルカリ系水垢クリーナーを使用することによって、親水化した状態のボディーと同等程度の除去率を出すことができます。デメリットは簡易的なケミカルでカバーできるので、そう大きなものではないでしょう。耐デポジット重視なら向かないコーティング剤です。

以上SP1の耐イオンデポジット比較実験の結果でした。


スポンサード リンク