This page:洗車マニアックス掲示板まとめLOGTOP > ボディーコーティング関連スレ > 脱脂剤・下処理剤> 手磨き・下処理研磨用品の雑談

手磨き・下処理研磨用品の雑談


スポンサード リンク

Name: pon(管理人) (Ace/112回)
Date: 2007/05/30(水) 13:11 返信 引用 削除

Title: 手磨き・下処理研磨用品などについて

最近のトピックで下地処理&イオンデポジット除去に関して手磨きに最適な用品についての話題がありましたが皆さんはやっぱりスピリット派ですか?



ちなみに私がまあ使えるな~と思っている超微粒子の手磨き用下地処理&研磨剤はシュアラスターのスピリット、リンレイのミラックス(鏡面)、話題に上がっていませんでしたが0.3~0.5μ粒子のブリスファンデーション、0.2μ粒子のホルツ スーパーファインくらいでしょうか。

他にはレベリングレジン コート+も良いよ~という情報がありますが。これは忘れちゃ困る!という製品や各製品の欠点や利点、疑問点などありましたら雑談形式でOKなので意見お願いします。



Name: ミステス (LV8/31回)
Date: 2007/05/30(水) 13:45 引用 削除
Title: Re:手磨き用研磨剤について
もうだいぶ前ですが、固形カルナバワックスを使っていたときは、スピリットを常用してました。濃色車用の方ですが、研磨力が素人の手磨きにはちょうど良いと思いました。

ただ、ガラス系コーティング剤を使うようになってからは、石油系溶剤やシリコンが入っている製品(一般用コンパウンドの多数)は厄介でした。

磨いた後に何らかの脱脂作業をしないと、ガラス系コーティング剤の定着がかなり阻害されるようです。私がオススメしたレベリングレジンも、何らかの溶剤は入っていますが、通常の水洗いだけで余計な成分が簡単に落とせるので、後のコーティング作業への移行がスムーズにできるので重宝してます。

他に、石油系溶剤やシリコンなど、ガラス系コーティング剤の定着を阻害する成分の入っていない、手ごろな製品がありましたら、私も是非紹介して欲しいです。


Name: ぶた猫 (LV8/37回)
Date: 2007/05/31(木) 10:30 引用 削除
Title: Re:手磨き用研磨剤について
 ノンシリコンで安全そうな物を探して、キズに拘るタイホーのアリストクラスのファインカットコンパウンド(白いボトル)定価\2100をまた、箱潰れで20%offで買いました。

 白色及び淡色はこの上からWAXなどで仕上げる。黒色などは、さらにポリッシングコンパウンド(青いボトルでシリコン含有)で磨いてからWAXなどで仕上げるように書いてます。

 箱も大きいが、中身もかなりの量が入ってます。コッテリした液体で、押しても押しても出て来なくて、出る時は『ドバッ』と出るので注意。このシリーズの特徴でしょうか『ビニールが燃える臭い』がします。

 サンドペーパーで『やっちゃった』所をこれで擦ってみたら、思っていたより、かなり『削れる』商品です。その周りも擦ってみたが、艶がなくなる事は無いので、粒的には大きい物では無さそうです。気持ちがブルーになる臭いの為、力を入れさせないと言うメリットはあるのかも。しかし、この量を使い切る事はまず不可能と思います。



Name: pon(管理人) (Ace/113回)
Date: 2007/06/03(日) 23:13 引用 削除
Title: Re:手磨き用研磨剤について
>ミステスさん
やはりシュアラスターのスピリットは皆さんが通る道ですね。超微粒子下地処理剤全般に言えることですがほとんどの場合石油系溶剤が使用されているようです。

