This page:カーワックス比較実験室 TOP > カーワックス比較実験 > swissvaxシールド

swissvaxシールド

swissvax(スイスワックス)シールドの艶・防汚・耐イオンデポジット耐久性などを徹底的に実験検証




スイスワックスシールドの耐イオンデポジット

高濃度カルナバ+テフロン配合カーワックス。シールドの耐イオンデポジット性能比較検証

■swissvax-shieldの耐イオンデポジット検証の様子

スイスヴァックス・テストパネルの温度 以下の内容は親サイトの耐イオンデポジット性能比較のリンク先に基づいてSWISSVAXシールドの実験をさせていただきます。

霧吹きにて汲みたての水道水を加水する前に加熱した実験パネルの温度を測定しておきます。当実験のパネル温度は80.0℃です。
施工面・未施工面のイオンデポジットの付き具合 霧吹きで噴霧していますのでどんな面でも必ず撥水のような状態になってしまいご覧のような水垢の痕が付いてしまいます。

スイスワックスは超撥水に分類されるほど撥水効果が高いため、御覧のうように縁の白さが際立つ丸いデポジットが出来てしまいます。
水洗い洗車後(未施工面) 水洗い洗車を想定した水拭きを行いました。未施工部分に関しては歪な形ながらイオンデポジット痕が確認できます。キレイに丸い痕が残るより目立ちませんが付いていることには違いありません。

この程度のデポジットならよっぽど観察眼に優れた洗車マニアの人以外は、日中洗車時では分からないでしょう。
shield施工部分水洗い洗車後 こちらも水洗い後です。やはり綺麗に丸い跡が残ってしまいがちですが、何気に落ちかけているのが分かるでしょうか。

白い輪がところどころ欠けているのが確認できます。水洗いで何度か繰り返すことによって落ちそうな気すらします。撥水被膜としては初!?流石犠牲被膜です。
クリーナー使用後の除去率 アルカリの水垢落としを使った後の様子です。キレイに映っていますが、実際には丸い痕があることは認識できます。光の加減以外では分かりません。

見ての通り白く残った部分に関しては完全に近く除去できました。撥水被膜と言えど施工後初期のテフロンワックスの耐イオンデポジット効果はある種コーティング剤を凌ぐことが判明しました。

スイスヴァックス・シールドの耐イオンデポジット比較実験総合評価

zymolワックスと並び天然のカルナバ樹脂をふんだんに使い、その他の成分も天然由来成分のオイルなどから構成しているSwissvaxですが、その中でもちょっと異色なのがSWISSVAXシールドです。

天然由来成分を売りにしたカーワックスですがシールドに関しては、個体潤滑・防汚処理で活躍する化学物質のテフロン(四フッ化フッ素樹脂)を混合した異端児のハイブリッド カルナバワックスです。

今までのカーワックスで常識とされてきたのが、防汚性能に劣ると言う点でしたが、シールドはその先入観を打ち崩す結果を出しています。耐イオンデポジットに関してはワックスは実際どうなのか?撥水が邪魔をしてしまうのでは?というのが私の見解でした。

実際実験をしてみると、撥水がきわめて強いため、1つの水滴が抱え込む水の量が多く。乾燥した時のイオンデポジットの端部はかなり白くハッキリと刻まれていました。

ところが結果的には、水洗いですら、形は目立つものの落ちとしては撥水系のコーティング剤と比べて劣るどころか、上回るのでは?と思うほどの結果。更にアルカリ系水垢クリーナーを使用したときにおいては撮影ではとらえきれないレベルまで除去ができました。

しかしながら今回の結果は初期性能です。実車施工にて耐久性を確認したところ「良好と言える状態」は2~3週間程度ということも判明しております。コレを踏まえて耐イオンデポジットの持続性という面では明らかに不利である事も考慮してください。

ちなみに今回の実験はデポジットの認識力を高めるために今回の実験では色温度の高い5500K(ケルビン)相当の高照度LEDライトをほぼ水平(光入射角5度前後)照射して、パネルを正面にして確認しています。故意にデポジットが目立つ照射で分かりやすく浮き出させています。

