This page:洗車マニアックス掲示板まとめLOGTOP > ボディーコーティング関連スレ > コーティング全般の雑談> ガラス繊維系と樹脂系の艶、輝きに関して

ガラス繊維系と樹脂系の艶、輝きに関して


スポンサード リンク

Name: ベンカラン (LV1/1回)
Date: 2007/09/27(木) 13:08 返信 引用 削除

Title: ガラス繊維系と樹脂系の視覚的違い

コーティングは、研磨作業後の仕上げに使う物と考えているので、このような実験は、非常に参考になります。



ガラス繊維系の方が、コントラストがハッキリしてますね。それだけ表面が滑らかで、乱反射が少ないって事ではないでしょうか?


光の反射は、物質に含まれる金属イオンの種類や量で変化すると聞いた事があるのですが、
CG1のクリスタル繊維と、ブリスのガラス繊維では、やはり反射の質も変わってくるのか?非常に気になる所です。

どうなれば良いのかも、好みの問題ですので、比較は非常に難しいと思いますが・・・



Name: pon(管理人) (MAX/408回)
Date: 2007/09/28(金) 23:24 引用 削除

Title: Re:ガラス繊維系と樹脂系の視覚的違い

>ペンカランさん
そうですね。基本的な光沢度は実車レベルでは下地処理などが一番の要因で、艶の質を変え、塗装保護の被膜を作るのがコーティング剤の役割だと思っています。

やはり実験ではガラス繊維系有利と言うか私好みな結果になっています。比較といいますか完全に自分主観な感想になってしまっていますが・・・参考程度に「ふ~ん」と思っていただければ幸いです。



Name: ベンカラン (LV2/2回)
Date: 2007/10/02(火) 14:07 引用 削除

Title: Re:ブリスNEOとCG1は似ている?

色々と調べましたが、ブリスNEOは、ブリスやブリスXでよく言われているギラ付き(艶出し剤っぽさ)は、ありませんか?

光沢のクリアさでは、周りの評判を調べると、やっぱりCG1かな・・・っと、勝手に思ってるのですが、ブリスNEOと、CG1では、どうなんでしょうか?


Name: pon(管理人) (MAX/417回)
Date: 2007/10/03(水) 12:51 引用 削除
Title: ブリスのギラ付き感
>ブリスNEOは、ブリスやブリスXでよく言われているギラ付き(艶出し剤っぽさ)は、ありませんか?

正直実車に施工するとあまり違いがわからないと言うのが現状なんですが、よりカルナバワックスっぽい艶(深みのある艶?)はブリス、ブリスXのほうです。NEOの方がCG1に近い感じがします。

艶の感じ方は色々ですね~ブリスのギラツキっていう表現は自分的には全く当てはまらないです。ガラスに塗るとぎらつきますが、ボディーは濡れたような艶、と言う感じです。

CG1に関しては実車施工回数が少ないので重ね塗り、その後の経過などを十分に観察できていないのでブリスほど研究していないのですが、この掲示板のユーザーさんの印象だとクリアと言うよりも白っぽい輝き・・・特に重ねると感じるようです。

周りの評判も参考になりますが、風評と言うのは聞いた話をそのまま書く人も居ますし、業者さんが書いていたりすることもしばしば・・・私のように複数の車にほとんど際限無しに施工できたり、テストパネルを使って全くの無垢の塗装に施工して塗り比べをして検証している人はほとんどいないと思います。

私の情報に信頼性があるかどうかは別として周りの風評って思ったり曖昧だったりするモノなので、気になったことは情報を「参考に」自分で調べた方が納得が行くかもしれませんね。

と言う感じで調べ始めた結果がこのサイトの根源だったりするわけですが(笑)



Name: ベンカラン (LV2/3回)
Date: 2007/10/04(木) 14:45 引用 削除
Title: Re:ブリスの艶=カルナ場の艶?
そうですね、カルナバを深みのある艶と表現するのであれば、ブリスの艶も、ギラツキという表現には、当てはまりませんね。

ガラスのコーティングの輝きに慣れてしまってますので、油膜もカルナバも、化学組成は同じ炭化水素ですから、ギラツキと感じてしまいます。

業者さんの書き込みですか・・・人気の高い物を中傷して廻ってる人も居るみたいですが、一応ヤフオクの評価が一番純粋に参考になるかな?と思います。得にCG1の評価は内容が充実していますし

ブリスがCG1に近いブリスNEOを作ったのも、CG1の評価に影響を受けたのでは?そう言えば、MacのCM見なくなりましたね。


Name: pon(管理人) (MAX/419回)
Date: 2007/10/04(木) 22:13 引用 削除
Title: カルナバの組成式=炭化水素
>油膜もカルナバも、化学組成は同じ炭化水素ですから

