This page:洗車マニアックス掲示板まとめLOGTOP > 車磨き(道具・方法) > ポリッシャー> マキタ ダブルアクションBO5010で磨き

マキタ ダブルアクションBO5010で磨き


スポンサード リンク

Name: にょん (LV7/26回)
Date: 2008/03/22(土) 23:47 返信 引用 編集

Title: マキタ BO5010でのポリッシャー磨き

皆様、こんばんは。先日、とうとうマキタ BO5010 を購入してしまい本日試運転してみたのですが、なかなかどうして、管理人さんの磨きページを読み、YouTubeに投稿されている外人さんを見てイメトレしましたが、さすがに簡単にあの様には行きません、、、



磨きすぎを恐れて 極細目ウレタンバフ+3M 超微粒子 ハード2 5973 と言う組み合わせで行ったのが非力過ぎたのか…時々、各スレに話題が出ていたと思いますが、改めて余計な事をして自爆する前にアドバイス宜しくお願いします。

(私の場合、車色は白パールと赤メタです。)


Name: pon(管理人) (MAX/664回)
Date: 2008/03/23(日) 00:53 引用 編集
Title: Re:ポリッシャー磨き
>にょんさん
磨きのページは更新(修正)しなければ・・・とは思っていますが情報が過去のまま手つかずになっていて申し訳ないです。徐々追加情報を加えるとともに新しい情報に入れ替えます。

マキタ BO5010 ですが正直傷を追うような研磨には使えません(相当の時間をかければ可能かもしれませんが)

表面を整えたり、コーティングを施工したり拭きとったり、シングルで消せなかったバフ目を散らしたり、デポジットを除去したりという感じです。磨くというよりも修正・仕上げ用と言った感じです。

ただ組み合わせによっては研磨効果を出すことも可能で、その分目を消すために多工程になります。ダブルアクション(ランダムオーピッド)の怖い所は肉眼で磨き目が見えないことです。

実際はシングルと同じように磨き目が入っており、その目がランダムなため磨き目が散っているだけで確かに存在しているわけで、これは塗肌から考えるとかなり光沢が減退した状態です。

濃色の場合はハロゲンなどでかろうじて確認作業が可能ですが、淡色系は確認がほとんどできないため、本当に光沢を追い求めた仕上げをするなら結構シビアになってきます。見えなきゃOKな場合はもちろん構わないのですが・・・

え~と。話は戻って多工程の話ですが、傷を取るような研磨をする場合は、バフは低反発ウレタンか短毛ウール、コンパウンドは細めからです。

そこから細めスポンジ+微粒子コンパウンド(極細)、仕上げで微粒子ウレタン+超微粒子の組み合わせで仕上げていきます。(これでも大して削れません)合計3工程です。

これはシングルを使うときでも同様ですが、私の場合はシングルで細目+ウールなどの組み合わせは削れすぎるので使いません。

>極細目ウレタンバフ+3M 超微粒子 ハード2 5973
この組み合わせならかなり磨いても削れすぎる心配はしなくていいと思います。気をつけるなら樹脂パーツのエッジくらいでしょうか



Name: にょん (LV7/26回)
Date: 2008/03/24(月) 01:29 引用 編集
Title: Re:ポリッシャー磨き
なるほど~。 管理人さん有り難うございます。

洗車傷は簡単に付くのに、綺麗に磨き落とすのは難しいんですねぇ(--;) もう少しハードな研磨力の組み合わせも用意して自分なりに試してみます。



Name: ideamoru (MAX/254回)
Date: 2008/03/30(日) 01:57 引用 編集
Title: Re:ポリッシャー磨き
ダブルアクションは音がうるさいので、使用を躊躇しますね。

今日外出した折に、工具店を見つけたので思わずマキタのカタログをもらっちゃいました。早くもシングルに移行しようかと思案中です。浮気性ですな。