This page:洗車マニアックス掲示板まとめLOGTOP > ワックス > カーワックス雑談> カーワックス関連(シュア・グリオズ)part1

カーワックス関連(シュア・グリオズ)part1


スポンサード リンク

Name: ミステス (LV8/47回)
Date: 2007/07/01(日) 14:33 返信 引用 削除

ワックス関連スレ

みなさん。お久しぶりです。別スレで、ワックス関連の話題が盛り上がっていたようなので、新スレ立てました。で、早速なのですが、ザイモールでカーボンとかって、薄い水色してますよね。あれは何の成分の色なのでしょうか?



確か、ザイモールは、天然成分のみで作ってるような話を聞きましたが、水色の原料が思い浮かばないもので、いつも不思議に思ってました。ご存知の方、居られますか?

ちなみに、私のワックス使用暦は

シュアラスター
 ・マンハッタンゴールド
 ・ザ・シュアラスター
 ・インパクトマスターフィニッシュ
 ・サンシャインUV

グリオズガレージ
 ・ベスト・オブ・ショーワックス

などです。正直、上記製品間では、艶の違いはほとんど自分にはわかりませんでした。(マスキングテープで左右塗り分けなどせずに、普通に塗った場合の比較)

また、耐久性も、自分の洗車間隔では大差無し、防汚性能も同等に感じました。サンシャインUVの対紫外線防止効果は、実感できませんでした。

後、施工性に優れるシュアラスターですが、確かに塗り易さ、ふき取り易さは大変良好でしたが、1台仕上げると、最後には、スポンジやクロス、そして手が、油脂(石油系溶剤含む)でかなりべたついた印象がありました。

これに対して、グリオズガレージのベスト・オブ・ショーワックスは、液体のカルナバワックスなのですが、水に溶け、スポンジやクロスも水洗いも出来るくらいだったのが好印象でした。(どういうわけか、乾燥後は水でも直ぐには落ちない位、定着します)

今は、日本市場から撤退してしまいましたが、このメーカーのポリシーは好みでした。(全ての製品で)それでは、ワックス関連ネタでもあれば、お聞かせください


Name: ぶた猫 (LV9/73回)
Date: 2007/07/02(月) 00:58 引用 削除

色々なワックスの所感

固形WAXが面倒なので、拭き取りが要らないタイプの、オカモトの流水力と言う液体WAXを試しました。説明書を見て、自分が捜し求めていたのは『これだ』と思ったんですが。

帝王とその上位のスプレーと3種類試してみたが、作業性は確かに良いが、あまり艶はありません。塗って2日目までの雨なら、効能に近い状態です。

1週間ぐらい雨が降らなければ、ダメです。雨一回で終わりです。小まめに塗りなおすしか無いようです。要は、埃が溜まるまでなら有効で、溜まるとそれを押し出す力は無いようです。降ったり止んだりの雨では、なおさらダメです。

固形WAXのこの系統の、ソフト99のXAQUAも、風で水が落ちると書かれていますが、拭き取りは必要ですが、上記と同じです。

シュアラスターはいろいろ試したが、微妙に艶の感じに差があります。塗り易さ・拭き取り易さ・撥水の耐久性は、やはりブラックが最高でした。スポンジのべた付きは、こんなもんだろうと。ただし、タイヤ用のWAXは、洗うと靴墨の臭いがして、かなりべた付きますので、洗わずに数回使ってポィしてます。

WAXを塗るスポンジもいろいろ試したが、マンハッタンに付いているスポンジが化粧用のものを使っていて目が細くて柔らかいが、柔らか過ぎて塗りにくい。柔らかすぎると力を入れて握らないと、地面に落としやすい。

エステー化学のABSORBXワックス用パフが、目が細かく柔らかいけど腰があり、力を入れなくても良いので使いやすいです。乾くとカチカチです。

最後に、シュアの鏡面仕上げクロス。これは他に代用が無いぐらい、艶がアップします。通常これだけ毛が長いと、平面に仕上げるのは難しいが、力を入れやすい厚みがあり、これがポイントかと思います。

