PG1BRACKの耐イオンデポジット検証


スポンサード リンク



ガラス繊維ケイ素系コーティング、PG1ブラックの耐イオンデポジット比較実験に関して

■PG1BRACKの耐イオンデポジット検証の様子

実験パネルの温度表示(PG黒) 以下の内容は耐イオンデポジット性能比較のリンク先に基づいてPG1ブラックの実験を開始いたします

霧吹きにて汲みたての水道水を加水する前に加熱した実験パネルの温度を測定しておきます。当実験のパネル温度は80.5℃です。
水垢の付き具合左右比較 霧吹きで噴霧していますのでどんな面でも必ず撥水のような状態になってしまいご覧のような無残な水垢の痕が付いてしまいます。

余談ですが未施工部分もナノ黒の実験結果同様にマスキングテープに染み込んだコート剤が加水時に展着して影響を及ぼしています。
未施工部分の水垢除去率 水洗い洗車を想定した水拭きを行いました。影響を受けているため通常の付き具合よりずいぶんとマシですが、除去率はかなり高くなっています。

光源と角度調整によって認識しやすいようにして画像化していますので、通常の屋外光源だと目を凝らしても分からない程度です。
PG黒施工部分の除去率 こちらも水洗い後です。乾式ガラス繊維系にはこの実験は有利なようで、ナノ黒やピンクダイヤなどと同様に非常に優秀な結果です。

中でも優秀だったナノ黒と同レベルの除去率で90~95%程度の除去率。もはや何事もなかったかのような防御力です。あくまで初期性能ですがやはり優秀です。


PG1黒の耐イオンデポジット比較実験総合評価

まず最初に。他のページでも書きましたが、未施工時の影響に関しましては耐イオンデポジット性能比較のページに注釈を加えることにしました(ナノ黒・PG1黒において影響が大きかったため)

さて、ライバル?とも言える乾式のガラス繊維ケイ素系コーティング剤ナノ黒と同様のタイプのコーティング剤であるPG1ブラック。今回もその高性能を発揮してくれました。

高額だけあって、その価格分相応の好結果をこれまでの実験で残してきており、コストパフォーマンス以外は特にこれと言った弱点も無く、今回の実験でも優秀な結果を残すことができました。

また今回の実験ではアルカリ系水垢クリーナーの結果の必要性がなかったので省かせていただいています。ご了承ください。

しかしながら当実験結果は、繰り返しくどいようですが、あくまで初期性能における実験であることをご了承ください。メンテナンスの必要性もありますし、表層フッ素セルロース被膜が破壊されればそれなりにデポジットも付くはずです。

同系列で好結果を残したナノ黒にしても同様のことが言えるかと思います。メンテナンスには他のガラス繊維系同様にアルカリ系水垢クリーナーなどが有効かと思います。

ただコート&メンテナンスという考え方は最近「最も合理的かつ有効なのでは?」と思っていますのでコーティングコンディショナーの考え方には賛同します。他メーカーですがガラス繊維系全般のメンテナンスに使用できるとのことですし、同系列のコート剤の製品なので有効にメンテナンスができると思います。

ちなみに今回の実験はデポジットの認識力を高めるために今回の実験では色温度の高い5500K(ケルビン)相当の高照度LEDライトをほぼ水平(光入射角5度前後)照射して、パネルを正面にして確認しています。故意にデポジットが目立つ照射で分かりやすく浮き出させています。

この条件下で、この結果を出せるのですから、初期性能と言えども評価は高いです。

未施工面との比較など

今回は比較対象として不適切なレベルまで影響を受けてしまったものの、他のパネルとの比較と言うことで参考程度に考えてください。

未施工部分水洗い後の除去率が約75%で、他の実験では通常60~70%の除去率にとどまっています。施工部分に関しては水洗い洗車後90~95%除去で除去斑などは特にありませんでした。

以上PG1ブラックの耐イオンデポジット比較実験の結果でした。


スポンサード リンク