最終的に若干残ってはいる物の、コレだけの悪条件で実験していて、なおかつほとんど目立たない状態と言うのも凄いことだと思います。

未施工面との比較など

水洗い未施工面除去率は70%程度、施工面に関しては丸くて目立つものの除去率としては75~80%と言っていいでしょう。クリーナー使用後に関しては90~95%ということで日中の肉眼確認が不可能なくらいの除去率でした。

未施工面と比較すると撥水の違いによって、イオンデポジットが目立つ、目立たないは有るものの、除去率そのものは高いという判断で良いと思います。犠牲膜超撥水コートという感じのカーワックスです。

以上SWISSVAXシールドの耐イオンデポジット比較実験の結果でした。

スイスワックス・シールドの傷消し効果比較実験

高級テフロンカーワックス、スイスワックス・シールドの傷消し隠ぺい効果の検証実験

■Swissvaxシールドの傷消し効果・性能比較実験の画像・解説

ワックス施工前のパネル光沢度 これからSWISSVAXシールドの傷消し性能比核実験を行います。テストパネルバフレックスで研磨して3000番相当の傷をつけます。これによって擬似的に洗車傷による塗装のくすみ、白ボケを演出します。

テストパネル数箇所の光沢度を測定し平均的な光沢度を示す場所を探します。このパネルは47という光沢値が平均値でした。
スイスヴァックス施工後の光沢上昇 次に最大限の効果を発揮できる手法で施工しますが、スイスワックスはすべて乾式+一定時間放置施工(推奨施工法)とします。

最初に測った位置と大体同じ位置で光沢度を測定し光沢の上昇度を測定します。左の画像では84ポイントを記録しています。その光沢度向上は37ポイントと、かなり高い数値です。
シールド施工部と未施工部の比較 境界線を分かりやすくする為のマスキングテープを剥がしてみましたが一目瞭然です。右がシールド施工後、左は未施工です。

見事なまでのコントラスト差は流石ワックス!という感じですが、思ったより視覚的体感効果は高くなかったです。しかしながら数値通りの傷消し効果の実感は有ります。


Swissvax Shield傷消し性能総合評価

この実験では施工後の傷消し効果、艶を見た目や感性では伝わらない部分を数値化して比較するための指標を出す為にグロスチェッカーを用いています。

SWISSVAXシールドはカルナバ高配合+テフロンのハイブリッドワックスで石油系溶剤を使用していない、ザイモールと並ぶ天然由来成分を中心として配合している高品位カーワックスです。

カーワックスというとコーティング剤と比較して傷消し効果などは群を抜いて高い印象があり、確かめるべく実験を行いましたが、結果としてはやはり一般的なコーティング剤より、かなり高い傷消し隠ぺい効果を持っているということが判明しました。

しかしながら、コーティング剤の中でも艶や傷消し効果に優れた「※乾式施工のガラス繊維ケイ素系コーティング剤」に関しては、これらの高品位カーワックスと同等程度の性能を有していることも判明しました。

傷消し効果としては流石のワックスです。非常に高い部類で光沢上昇ポイントは30を大きく上回り、37に達しており、復元率は178.7%。未施工部位との比較に関しても3枚目の画像を見ての通りの差です。

クリスタルガード・プロナノ黒PG1ブラックなど。

傷消し性能・光沢復元力と総合性能の関係

光沢復元力が優れているからと言っても、あくまでもこの性能はカーワックス・コーティング剤の性能の1つであり、耐久性他全ての性能に比例しているわけではないことをここで公言しておきます。

耐薬品、耐鉄粉、耐イオンデポジット、艶、傷消し性能、アフターメンテなどコーティング剤やワックスには様々な要素が絡んできます。全て考慮したうえで自分にとって最高のコーティング剤やカーワックスを見つけてください。

ザイモールやSWISSVAXクラスの高額なカーワックスになってくると、正直な話、安価なカーワックスと性能比較して高い結果だったとしても、それだけの価値を見いだせるかどうかはユーザー次第といった側面も多分に秘めていると感じています。

ワックスにしては劇的にイージーな施工方法で、あり得ないほどの超撥水、カーワックスは汚れを呼び寄せるという常識を覆してくれた「シールド」ですら、私は第三者的な目で見たときにそう感じます。

要約すると傷消し・光沢復元ともにハイレベル、その他のバランスもカーワックスの常識では測れない部分もあるが、その(値段ほどの)価値を見出すのはユーザーによりけり、という総合的な判断です

