This page:洗車コーティング実験室 TOP > みんなの口コミ・レビュー > 拭き取りクロス > CG1PRO・マイクロファイバークロス

CG1PRO・マイクロファイバークロス


スポンサード リンク



クリスタルガードで販売されているマイクロファイバークロスのレビュー。

■CG1PRO・マイクロファイバークロスのレビューと評価

総評・感想

KOZMEZからクリスタルガード社へと名前を変更してから新サイトで販売が始まったマイクロファイバークロスです。最初は単品買いしたわけではなく、セットについてきたのですが品質にびっくりです。

セットについてくるレベルのマイクロファイバークロスでは最高級。単品買いでも1,500円で販売されていますが、これでも結構なお買い得価格です。というのも倍の値段のブリスゴールドクロスと質感が似ているからです。

湿式・乾式施工問わず斑になりやすいコーティング剤の施工と拭き取り&均し、最終の空吹き仕上げに使うと最高の仕上がりです。事実上仕上げに関しては、このレベルのクロス以上に適しているものは私は知りません。

非常に短毛のマイクロファイバークロスで折り目が細かく、タオルのようにループ状に毛がないため、マイクロファイバーの特徴を最大限生かしつつ、表面を均一に仕上げられるようになっています。

適合した使用方法

上で書かせていただいたとおり最適な使用方法は仕上げの空拭きが一番。>コーティングの均し=コーティングの施工>>>水分ふき取りの汎用といった適合順になっています。

クロス自体は大きいので、絶対的な保水量もソコソコありますし、吸水性も悪くはないです。しかしながら、その表面の織り方的に、水分を残らず拭き上げるという作業には向いていません。

高額という点もありますし、ここぞ!というときの仕上げ用として用意しておきましょう。硬化系コーティングの施工にも使えますが、もったいないので止めておきましょう。

製品の繊維解析

マイクロファイバークロス

左写真の上側が倍率100倍のマイクロスナップで、顕微鏡による繊維の撮影です。

実際問題クロスなので折り目はありますが、御覧のとおり短毛のマイクロファイバーがびっしり起毛しているような表面状態です。

これがコーティングの施工や均しで仕上がりに適している理由です。タオル生地のようなループ状の折り方だと、均す(レべリングする)時に筋がはいります。

触り心地はスウェードのような感じで非常に手触りはいいです。縁の部分もカッティングで仕上げてありますのでクロス単体での傷つきにくさもTOPレベルです。



性能評価採点


CG1プロ
マイクロファイバー・クロス

総合得点 22/30

価格は高いが、このレベルのクロスは1500円以下で見たことがない。縁がカットされていて傷を作りにくいのも、この手のクロスの最大の利点。

吸水性 3
絶対保水量 3
コーティング施工 4
コーティング均し 5
ワイピング 3
コストパフォーマンス 4

以上CG1プロマイクロファイバー・クロス のレビュー感想などなどでした。


スポンサード リンク