実はブリスの下地処理剤ブリスファンデーションも石油溶剤系です。聞くところによると石油系溶剤は性質上避けられないというか入れたほうが研磨剤として安定するようです。

しかしながらブリスの下地処理剤に石油系溶剤はいただけないのではないか?という事でブリスジャパンに質問してみたんですがブリスショップの佐久間さんから丁寧な回答が。

以下

>今までブリスファンデーション等も使用していましたが、ふとした疑問があります。
>
> 今回新たにファンデーションを購入したのですが、石油溶剤入りだということに気がつきました。ブリスは石油溶剤系を含んでいませんがファンデーションで下地処理を行った場合は脱脂が必要ということになるのでしょうか?
>
> もちろん成分に界面活性剤が入っているようなので石油成分は乳化されている状態だとは思いますが少々気になりました。研磨剤を含んでいるので石油溶剤系は致し方ないとは思いますが、疑問に答えていただければ幸いです。


ブリスショップ・佐久間さんの回答

お問い合わせの「ファンデーション」の件ですが、厳密に言えばpon様の言われる様に、「ファンデーション」使用後に「オイルバスター」等で脱脂されるのがベストです。

「ブリスファンデーション」は、他メーカーのコンパウンドとは違い「ブリス」を安定定着させるためのブリス皮膜成分が配合されておりますので、脱脂せずに「ブリス専用コンディショナー」にて水洗い洗車後に「ブリス」を施工されても問題ございません。

また何かご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。

う~ん他のガラス系への適応はどうなんでしょうね?今まで下地処理に使ってきてCG1やブリスはもちろんアクアクリスタル、CPCなどでも特別ハジキやムラが気になったことは無いですがG-hardなどシラン系常温硬化型には止めたほうが良いかもしれませんね。



Name: pon(管理人) (Ace/114回)
Date: 2007/06/03(日) 23:19 引用 削除
Title: Re:手磨き用研磨剤について
>ぶた猫さん

タイホーさんもアリストクラスのブランド立ち上げには失敗した感がありますがホームセンター系ではナカナカそそる製品を出してきていますよね~。まるっとコートもかなり人気らしいですし。

コンパウンドは普通は使う機会が少ないので少量タイプがあれば便利ですよね。機械磨きで全体を仕上げる面白さがでてきたら大量に必要になりますが。

私の場合仲のいいお客さんや友人や社員の車を磨いたりしていますのでコンパウンドとバフ、クロスはいくらあっても困らないです。最近は社内で仕上がりの評判が広がってきたので無料ではやらなくなりましたが(笑)


Name: ミステス (LV8/32回)
Date: 2007/06/04(月) 10:43 引用 削除
Title: ブリスファンデーション
>他メーカーのコンパウンドとは違い「ブリス」を安定定着
させるためのブリス皮膜成分が配合されておりますので、

上記の内容は、私もどこかで聞いた覚えがあるのですが、ちょっと疑問が残りました。「ブリス」を安定定着させるためのブリス皮膜成分とは、ブリス自体にも入っている成分なのか、それとも、ブリスには入っていないバインダー的な成分なのか?

ブリス自体にも入っている成分ならば、ブリスそのものを塗るのと、安定定着には変わりないように思うのですが。うがった見方をすれば、下地処理剤としてブリスとセットで購入してほしいという、営業トークのような気もするのですがどうでしょうか?

もし、ブリス自体には入っていない、ブリス被膜の定着強化の為のバインダー成分が入っているなら、むしろ、ブリスファンデーションの使用はブリス施工前の必修工程になるような気がするのですが。



Name: pon(管理人) (Ace/118回)
Date: 2007/06/04(月) 18:57 引用 削除
Title: Re:ブリスファンデーション
>うがった見方をすれば、下地処理剤としてブリスとセットで購入してほしいという、営業トークのような気もするのですがどうでしょうか?

まあそんな程度だとは思いますよ。あわよくば自作できるかと。私が以前考案した「ガラス繊維系メンテクリーナー」と同様の考え方で超微粒子研磨剤+洗浄成分+コーティング剤の主剤という感じでしょうね。

>ブリスには入っていないバインダー的な成分なのか?
これはないでしょうね。メーカーサイドのHPでもブリスと同じ成分というような事が書いてありますので。成分の表記には「ガラス繊維系ポリマー」と有ります。