This page:洗車コーティング実験室 TOP > みんなの口コミ・レビュー > 拭き取りクロス > マイクロファイバークロス(タオル)イエロー

マイクロファイバークロス(タオル)イエロー


スポンサード リンク



兼価版のマイクロファイバークロスとして広く知られる。レビューと性能。

■マイクロファイバー(イエロー)クロスのレビューと評価

総評・感想

多くの販社からOEM製品として出回っているのでは?と予想される兼価版マイクロファイバークロスです。毛足が長く、タオルのような感じの織り方のため、販売名はマイクロファイバータオルになっている場合も。

大きさは40×40の正方形が大く、生地自体も厚め。販売価格帯は100円から800円くらいと随分と差がある。ただしこれら似ているものが全く同じものとは限りません。

実際問題、縁の部分の仕上げの粗さや新品クロスに付着している遊び毛の多さ、柔らかさ等細かい部分で異なる品質が見られますので、高い製品がボッタくり製品かと言いますと、一概にそうは言えなかったりします。

ただし100円前後の製品も仕上げ以外の一次ふき取りや、汚れ取り用に使うには十分もったいないくらいの性能なので非常に重宝します。

適合した使用方法

ハッキリいって使い勝手はいいのですが、特化した部分もこれと言ってないです。飛びぬけて良い点と言えばコストパフォーマンスくらいでしょうか。(実はこれが一番大切だったり)

クロス自体は厚手で大きさも結構ありますので、水分ふき取り時の一次ふき取り(荒拭き)や、コーティングの拭き取りを2工程に分けるようなときの一次拭き取りに重宝します。

もちろんマイクロファイバークロスならではの性能は有していますので、これ一枚で水分ふき取りから、コーティング仕上げまで出来ないことはないです。ただ、コーティングの種類や、ボディーの状態によっては拭き取り不良・仕上げ不良が起きる可能性もあります。

具体的に言えば表面張力の弱い被膜=撥水系のコーティングならば水分拭き取りは問題なくいけますが、表面張力が強い面=油膜落とし後のガラスや手入れしていないボディーで親水化した状態は拭き取りが甘く、PVAクロスなどを併用しないと厳しいです。

コーティングに関しても白く残るワックスや石油系のポリマーは比較的きれいに仕上がりますが、ムラになり易いガラス繊維系コーティングなどは仕上がりが厳しい場合があります。

製品の繊維解析

マイクロファイバークロス(タオル)イエロー

左写真の上側が倍率100倍のマイクロスナップで、顕微鏡による繊維の撮影です。

起毛状態はタオルのような状態で厚みがありますので、短毛クロスや揃った織り目のクロスのようにピントが合ってませんが、まぎれもないマイクロファイバークロスです。

毛足も長めで、遊んでいる毛も多いので、コーティングの均しには向かない場合もありますが、その代りに砂埃の様なゴミを拭き取り時に吸収し、ボディーに直接傷が付きにくかったりしますので、洗車のスポンジ代りにも使えます。

デジカメ接写でもわかるとおり縁の部分も仕上げも悪くない製品です(これは100円ではないですが・・・)



性能評価採点


マイクロファイバークロス

※ リンクは1枚当たり130円台の製品を例にしています。

品質重視の方は300~400円の製品が仕上がりが良いかもしれません(変わらない可能性もあり)

総合得点 18/30

使いようによっては最強の逸品。私も無いと困るので、数だけは一番多く持っているクロスです。汎用品として重宝します。

吸水性 4
絶対保水量 4
コーティング施工 3
コーティング均し 2
ワイピング 2
コストパフォーマンス 5

以上マイクロファイバークロス(イエロー)のレビュー感想などなどでした。


スポンサード リンク