まぁ、手間や艶はそれぞれお好みがあるでしょうが、少なくとも使用回数から考えると、コーティング剤より固形WAXの方が、コストパフォーマンスは優れていると思います。

ザイモールは現物を見た事すらありません。非常に硬いので、スポンジでは塗れず、手で暖めながら指で塗るとか、本に書いてありました。ほんまかなぁ~。


Name: ぶた猫 (LV9/74回)
Date: 2007/07/02(月) 02:55 引用 削除

グリオズガレージのワックスが売っているところ

調べたら、グリオズの商品は、六本木と神戸の店しか取り扱いが無く、通販ではここにあります。

http://www.webpj.net/hpgen/HPB/entries/16.html

まだ販売はされているようです。キズ埋め成分が含まれていると書かれています。使用記は、ここにあります。

http://members.tvnet.ne.jp/upupu/washing/griots_w.html

私も聞いた事はあるが、見た事は無いです。でも、これを読むと拭き取りが難しい商品だなぁと思いました。


Name: ミステス (LV8/48回)
Date: 2007/07/02(月) 11:45 引用 削除

グリオズガレージの製品使用レビュー

>シュアラスターはいろいろ試したが、微妙に艶の感じに差があります。塗り易さ・拭き取り易さ・撥水の耐久性は、やはりブラックが最高でした。

私は、ブラックレーベルシリーズが出た頃は、完全にコーティング派になっていて、未経験です。シュアラスターの完成形(最終形)ですかね?よほどの技術革新というか発明がないと、固形カルナバワックスは今後の進化は難しそうな気がしますね。

>コーティング剤より固形WAXの方が、コストパフォーマンスは優れていると思います。

全く同感です。私は、シュアラスターのジュニア缶で軽く1年は持ちました。グリオズガレージの商品ですが、簡易ワックス系のスピード・シャインと、下地処理用のファイン・ハンド・ポリッシュの使用経験もあります。

■スピード・シャイン

これは、ワックス使用時の普段のメンテ剤としては非常に便利で有効でした。濃色車でも、拭き筋等が出ずに簡単に施工できますし、界面活性剤で簡単な汚れ除去もできました。

ワックス成分も入っているのでしょうが、全くべたつくこともなく、仕上がりもツルツル感が良かったような気がします。

■ファイン・ハンド・ポリッシュ

これは、シュアラスターならスピリットに相当する商品ですが、ベスト・オブ・ショーワックス同様、水との親和性がよく、水拭きでもふき取れるのが便利です。

ただ、下地処理剤としての仕上がりの総合的な判断では、個人的には、今はカーシャインのレベリングレジンが一番お気に入りですね。

ところで、ベスト・オブ・ショーワックスに関してですが、完全に乾いた塗装面に塗りこむ場合は、シュアラスターのワックスの方が伸びもふき取りも良好です。(石油系溶剤の効用だと思います)

ただ、水を上手く使って施工すると(スポンジを濡らしたり、ふき取りで水拭き)、ベスト・オブ・ショーワックスもかなり施工性が良くなったと記憶してます。

それから、重ねがけでの傷埋め効果が謡われてますが、確かに2、3回の重ねがけで効果が出るみたいですが、個人的には、どうも酸化劣化するワックス被膜を厚塗りするのが嫌なので、この点は、ガラス系コーティング剤の重ねぬりの方が好みですね。

ガラス系コーティング剤でベース被膜を作り、その上にワックスを塗る。最初は、どうも上記の組み合わせに否定的だったのですが、みなさんの話を聞くと、有効な面もあるように思えてきました。

問題点は、ベース被膜の再施工の際に、ワックス被膜の完全除去をするのが面倒な点ですかね。それと、青空駐車だと、やはりワックスは汚れやすいという実感はあります。シャッター付きの屋内ガレージでももてないと、今はちょっと、ワックスには戻れない気持ちですね。


Name: pon(管理人) (Ace/183回)
Date: 2007/07/04(水) 02:25 引用 削除
Title: Re:ワックス関連スレ
う~ん。やはりミステスさんとぶた猫さんには敵いそうもありません。歴史が違いますね。私の場合ワックスを使っていた頃は特にこだわりは無くほとんど興味本位で色々使い散らかして施工方法もへったくれも無い状態でした。

ソフト99やリンレイのハンネリやシュアラスターシリーズのブラックレーベル以外、クリアエイド(純ワックスではありませんが)とかその辺しか使っていませんね。

勉強させていただきました。最近ワックスの話題が挙がったものですから無性にザイモールが試してみたくなってしまいました。