This page:洗車マニアックス掲示板まとめLOGTOP > 車磨き(道具・方法) > 手磨き> 磨くと下地が?磨きの是非

磨くと下地が?磨きの是非


スポンサード リンク

Name: 凛太郎 (LV1/1回)
Date: 2007/10/22(月) 22:56 返信 引用 削除

Title: 磨きの是非

 はじめまして。新しい車を買ってから、洗車に目覚めました。ポリラックやシュアラスターBlackLabel等も楽しんでいますが、どちらかというと、汚れを落とす、傷をなくす ことに注力してます。



 具体的には、普通に洗った後、拭きあげるときによーくボディを見ながら拭き、傷や残った汚れ(ピッチだったり、鉄粉だったり)を覚えておきます。拭きあげた後、コンパウンド(Wilson 超微粒子-0.5μm)を不織布や木綿の布を使って覚えておいた部分をヒコヒコ磨いています。

 通常は不織布にほとんど色が付かない程度ですが、やや深めの傷を消そうとしたときにはうっすらとペイントの色が付くことがあります。

 コンパウンドで磨くと塗装面が薄くなることは間違いありません。塗装面のTop厚は30~40μくらいと伺っております。0.5μの粒径はやや大きいような気がしますが、不織布にほとんど色がつかないことから実質的には問題ないと思っています。

 皆さんはあまりコンパウンドで磨くことはしないのでしょうか?(全面を磨き上げる用途以外に)管理人さんのみんから版の最高のコーティングは塗装を読み、うなずくところ多しでした。

ちなみに、私の車はスイフトスポーツの黄色で、クリア層が無いという噂です。



Name: pon(管理人) (MAX/447回)
Date: 2007/10/22(月) 23:21 引用 削除
Title: Re:磨きの是非
>凛太郎さん
はじめまして管理人のponです。

>ポリラックやシュアラスターBlackLabel等も楽しんでいますが、どちらかというと、汚れを落とす、傷をなくす ことに注力してます。

なる程です。保護より除去による美観を求めるという感じですか。それもまた拘りですね。ポリラックのダブルアクション施工なんかは美観を維持するのにはかなり適していると思います。

スイフトスポーツのイエローは当掲示板のぶた猫さんと同じカラーでしょうかね?磨いてクロスに色が付くのでしたら間違いなくクリア層は無いと思います。完全なソリッドカラーですね。

私は手磨きもやっていましたが今ではシングルを片手に・・・と言う状態です。しかしながらスポット的な磨きはほとんどやりません。

なるべくなら磨かない。コーティング層に汚れを付着させる→付着したものはなるべく非研磨系のケミカルで落すというスタンスを取っています。

>管理人さんのみんから版の最高のコーティングは塗装を読み、うなずくところ多しでした。

ありがとうございます(照
http://minkara.carview.co.jp/userid/281355/blog/6238331/
の記事ですよね?今もその想いは変わらずに生きつづけています。


Name: 凛太郎 (LV2/2回)
Date: 2007/10/22(月) 23:31 引用 削除
Title: Re:磨きの是非
> なる程です。保護より除去による美観を求めるという感じですか。
>それもまた拘りですね。ポリラックのダブルアクション施工
>なんかは美観を維持するのにはかなり適していると思います。
この記事は興味深く拝見しました。

> スイフトスポーツのイエローは当掲示板のぶた猫さんと
>同じカラーでしょうかね?
おなじです。ぶた猫さんはみんから仲間です。

>磨いてクロスに色が付くのでしたら
>間違いなくクリア層は無いと思います。
クリア層突き破っちゃったのかな、、なんて考えたこともありました。(^^;;

> なるべくなら磨かない。
>コーティング層に汚れを付着させる
>→付着したものはなるべく非研磨系のケミカルで落すという
>スタンスを取っています。
 これは磨いているといつかは地肌が出ちゃうよ、、というお考えからでしょうか?



Name: pon(管理人) (MAX/448回)
Date: 2007/10/23(火) 00:02 引用 削除
Title: Re:磨きの是非
>地肌が出ちゃうよ・・
手磨きで超微粒子を使用しているのであれば滅多なことでは地肌に達することはありませんが、スポットで手磨きを頻繁にしているといつかは部分的に中塗りまで達することがあります。

メタリックは基本2コートなのでクリア層を突き破らなければ影響はありませんが樹脂部分(バンパー)なんかは手磨きでも容易にクリア層を破りますので注意が必要です。

パールに関しては3コート、キャンディーに関しては4コートしてある場合も有ります(カラークリアによる色の深み調整もして有ります)

塗装のオリジナルカラーと顔料の層ごとの硬度の違いなどを考えるとなるべく削らずに、削るなら均一に残しておきたいという考え方です。と言ってもなかなか実情は難しいのですが・・。



Name: 凛太郎 (LV2/3回)
Date: 2007/10/23(火) 00:25 引用 削除
Title: Re:磨きの是非
>手磨きで超微粒子を使用しているのであれば滅多なことでは
>地肌に達することはありませんが、
 ちょっと安心しました。

>スポットで手磨きを頻繁にしていると
>いつかは部分的に中塗りまで達することがあります。
 もちろんそうですね、、 まぁ同じところを何回もやる確率は低いと思いますので、コーティングも併用しつつ、できるだけ少なくなら大丈夫かな、、と理解しました。 だいたい一カ所30mmx50mm程度を一回の洗車で3~5箇所くらいですかね、、

>樹脂部分(バンパー)なんかは手磨きでも容易に
マジですか? ってことはSolidでも容易に地肌出ちゃうかも、、ですね、、 樹脂部は塗料のノリがいいから厚いのではなんて思ってたもので、、知りませんでした。注意します。

 アドバイス頂きたかったところ、すっきり頂けて感謝!です。



Name: pon(管理人) (MAX/449回)
Date: 2007/10/24(水) 23:28 引用 削除
Title: Re:磨きの是非
一応補足しておきます。

○手磨きに関して

そもそも塗装の役割としての大前提は防錆・耐腐食性能です。考えられる一般的な使用環境で鋼板が錆びて穴があいたりしない為に「機能性」を保つことを重要視しています。

現在ではそれと同じ位重要視されており、ユーザーにとってはそれ以上かと思われますが「美観」を保つという役割です。

樹脂部分に関しては正直「美観」さえ保てれば問題ないという考えなので車のグレード(高級車か否か・・・)にもよりますが、ファミリーカーなどの一部では極端に塗装が薄い(発色しているだけの)車があります。そのような車の場合簡単に地が出てしまうということです。

○機械磨きの場合

塗装の厚い、薄いに関係なく注意が必要で、特にシングルなど熱が発生する機械磨きでは樹脂が熱により柔らかくなりますので容易に下地の樹脂と共に塗装が変形剥離状態になってしまいます。

金属部分でも起こりますが樹脂部分の方が曲線も多く材質的にも剥離や焼き付きが起きやすいので注意が必要です。



Name: 凛太郎 (LV4/8回)
Date: 2007/10/25(木) 07:29 引用 削除
Title: Re:磨きの是非
> 一応補足しておきます。
 丁寧なフォロー恐れ入ります。

>ファミリーカーなどの一部では極端に塗装が薄い(発色しているだけの)車があります。
 
 なるほど、、

>機械磨きでは樹脂が熱により柔らかく
 了解です。 たしかに曲面で凹凸があると、凸部が集中的に磨かれますからね、、
ありがとうございました。