以上がスイスワックス・シールドの傷消し性能・効果のテストパネル+グロスチェッカーを用いた比較実験でした。光度36ポイントアップ、光沢復元力178.7%です。

スイスヴァックス・シールドの防汚性能検証

埃の付き具合、雨天後の様子からswissvaxシールドの防汚性能を検証

■シールドの防汚性能の検証に関して

SWISSVAXシールドの防汚性能検証は実車施工にて行いますが、天候や気温はランダムなので、条件をそろえた実験とは異なり条件不確定で行いますので、直観的なインプレに近い感じになります事、御容赦願います。(実際の感じ方と異なる場合もあると思います)

埃の付き具合(シールド施工後5日)

スイスワックス・シールドの防汚の様子

SWISSVAXシールド施工後5日半経過して小雨に降られた後の様子。裏に雑木林がありますし、風が強かったので埃の付着に関しては、そんなに大きな問題ではなく、硬化系コーティングを施工してある部分と比較して、そこまで悪くは有りませんでした。ちなみにSWISSVAXサファイアと比較しても付き方そのものに差は有りませんでした。

ただ大きく異なったのは、流水した後の埃の流れ具合です。ルーフとボンネットという施工した部位の違いは有りますが、片やほとんど埃が流れず(サファイア)、もう一方のシールドに関しては上の画像のように、流水によって埃が流れた跡が確認できるほどです。

ちなみに塗装面にピントを合わせてますので手前側マーキング内や付近で粒々に見えるのは塗装内のラメです(私のボディーカラーはブラックマイカなのでマイカにピントが合って映りこみがボケてます)

奥の方で白い点が見えますが、それが砂ほこり等です。流水した部分とそうでない部分が比較的はっきり分かりました。

ということで初期性能としては、ワックスとは思えない防汚性能で、特に帯電して埃を吸い寄せてしまうという特性もあるようです。(帯電防止剤でも入っているのか?)

防汚性能発揮の考察

ただし、シールド施工部分に関しては防汚性能を確認する前、撥水性を確認するために部分洗車を一回行っています。それによって余計な油脂分などが除去され、本来の状態になっているのかもしれません。

層いった意味で初期の初期から、上の解説通りの防汚性能が得られるか謎ですが、いずれにしても一回洗車後の防汚性能は高いということが判明しました。高温時にどこまで対応できるか・耐久性がカギとなるでしょう。

いずれにしろ1か月程度の状態検証などが必要と感じました。

■取れない汚れに関して(筋系の水垢や油分・泥など)

その後雨天時走行して、まだ洗車未実行なので取れない汚れ等の確認はまだですが、小雨に降られた後(上記写真)後の洗車では、非常に水切れのいい状態で、低摩擦かつ汚れのない状態を保っています。

気になった点と言うか私のミスですが、クリーナーの拭き取り残しを5mm位発見しました。クリーナーは拭き取りにくく、特に淡色車は確認しにくいでしょうから慎重な作業が要求されると思いました。これも何かの実験だと思って、放置したらどうなるか検証します。

現時点で2回の洗車を実行していますが、撥水は衰えず。私の知る中では市販されていないものの、もっと撥水滑水性能に優れたものがありますので、感動までは覚えませんが、ワックスとしては極めて異質な感じです。

耐イオンデポジット性能の考察に関しては別の実験ページにて、実車での同時確認にて情報を交差させつつ公開します。当ページでは「塵・埃」の乗り易さ、飛びやすさ、流水で落ちる汚れの程度などを考察する「防汚性能」のページです。

水垢(黒い垂れたような筋)

サイド部分に施工して様子を見ました。元々黒なので目立ちにくかったのですが、全くと言っていいほど付かないです。ただ洗車の頻度が高かったのもあるかもしれませんが、雨も多かったことを考えると好条件ではなかったはずです。

ボンネットやバンパーなどの汚れの付着自体も落ちはかなり良いので、テフロンワックスならではの防汚性と言ったところでしょう。下地有っての効果かもしれませんが、サイド部分は撥水もナカナカ衰えませんし、良好な状態を1か月以上は保てそうです。


SWISSVAXシールドの防汚性能検証のページは現在アクティブな状態です。追記修正・変更が加わる予定になっています。

edit

cms agent template0035/0036 ver1.005