クリスタルガードウォッシュワン


スポンサード リンク



クリスタルガードから発売のクリスタルガードウォッシュワンの使用レビューなど

CGウォッシュワンについて

性能概要

クリスタルガード・ウォッシュ・ワン(以下CGウォッシュワン)は株)クリスタルガードから発売されている、CG1専用のコンディショナーシャンプーです。

位置づけ的には微妙なのですが、各社こういった製品は結構出ていまして、ブリスコンディショナーやクルーズのメンテナンスシャンプーと同系の製品かと思います。

各製品若干性質は異なるものの、特性としてはカーシャンプー中にガラス繊維系の疎水基を修復するフッ素樹脂、その溶剤としているのか?IPA(アルコール)を若干含んだ製品が多いようです。

単品で使用しても弱撥水状態になるので、ワックスインシャンプーとして使えなくもないですがメンテナンス効果としては低い上に、被膜修復も中途半端なので私自身は試す為に使った以外で使っていませんし、必要性を特に感じていません。

ガラス繊維系施工自体は手を抜けば簡単ですから単純に被膜修復だけが目的なら湿式で本剤を簡単に重ね塗りした方が効果は大きいですし、メンテナンス効果を求めたければ、ナノ黒コンディショナーブリスファンデーションのような製品を使った方が高い効果が得られます。

手間重視で、カーシャンプーと同時に何らかの効果が得られた方が良い!というユーザーさんにはお勧めできます。

洗浄能力及びメンテナンス効果について

私的にこういった製品を嫌うので若干正当な評価ではないかもしれませんが、洗浄能力は通常のカーシャンプーと同程度ですが、泡立ちは劣るので泡で撫でるような洗車はやりにくいです。(ちなみに謳い文句では強力な洗浄能力・・・ですがそれほどでも無いです)

メンテナンス効果に関しては元々ガラス繊維系の被膜が強撥水ではないので、ウォッシュワンで洗うとちょうどいい感じで弱撥水状態=施工後の初期状態になります。

艶に関しても若干向上します。正直被膜がリセットされて綺麗になるいう意味のメンテナンス効果は皆無で、洗車と軽い再施工効果が得られる一石二鳥な効果を担っています。

悪く言えば洗浄・再施工効果ともに中途半端で性能特化していないので、『二兎を追う者は一兎をも得ず』状態ですが、l一般的な考え方ならリンスインシャンプー的な意味で洗浄しながら再施工できて便利!と思うのかもしれません。

私はたぶんマニアックな部類に入りますので、悪しからず・・・。

艶・コーティング補助としての持続性

艶に関しては再施工にはかないません。若干艶が戻ったかな?という程度ですが洗車の度に使っていれば満足度は高いかもしれません。

CGウォッシュワンで回復した疎水基は、CG1本液施工時よりはかなり短くなります。やはり後塗り施工で、シャンプーと一緒という施工環境では限界があるのでしょう。

被膜や塗装の状態にもよりますが1~2雨、または1か月が持続を体感できる限界といったところでしょうか。しかしながらこれも考え方によっては、洗車は最低でも1ヶ月に1回以上行うし、その都度ウォッシュワンを使うというのであれば満足出来るかもしれません。

使用目的として多頻度メンテナンス剤の部類なので耐久性は求めるべき製品ではないかな?とは思います。


施工性に関して

CG1本液と同成分が入っているような成分表記がしてありますが、本液自体が非常にムラになりにくい製品なので、ウォッシュワンに関しても安心して使えます。私が使った限りだとムラの心配は皆無です。

施工性はカーシャンプーでの洗車と全く同じで「施工」という感じではなく、ごく普通の、通常通りのカーシャンプーを使った洗車を行えばいいだけです。

性能評価採点

 

クリスタルガード・ウォッシュ・ワン

写真は200ml。セットのおまけでは30mlのミニボトルもあり。

 

総合得点 20.5/30

洗車毎に使う多頻度メンテナンスシャンプーとして使って初めて意味のある製品だけに、コスト的にはどうか?

洗浄能力 3.0
泡立ち 3.0
艶・輝き 3.5
施工性 5.0
持続性 3.0
コストパフォーマンス 3.0

以上主に書かせていただいた感想、点数は実験によるものではなく、私個人が使ってみた感じを直感的に表したもので正確な評価ではないと思ってください。あくまでも参考までに。

以上クリスタルガード・ウォッシュ・ワンの評価とレビューでした。


スポンサード リンク