ソフト99リッチ&ソフト


スポンサード リンク



soft99から発売の洗車スポンジ「リッチ&ソフト」の使用レビューと評価などなど

ソフト99リッチ&ソフトのレビューと評価

総評・感想

ソフト99 洗車スポンジ リッチ&ソフトは柔らかくて、ボディーへの追従性が初期段階から非常に良好なので、ドアハンドル回りや凹凸の多いバックドア、フロントバンパー&スポイラーなんかもストレスなく洗えます。

この初期段階から柔らかいというのが非常に重要で、一般的な洗車スポンジはへたってくると良い感じになりますが、それまでは固くてボディーへの追従性が悪いという点を感じることが多々ありました。

悪く言えば腰の無いフニャフニャなスポンジですが、そもそも洗車ではゴシゴシ擦って汚れを落とすのではなく、車のボディー面に満遍なく「撫でる程度」にスポンジが接触すれば問題ないと考えている私にとっては理想的なスポンジです。

カーシャンプー&スポンジの軽いタッチで落ちない汚れに関しては、しかるべきクリーナーでしかるべき対処を行うことが洗車傷をむやみに増やさないためのコツだからです。ですからスポンジの面圧は必要以上にあるべきではないし、固くて腰がある必要性もないと感じています。

柔らかさやタッチだけで判断するならば、他のレビューで書かせていただいた「車にやさしいスポンジ(洗車の王国製)」や3Dスポンジと比較して若干ソフトかな?という感じがする程度で大差ないのですが、この製品の最大の使いやすさは大きさです。

中央が若干くびれてグリップしやすい形状になっており、かつ握り易い厚みは私の手に対するフィッティングとしては最高クラスでした。

最初使う前には、あまりのフニャフニャな柔らかさに「大丈夫か?」という感想も持ちましたが、いざシャンプーを染み込ませて使ってみると、水分を含んだスポンジはずっしり感が出て安定し、柔らかいので凹凸や隙間への追従性も良好です。

ホームセンターやカーショップで購入できる製品としては若干割高感が強い製品ですが、価格に見合った満足感は得られます(私の場合は)



適合した使用方法

カーシャンプーを使ってのボディー、ガラス、ホイールの洗浄に非常に適していると思います。特に洗車傷を気にするユーザーさんにはお勧めです。

柔らかいため、面圧が分散し凹凸が多いボディーで不意に異物を拾っても、逃げとなる孔も適度に空いていますので洗車傷としては最小限に抑えられます。(加圧しすぎはダメです、手を添えるくらいの圧力で洗車すること)

洗車特化型の性能なので汎用度は高いとは言い切れませんが、コーティングにはコーティング専用のスポンジを使うとして、割り切って気持ち良く使用しましょう。


製品の発泡具合の比較

洗車スポンジ

申し訳ないですが、現在持ち合わせなく再購入していないためマイクロスナップはありません。今度購入した時に掲載したいと思います。

構造として一番似ているのは左の画像の一番上「車にやさしいスポンジ」です。色は黒ですが。

マイクロスナップで比較するとよく分かるのですが、柔らかく初期段階からボディー追従性の良いスポンジは一つ一つの発泡の細かさだけではなく、発泡体を構成する壁が薄くて均一だったりします。

まあ顕微鏡で観察する前に使ってみるのが早いのですが、研究していてそんなことに気が付きました。

ちなみに発泡の密度が高すぎると柔らかくても、反発力が強くソフトタッチでのボディー面追従性が悪かったり、砂埃などを逃がしてやる孔が不足していたりするので洗車スポンジとしては使いにくくなります。

まさに画像の上から二番目のブリスコーティングスポンジのようなスポンジのことです。



性能評価採点

ソフト99 洗車スポンジ リッチ&ソフト

総合得点 21.5/30

カーショップで購入できるスポンジとしては若干高めですが、使い心地を考えると納得できるレベルだと思います。たまにセールなんかで安くなっている時に纏め買いをお勧めします。

使いやすさ 5
耐久性 2
コーティング施工 1.5
傷つきにくさ 4.5
洗車 4.5
コストパフォーマンス 4.0

柔らかいので耐久性は低めですが、普通の洗車には問題なく回数をこなせます。コーティングなどに使うべくもない洗車専用のスポンジです。以上ソフト99 洗車スポンジ リッチ&ソフト のレビュー感想などなどでした。


スポンサード リンク