This page:洗車マニアックス掲示板まとめLOGTOP > ボディーコーティング関連スレ > 脱脂剤・下処理剤> ホルツのカラーカットの原理や効果に関して

ホルツのカラーカットの原理や効果に関して


スポンサード リンク

Name: ひろき (LV1/1回)
Date: 2007/06/04(月) 13:28 返信 引用 削除

Title: ホルツのカラーカット

はじめまして。コーティング剤ではないのですが、ホルツのカラーカットってご存知ありませんか?友人が下地処理に使用しているそうなんですが、コンパウンドとはちょっと違うようです。削るのではなく、薬剤の力で塗装表面を溶かして下地を仕上げるようです。


Name: ひろき (LV1/1回)
Date: 2007/06/04(月) 13:28 返信 引用 削除

Title: ホルツのカラーカット

はじめまして。コーティング剤ではないのですが、ホルツのカラーカットってご存知ありませんか?友人が下地処理に使用しているそうなんですが、コンパウンドとはちょっと違うようです。削るのではなく、薬剤の力で塗装表面を溶かして下地を仕上げるようです。

友人はコンパウンドより簡単と言うのですが、私には怖くて試す勇気がありません(^_^;)もし試された方がいらっしゃったら感想をお聞かせ願えないでしょうか?



Name: ミステス (LV8/36回)
Date: 2007/06/04(月) 15:46 引用 削除

Title: ホルツのカラーカット使用経験

かなり昔に使った経験はあるのですが、記憶があいまいなので参考程度にして下さい。(この製品は歴史が古い定番商品です)

そのころは、まだ洗車用品に関する知識や経験が浅かったので、水垢クリーナーとして使ったのですが、結構汚れがよく落ちた記憶があります。私的には、いわゆるシリコンオフの一種として使っていました。脱脂作用以外のクリーナー成分も入っていると思います。

ただ、この製品は、何故、ホワイト用とメタリック用の2種があるのかわかりません。コンパウンド含有のクリーナーは、研磨粒子の違い(研磨力の違い)で分かれてる場合が多いですが、ノーコンパウンドだと、他のクリーナー成分が違うのでしょうか?ご存知の方おられましたら、教えてください。

>薬剤の力で塗装表面を溶かして

上記は、あまり心配する必要はないと思います。車の焼き付け塗装を溶かすような溶剤は、一般用としてはまず販売されていません。あくまでも、塗装表面に付着した酸化被膜などの汚れ(広い意味での水垢)を分解して除去するということだと思います。

ただ、この手の汚れを分解して除去するクリーナーは、そのクリーナー成分で分解できない被膜が上部にあると、効果を発揮できません。(汚れの上から、ガラス系コーティングを塗ってしまっている場合など)



Name: pon(管理人) (Ace/119回)
Date: 2007/06/04(月) 19:01 引用 削除
Title: Re:ホルツのカラーカット
私も大昔に使用していた経験がありますが、その当時は洗車関係に特に興味が無くしょうがないから洗車する程度の気持ちだったので、カラーカットを使用したのも2,3回です。

最近カラーカット自体を見かける機会が少ないような気がするのですが気のせいでしょうか?ものがあれば成分からある程度何をしているものなのか分かりますが・・・。

酸化被膜を除去する、ノンシリコン、ノンコンパウンド、
という性能から考えられるとすれば・・・よく考えれば謎ですね。確かに水垢なんかは落ちた記憶があるんですが。

今度見かけたら検証しておきます。また知っている方がいらっしゃいましたら是非情報をお願いいたします。



Name: ひろき (LV2/2回)
Date: 2007/06/05(火) 04:52 引用 削除
Title: Re:ホルツのカラーカット
ミステスさん、管理人さん、返信ありがとうございます。カラーカットって歴史のある商品だったんですね。かなり怪しい商品だと思っておりました(^_^;)

しかしノーコンパウンドでホワイト用とメタリック用があるのは何故なんでしょうね。研磨力のある何かが入っているとしか私には想像ができません。ほんと謎ですね。。。今度、友人に借りて職場の車で試してみようと思います。

しかしワックスが主流であった頃と違い、ガラス系コーティングが主流になってきた最近では、コーティングを除去しないで水垢等の汚れをおとすことができるのは意外と魅力的な商品かも知れませんね。