This page:洗車マニアックス掲示板まとめLOGTOP > 車磨き(道具・方法) > ポリッシャー> 屋外DIYでポリッシャー磨きするための独り言

屋外DIYでポリッシャー磨きするための独り言


スポンサード リンク

Name: pon(管理人) (Ace/195回)
Date: 2007/07/06(金) 01:29 返信 引用 削除

Title: ポリッシャーによる車磨きについて

最近はポリッシャーを握る楽しさを知ってしまい仕事が終わってから工場を借りて磨きに性を出しているのですが(更新滞って申し訳ないです。その分得たものを公開します)やはり時間が掛かってしまい仕事が終わってからでは仕上げまでに3~4日間掛かってしまいますし、他でやろうにもさすがに家の前では近所の目が・・・。



恐らく機械磨きにチャレンジしたくても出来ない環境にあって断念している人は多いと思います(勘違い?)確かにリスクのある作業ではありますが磨いて艶を出すことの優越感はナカナカ言葉にはしにくい優越感です。ダブルアクションから磨き入門するのであれば相当間違ったことをしても磨きすぎて塗装が露出なんてことも無いでしょう。

ダブルではまればシングルに手を出すことは必死ですがシングルは私からはお奨めできません(お奨めしたいですが)研磨力が基本的に違うからです・・・同じ感覚で研磨すると5倍は削れます。磨きの楽しさはシングルを回すことで初めて感じることができるといっても過言ではありませんが責任が持てないのでとりあえずここではお奨めはしません・・・(笑)

青空や洗車場で磨くには電源が必要ですが電源を完備している洗車場はそう多く無いでしょう。中には自動販売機の電源を使用してしまう人もいるでしょうが、やはり人の道に外れる行為は推奨できません。

そこでインバーターを使って磨きを敢行する手法を提案します。コレは以前この掲示板でも相談があり私も試してみたんですが実行可能です。人気の少ない夜の洗車場でバッテリーに定格300Wのインバーターをつないでコードリールのコンセントを差し込む。これでマキタBO5010で普通に連続使用出来ました。

ただマキタBO5010はおよそ研磨を目的としたものではなく研磨量は最小です。コレで塗装の下地を出すまで削るとしたら何時間かかるのか?というくらいです。

せめて定格700~800あれば中出力シングルまで回せます。機種で言えばダブルなら430WのコンパクトP150、600W信濃SI400E-DA。シングルなら同じくコンパクトC150信濃SI400E1Sが使い易く妥当なライン。シングルは600Wは欲しい所です。

事実上一般的な車両のオルタネーター発電量から考えても60~80アンペアが使用できる限界だと思います。変換率90%ととしてロスを考慮すると600Wがエンジンかけながら電気を使用できる限界かなと。

コレを実際検証してみて欲しい!という方いらっしゃいましたら試してみようかな?と思います。マニュアル作成して公開したいと思います。