This page:洗車マニアックス掲示板まとめLOGTOP > ボディーコーティング関連スレ > コーティング全般の雑談> ベースとしてのオルガノポリシロキサン硬化樹脂

ベースとしてのオルガノポリシロキサン硬化樹脂


スポンサード リンク

Name: pon(管理人) (Ace/140回)
Date: 2007/06/12(火) 23:52 返信 引用 削除

Title: オルガノポリシロキサン硬化樹脂


サンプルで頂いたオルガノポリシロキサン系のコーティング剤を硬化させた物質です。だいたい50ml程度でも1万円位で市販に下りてくる場合は数万円の価格が付くハイブリッドタイプです。



だいたいこのようなシロキサン硬化系の場合完全無機のガラスとされていますが実際は・・・らしいです。確かに化学元素的には石英ガラスとほぼ同等になるらしいのですが結合状態等の関係で密度は異なるそうです。

という事で硬化樹脂と書いてみました。しかしながらこのような限り無く劣化酸化しない被膜の上に有機系の被膜を結合しイオンデポジットを強力に防止するようなタイプが理想系であり、私も施工リスクしだいではベースにしようかと思っています。

濃度の高いシロキサン硬化被膜は本当に硬いです。写真でも分かるとおりガラスですと言われても納得できます。手で触ってもかなり硬質感があり「脆い物質」ではありません。

巷ではμ単位の被膜で物理的な擦り傷を防止するなんて笑止。というのが一般的になりつつあり、私も少なからずそう思っていた点はありますが完全にその考えは覆りました。

摩擦、引っかき等に防御力を示すコーティング剤は存在します。

話は変わりますが「コーティング剤開発プロジェクト」を進めているときに上のコーティング剤に出会ったので硬化系の線もあったんですがやはりネックはコストパフォーマンス、イオンデポジットを防ぐ為の表面被膜の形成、メンテ、施工リスクなどが問題となり断念。

やはり目指すべくは深い艶、耐イオンデポジット性能、ベースとなる耐久性、そして究極に良い施工性を兼ね備えたガラス繊維系コーティングの最高峰を自分専用に作ることが当面の目標となりました。

近いのはハイブリッドナノガラス、使ったことはナイのですがイメージ的にPG1ブラック辺りです。これらを超えるってだけで永遠に無理そうですが(笑)


Name: 春樹 (LV3/5回)
Date: 2007/06/13(水) 22:25 引用 削除
Title: Re:TRIZとハイブリッドナノガラス
どうもこんばんは。春樹です。

実は自分もTRIZとハイブリッドナノガラスで悩みました。あの広告を見てたら非常に気になります。管理人さんの高評価も重なって買う気はマンマンだったんですが・・結局はTRIZになっちゃいました。

あの量であの値段は相当自信があるか、思いっきりだましてるかwどっちかしかないですから、無難な方に走りました。

TRIZの耐久性を確認して、落ちてきたら、次はハイブリッドナノガラス行ってみようと思ってます。まだ暫くは無理ですが・・


Name: pon(管理人) (Ace/141回)
Date: 2007/06/13(水) 22:43 引用 削除
Title: Re:オルガノポリシロキサン硬化樹脂
>春樹さん
スイマセン紛らわしい書き方してしまって・・・ハイブリッドナノガラスは一応ガラス繊維系のコーティング剤で塗装面とイオン結合するタイプで硬化系ではないようです。上のタイプとは異なります

上の写真は高密度シロキサン硬化樹脂の表層に有機フッ素被膜を形成するハイブリッドタイプという意味でした。DIYで施工するには勇気がいる部類です

余談ですがハイブリッドナノガラスに関しては私もかなり抵抗がありました。あの量であの値段は詐欺でしょ!?って。掲示板に実験要請が書きこまれなかったら絶対購入しなかったコーティング剤です(笑)

でもあのガラス繊維系は皆さんがイメージしているブリスやCG1のような一般的に有名なガラス繊維系とは全くの別物です。まず乾式に近い施工方法でもムラにならないという点。更にメチャクチャ濃い液剤なんでIPAや精製水で倍以上に希釈しても普通に使えます。

ネームバリューが足りないのと派手に広告を打っていないので、高すぎるというイメージが先行して損している典型ですね。


Name: 春樹 (LV4/6回)
Date: 2007/06/13(水) 23:01 引用 削除
Title: Re:オルガノポリシロキサン硬化樹脂
自分は正直全然成分等には詳しくありません。このHPを知ってから、お店などでモノを見るときは成分を確認するようになったんですが、ほぼ分かってませんです。

だから最初は加水実験とかバーナーの実験とかは見てませんでした(すいません)今は全て熟読してますが・・・w

で、買うときに気になったのは撥水性です。これが躊躇する原因でした。小さく疎水性とは書かれてるんですが、写真等が全然無いので。コロコロ水玉はデポが怖いので買えないんです。

それと管理人さんに質問があるんですが、拭き取り感はどうでしょうか?あまり重たいのも傷がつきそうで気になります。よかったら教えてください。


Name: g@slfbsb (LV2/3回)
Date: 2007/06/20(水) 11:49 引用 削除

Title: Re:ポリマックスやポリマックスプレミアムコート

こんにちは

同成分としてポリマックスやポリマックスプレミアムコートなどが有るみたいですが、いわゆるポリマー系コーティングはガラスコーティングと称されて居るみたいですね。しかし、実際は硬化樹脂って言葉の方が正しいと私も思います。

上記ありますように、ベースに樹脂硬化をその上にガラスコーティングが良いようなって事には同感です。PG1ブラックは高価なので(笑)ポリマックスを代用後、PG1ゴールドなどの組み合わせなんていかがなもんでしょう?。


Name: pon(管理人) (Ace/160回)
Date: 2007/06/20(水) 13:47 引用 削除
Title: Re:ポリマックスやポリマックスプレミアムコート
ポリマックスに関しては掲示板ユーザーのぶた猫さんから頂いたことからオルガノポリシロキサンが成分として入っている事がわかりましたがかなり低濃度で異種ポリマーと混合しているため一般的なポリマーと比較すると強いかもしれませんが被膜が脆いと思います。

シロキサン系は濃度、純度が硬度と定着度を非常に左右します。異種ポリマーと混合して使用しやすくすることは十分に可能ですが、硬化被膜としての役割を失ってしまいがちです。

逆にイオン結合反応を利用したガラス繊維コーティングであるPG1ブラックの方が塗装定着力は強いかもしれません。市販で例として挙げられるものが少ないのが歯がゆいですがカーシャインFG7、FG9が数少ない中で挙げられると思います。

あえてFG7とFG9を差別化していることからシロキサン濃度がいかに被膜を形成する上で重要であるかが伺えます。FG9の方が高濃度で高密度硬化被膜を作ると思われます。PG1ブラックやゴールドなど最高峰の物を使用するならこういった高密度なものが良いと思います。もちろん施工リスクは比例して高くなるわけですが・・・

すみません。ちなみにPG1ゴールドは興味があるものの何系になるか不明なんですがどういったものでしょう?ガラス繊維+酸化チタンとかですか?