石油類を総称して炭化水素なので100%シリコーン系以外はほとんど全ての製品が炭化水素になりますが「炭化水素」は総称なのエンジンオイル、ガソリン、灯油、シンナー、ベンゼン・・・などなど全て炭化水素になってしまいます(石英とか本物とか書いているガラスコーティングも全部炭化水素入りって事です)ので本当の意味でHCを含んでいない製品があるのかは微妙なラインですね。そういった意味ではブリスなんかも怪しいと言えば怪しいです。(HPにも書いています)

ちなみにカルナバ蝋自体って炭化水素なんですか?これは知らなかったです。結果的にカルナバだけでは使用できないので石油系溶剤(炭化水素)と混ぜ合わせ無ければいけないという点はありますが。

>一応ヤフオクの評価が一番純粋に参考になるかな?と思います

ヤフオクの評価って取引に対する評価が多くて使用感とかを書いている人って少なくないですか?

でもその中でもリピーターさんの書き込みなんかは非常に参考になるのは確かですね。取引が多いのにリピーターが少ないとか、リピーターがその製品だけしか買ってないとかだと怪しいと言う判断も出来ますね。



Name: ベンカラン (LV3/4回)
Date: 2007/10/09(火) 15:14 引用 削除
Title: Re:ガラス繊維系と樹脂系の視覚的違い
大気中の二酸化炭素を吸収して出来ている物は、全て炭化水素なので、知らなくてもカルナバだけ例外なんて事は、考えにくいですよ。

それに有機物でなければ、有機溶剤に馴染みませんのでブリスなんかは、配合されている薬剤がそのまま被膜になるわけではないですよね?薬剤も確か水性で、溶剤って感じは無かったはずですが?



Name: pon(管理人) (MAX/431回)
Date: 2007/10/09(火) 22:21 引用 削除
Title: Re:ガラス繊維系と樹脂系の視覚的違い
>ベンカランさん
カルナバ「蝋」って言うくらいですからよくよく考えたら思いっきり炭化水素っぽいですね。否定したわけではなく質問なので・・・私も分からない事の方が多いもので皆さんに教わることもたくさん有ります。

ブリスは容器が透明ではないので皆さんは知らないでしょうが、放置すると分離します(溶剤は入っていないと思います)。一部水溶性では無いものがあった様な気がしたので。ブリス加水実験で言及しています。ということで実験・検証した上での疑問です。

成分表記されているものだけが全てでは無いと言うのはコーティング剤に置いては当たり前のようですから、実際は何が入っていてもおかしくないと思います。



Name: ベンカラン (LV3/5回)
Date: 2007/10/11(木) 14:25 引用 削除
Title: CG1の光沢維持率
そうですか、ではCG1が耐候性試験の結果で100%と謳っているという事は、光化学反応は起きない被膜という事だと考えられますので、もし被膜に有機物が含まれているなら、100%にはならないと思います。

ブリスNEOも、CG1も似たような物であるなら、ブリスNEOの被膜にも有機物は無いんじゃないでしょうか?実験して結果を出している訳でもない推測ですが



Name: pon(管理人) (MAX/433回)
Date: 2007/10/11(木) 22:52 引用 削除  

Title: JIS-K2396の実験に関して

CG1の実験結果の光沢保持100%の試験は某有名な裁判でも行われていた試験だったような気がしましたが、CG1の場合条件が全くかかれていないので良く分からないです。被膜単体なのか、塗装なのか、塗装だったらカラーは何か、期間、条件などなど不明なので当サイトでもあまり言及していません。

CG1のサイトにも書いてあるように結局洗車等の物理的な力で光沢劣化するので私自身もあまり気にしていません。

CG1は元々の成分表記に意味不明な点があるため有機か無機か分かりません。ブリスシリーズは初代から成分こそ変わってはいますがフッ素とセルロースが入っており、重合被膜としている時点で有機物入りだと思います。

ただ限りなく劣化しにくいので実用上の光沢減退を洗車以外で感じることは無さそうなレベルです。CG1に関しても「ほとんど劣化しない」と言う表現を使っていることから「完全無機」ではないのでは?と思います。



Name: ベンカラン (LV4/6回)
Date: 2007/10/12(金) 10:23 引用 削除
Title: Re:JIS-K2396の実験に関して
実験方法は、JIS-K2396と書いてますので、条件の詳細もJIS-K2396で良いのでは?確かに有機物の塗装に定着する為には有機物も必要だと思いますが液体を放置しても固まるものでは無いですから・・・

有機と無機が対になった構造で、有機の部分が塗装に定着半分しかトゲの無い引っ付き虫のようなものだろうと思いますよ